Rohi-ta_site.com

映画(ネタバレ有り!)についてと、日常の出来事を書いていこうと思っています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。

●ストーリー
ジョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走ってモントーク行きの列車へ飛び乗ってしまう。

どこへ行くとなく、冬の寂しい海を見つめているとオレンジ色のパーカーを着て青く髪を染めた女性が目に入る。

しばらく海で時間を潰し、モントーク駅で帰りの電車を待っていたジョエルは、海で見たさっきの女性がやって来るのを見つける。

ジョエルは電車に乗り込んでからも、何故だかパーカーの女性の事が気になり、彼女のスケッチをチラチラ見ながら描いていた。

すると、ジョエルの視線に気が付いたその女性が彼に挨拶をして、話しかけて来た。

彼女はクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)だと名乗り、勝手に色々な話をし始める。

会話をしていくうちに、お互いの行き先が同じで、ジョエルがよく行く本屋でクレメンタインが働いている事などもあって、2人の会話は次第に弾んでいく。

間もなく2人は恋人同士になり、幸せな時間を過ごしていたのだが、バレンタインデーを前にしたある日、ふとした事でケンカをしてしまいクレメンタインが部屋を出て行ってしまう。

そんなある日、ジョエルは「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」という手紙を受け取る。

仲直りしようと思っていたジョエルは、クレメンタインが自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受ける。

クレメンタインとの思い出に苦しみ、ついに彼女の事を忘れようと決断したジョエルは、自分もクレメンタインの記憶を消し去るべく、ラクーナ医院を訪れるのであったが……。

●感想
いや〜、久しぶりにやられてしまいましたね〜!チャーリー・カウフマンの不思議な世界に!
私は、同じ日に同じ作品を2度観る事をほとんどしない人なんですが、この作品は最初に観た時、あまりにも「?????」状態だったので、2度続けて観ざるを得ませんでした。(汗)

でも2度観て正解でした!
「?????」部分が全て理解出来ましたし、細かいところの描写も「なるほどね〜」と感心しながら観れたので、この作品の本当の面白さが分かったと思います。

でも、さすがにチャーリー・カウフマンが6年も練って作った脚本なんで良く出来てますよね。
冒頭からの巧妙な仕掛けにまんまとハマってしまいましたからね〜。

この作品は、気を抜いて観ていると私みたいに「?????」状態になってしまうと思いますので、時間の無い人は、最初から最後まで集中して観ることをおすすめします。

ジム・キャリーは、個性的な彼らしくない、無口で内気な男の役でビックリしたのですが、これはこれで中々シックリ来ていて「ジム・キャリーも演技の引き出しが多いなぁ〜」と感心致しました。(でも、個人的には「レモニー・スニケット〜」のオラフ伯爵の様なブッ飛んだコミカルキャラを演じているジムが大好きなんですけどね。)

ケイト・ウィンスレットも「タイタニック」後は少し苦労をしたみたいですが、最近は演技の実力もついたせいなのか、少しヒステリックで我がままなクレメンタインを上手く演じていたと思います。

キルステン・ダンストも「エリザベスタウン」よりは、彼女に合ったキャラを演じていた様に思えましたし、イライジャ・ウッドも丸坊主にして「ロード・オブ・ザ・リング」のイメージを早く消し去ろうと頑張っているように見えました。

この作品を観た後で「彼女が自分の記憶を消してしまったら、自分はどうするだろう?」と考えたのですが、どんなに嫌な思い出ばかりで、ケンカ別れしたとしても、私は次の恋愛の参考の為に、絶対に記憶を消したりはしないでしょうね。

せっかく苦労して得た貴重な経験を1日で消してしまうなんて、すごく勿体無い気がして私には到底出来ない事ですね。

でも、男って結構、私の様に考える人が多いんじゃないでしょうかね。
だから、男の方がいつまでも女々しく、別れた恋人の事を引きずってしまうんだと思うのですが…。(汗)

だから、恋人がいる人は一緒にこの作品を観て「もし、私があなたの記憶を消してしまったらどうする?」って聞いてみるのも面白いんじゃないでしょうか。(相手から、サラッと「すぐ消す!」なんて危険な答えが返って来る事も充分考えられますので、本当に聞く際は、くれぐれもご注意下さいませ。)

