ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

イメージ 1

本日は朝から杭全神社 平野郷夏祭りに。

早朝から太鼓台が神輿の道を清め、祭の始まりを知らせる。
太鼓台には敲児(たたきこ)と呼ばれる小学6年生以下の子供が乗り込み太鼓を打つ。
この間、敲児達は地面に足をつけてはいけない。
ゆえに太鼓台から降りての移動は肩車である。

その後、神輿川行神事(みこしかわゆきしんじ)が執り行われる。

この時、神輿にはまだ神様を移しておられないので一切の化粧(飾付け)がされない裸神輿。
ゆえにテッペンの鳳凰もないのである。
一通り氏地を練り歩いた後、樋之尻橋において、神輿の足洗行事が執り行われる。

そしてお宮さんに戻り化粧をし、神遷(かみうつし)が執り行われる。
遷座祭は撮影は不可。言わずと知れた当たり前。

平野郷の夏祭りは神事と神賑わいがきっちりと分けられており
祭礼というものの意味がとてもよく継承されていると感じた。

神輿は神社からお借りして氏地をまわり
だんじりは町の宝として神賑わいをするのである。

明日、明後日と神賑わいであるだんじり曳行があり
明々後日に神輿の還御。還御祭を行い、夏祭りが終了するのである。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

普段外に出ないで絵を描いているので今日の夏の日差しで腕と顔が真っ赤かです。
しかし神事がしっかりと継承された祭礼を久しぶりに見れ、とても気持ちのいい一日だった。

13日 だんじり曳行の様子はコチラ

この記事に

  • 顔アイコン

    昨晩はお疲れ様でした。
    平野郷の地域性もありますが、何とも岸和田の祭と対照的な風景ですね。岸和田では各神社ごとの祭礼は簡略化され、神賑わいのだんじりが主役になって氏子地域を越えた地区のパレードが祭礼のように思われています。全国から見物に来るのはそれでいいのかも知れませんが、そんなものにいくら人が集まってもほんとの価値は何もありません。そしていずれすたれていきます。祭りの本来の姿が少しでも将来甦るように微力ながら努力したいとこの記事を見てあらためて感じました。ありがとうございます。

    [ 森からの手紙 ]

    2009/7/11(土) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    子ども達が頭に被っている赤と白の四角いものが かわいいです。
    歴史を感じるお写真でした。
    次に外出なさる時は 日焼け止めを忘れずに。

    オシアナ

    2009/7/11(土) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    昨日亀の饅頭やさんに行きました。何箇所かで休憩所を見ましたよ。今日近くだんじりが通ります
    (平野の方なんですね。)

    しほこ

    2009/7/12(日) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    宮司さま
    先日はお疲れ様でした。
    岸和田の祭りも観光客が増加するに連れて祭礼の大事な部分がおざなりになりつつあります。いかに観光客をあつめるか、いかにスムーズに安全にだんじり曳行がなされるかは議論されるのですが、いかに例大祭と神賑行事が分離したことを実質的、精神的に対処していくのかということは議論されませんね。しかしこういった問題を全員が理解していないのではなく、しっかりと理解し、議論してる多くの祭礼関係者の方々もおられます。しかし次の世代にそれを伝えていかなくては50年後 岸和田祭が岸和田だんじりフェスティバルになってしまうかもしれません。

    六覺千手

    2009/7/12(日) 午後 4:37

    返信する
  • 顔アイコン

    あの被り物の言われ調べときます。
    次回は日焼けクリーム塗って出かけます。
    大阪市内のだんじり祭は岸和田のだんじり祭のルーツのひとつでもあるお祭です。

    六覺千手

    2009/7/12(日) 午後 4:40

    返信する
  • 顔アイコン

    今日、明日とだんじりが出るようですね。
    わたくし平野の人では無いんですよ。
    岸和田を中心に活動してるので
    昨日は平野郷の夏祭り初めて見学させてもらいました。
    明日 だんじりも初取材させてもらいます。

    六覺千手

    2009/7/12(日) 午後 4:43

    返信する
  • 顔アイコン

    よろしく御願いします♪

    オシアナ

    2009/7/12(日) 午後 11:04

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですね、個人的に話をするとわかってもらえるのですが、実際の運営になると難しいです。氏神様のお祭りでも参加しているのは氏子でない人も多く、せめてだんじりを曳く前と曳き終った後は神様に手を合わせるようにまず訴えていこうと思っています。

    [ 森からの手紙 ]

    2009/7/13(月) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    意外に若い方でも信心深い方が多くいらっしゃいます。
    こういった話し合いが無いだけでしてみるとわりと理解しあえるのではと思います。

    六覺千手

    2009/7/15(水) 午後 5:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事