●採点
私のこの作品に対する評価は80点です。

私が観たチャーリー・カウフマンの脚本作品では「アダプテーション」より良く「マルコビッチの穴」ほど楽しめなかったのでこの点数に致しました。

点数は80点ですが、観た後に不思議な余韻の残る印象深い作品だと思います。
特にラストシーンで雪の中を戯れるジョエルとクレメンタインを観ていると「今度は仲良くやって欲しいなぁ」と二人の明るい未来を望まずにはいられませんでした。

毎回、チャーリー・カウフマンの書いた作品を観るたびに「この人の独特でユニークな発想はどこから来るんだろう?」と驚いてしまいます。

しかし、私と同じようにチャーリー・カウフマンの書く作品が大好きなジム・キャリーが、ノーギャラに近い額でこの作品に出演していたことを知って更に驚いてしまいました。

だから、この作品はケンカをしてしまって別れる危機にある恋人達と髪の毛を次々と派手な色に変える彼女と付き合っている方にオススメ致します。

最後にどうでもいいことなんですが「一度好きになった人なら、記憶を消してしまっても、また好きになるんだろうなぁ〜」と何となく考えてしまったのは私だけでしょうか?

それでは、また何か観たら書き込みします。

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

TBありがとうございます お気に入りの映画で、試写会で一回、劇場で一回行きました 展開もストーリーもおもしろかったです DVDみたいですねぇ

2005/10/31(月) 午前 9:42 [ zat*ch* ] 返信する

顔アイコン

> zattchiさん、コメントありがとうございます! 1度観たときは分からない事が多かったので、DVDで観てよかったと思いました。 2回目はジックリと「そうなのか〜」と感心しながら観れました。 この映画は2回以上観るのがイイのかもしれませんね。(笑) それでは、また!

2005/10/31(月) 午前 10:03 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

古いエントリですのに拙宅へのTBどうもありがとうございました♪この作品は大好きで、DVDも買ってしまったくらいです。例え記憶を失くしても、人は同じ人を好きになるんだろうなぁってワタシも思いました。 削除

2005/10/31(月) 午後 6:11 [ 「あ」嬢 ] 返信する

顔アイコン

rohi-ta様いつもお世話になってます。TB&コメントありがとうございました。プロフィールのイラストが変わったのを気付いてもらえて嬉しかったです。 rohi-ta様もこの映画評価が高いですね。ワタシもこの独特な世界観が好きです。主演のジム・キャリーも大好きだし(^^) こちらからもTBさせていただきます!

2005/10/31(月) 午後 8:16 [ yac*i*o0529 ] 返信する

顔アイコン

記憶を消去しても・・ その時の気持ちが本気なら何度繰り返しても やっぱり同じ道を★選んでしまうんでしょう〜ね! 削除

2005/10/31(月) 午後 9:25 [ sati ] 返信する

顔アイコン

>「あ」嬢さん、コメントありがとうございます! 私が観るのが遅くなってこんな時期にTBさせてもらいました。(汗) 記憶がなくなっても、人の好みってそうは変わらないんでしょうね。 そういった意味でラストに希望が持てる作品でした。 それでは、また!

2005/11/1(火) 午前 5:34 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

>やちこさん、こちらこそ、いつもお世話になってます! TB&コメントありがとうございます! 観終わって3日が経つのですが、なんだかシーンの所々を思い出してしまいます。 これは是非DVDコレクションに入れたい作品ですね。(笑) それでは、また!

2005/11/1(火) 午前 5:39 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

> satiさん、コメントありがとうございます! この作品の前に「バタフライ・エフェクト」を観たので、全く違うエンディングに「どちらがいいのか?」なんて考えてしまいました。 好きな人とはやっぱり一緒にいたいですよね! それでは、また!

2005/11/1(火) 午前 5:43 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました。 私はこの映画を映画館で見たんですが、とってもきれいで素敵でした。 DVDでまた見たくなりました。 削除

2005/11/1(火) 午後 5:54 [ keito ] 返信する

顔アイコン

>keitoさん、コメントありがとうございます。 冬の海や雪のシーンがたくさん出て来てとてもキレイな作品でしたね! 私が映画館で観ていたら「?????」で大変な事になっていたと思います。(汗) 2回観て、やっと理解できたので、記憶に残る作品になりました。(笑) それでは、また!

2005/11/1(火) 午後 9:23 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。 >記憶を消してしまっても、また好きになるだろう そうですね、私もきっと好きになるかな。自分が変わらない限りは・・。 削除

2005/11/1(火) 午後 9:58 [ ぐ〜 ] 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。僕もこの映画劇場で見ましたが、 凝りに凝った展開と映像の美しさで大満足な作品でした。

2005/11/1(火) 午後 11:52 [ bla*kpe*pe*2* ] 返信する

顔アイコン

>ぐ〜さん、コメントありがとうございます。 私の場合は記憶を消しても、女性のタイプは変わらないように思えるんですよね〜。(笑) 今まで付き合って来た人を思いだすと……、何処となく、みんな似ています。(汗) 未練がましい私は、この記憶を絶対消したくないですね。(笑) それでは、また!

2005/11/2(水) 午後 5:39 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

> blackpepper23さん、コメントありがとうございます。 本当に凝った映画でしたよね〜、最初観たときは意味が分からず、思わず2回観てしまいました。(笑) ジム・キャリーの切ない演技が良かったですね。 それでは、また!

2005/11/2(水) 午後 5:43 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

今見終わったばかり。良かったですね、記憶そのものが愛おしくなってきて、あちこちで泣けてきましたよ。相手の言葉というのは真に受け止めてしまうのに、自分が言葉を発する時はどうしてはぐらかしてしまうんでしょうね。言葉って不思議だな、と思いました。やっぱり内容が盛りだくさんで、この映画は話のテンポが速かった。息つけませんでした。記憶は戻るのかな?戻らない気がする。事実としか受け止められないような。もし戻る日がきたら、2度の大事な出会いの日が持てて、より深く相手を好きになりそうですね。感想でした。

2005/11/3(木) 午前 11:46 [ pup**omaru ] 返信する

顔アイコン

> puputomaruさん、感想ありがとうございます。 この2人には、頑張って幸せになって欲しいですね〜! お互いに嫌なところを知って付き合い始めたんですから。 ジョエルの切ない気持ちが観終わってからも、後を引く作品でした。 とりあえず、私としては、puputomaru さんに気に入ってもらって、「良かったな」と安心しております。(笑) それでは、また!

2005/11/3(木) 午後 11:35 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

TBをたどってやってまいりました。 この映画は、予告のときからとても気になっていて、早く日本でやらないか待ちに待ったものです。 DVDは買ってませんが、買おうかどうか迷っています。 出だしの画面がぶれている謎が途中でわかったときには、 そうか、そういうことだったんだって、感じでした。 音楽も映像も気に入った作品で、大変印象に残っています。 削除

2005/11/4(金) 午後 3:32 [ KGR ] 返信する

顔アイコン

>KGRさん、コメントありがとうございます。 凝った映像にマッチした音楽がとても心に残る作品ですよね。 私はDVDを買おうと思っています。何度か思い出した時に観たい映画です。 チャーリー・カウフマが今度はどんな作品で私達を楽しませてくれるのか、今からとても楽しみです。(笑) それでは、また!

2005/11/4(金) 午後 4:36 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

顔アイコン

こんばんわ*** お正月のときは、年賀状TBありがとうございます***ご無沙汰してました*** エリザベスでございます*** エターナルサンシャインいいですよね*** 昨日やっと見ました*** なんともいえない映像美♪ 圧倒です なんと言ってもストーリーさいこう***

2006/3/9(木) 午前 2:11 [ つけまい君 ] 返信する

顔アイコン

>imagemagic2000さん、コメントありがとうございました。 「エターナル・サンシャイン」が気に入られた様でなによりです。(笑) 確かに映像もキレイでストーリーも良く出来ていましたよね。 私はジム・キャリーの抑えた演技が印象に残りました。 それでは、また!

2006/3/9(木) 午後 9:45 [ roh*_*a_sit* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(66)


.


みんなの更新記事