ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

並松町(なんまつちょう)
岸和田旧市内 唯一の白法被。
青年団もさることながら子供と女の子がすこぶる元気。
他町では青年団が近くに来るまでパタパタと足音しか聞こえないこともあるが
並松町では綱の先から後梃子まで「そーりゃ そーりゃ」と一体感がある。

各町別 写真一覧は
六覺千手HP

この記事に

  • 顔アイコン

    そういえば並松町は後てこも「ソーリャ、ソーリャ」ですね。盛り上がり方など全員が一致しているので迫力があります。

    わでぃそ

    2009/9/24(木) 午後 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    あれだけ声が揃っていると 祭りの楽しさが伝わってきますね。
    見てるほうも気持ちがよかったです。
    町全体が一塊になり ひとつの大きな生命体が迫ってくるような迫力がありました。

    六覺千手

    2009/9/25(金) 午前 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    最新のものから 時系列とは 逆の順に拝見してきました。
    それぞれの町の特徴があって 見事です。説明文に助けられました.東京などでは 少子化で 子どもみこしを担ぐ子どもが足りなくて、大人が 手伝ったり、大人みこしの人数を補強するために おみこし担ぎの専門家集団に頼んで 来てもらうそうです。だんじりが 全て地元の方達だけで なりたっているの、そして 色んな町のが あるのは すばらしいことですね。一票。

    オシアナ

    2009/9/28(月) 午後 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    岸和田でも少子化が進み曳き手が少なくなってきています。
    他地区からの応援に助けられている部分も少なからずあります。

    「岸和田」は「大阪」の中でも「泉州」という地域の中にあります。「泉州」地域にはたくさんの祭りがあります。
    一番有名なのは9月の「岸和田祭」ですが10月には各地で相当数のだんじり・太鼓台・やぐらなどの祭りがあります。その10月祭礼に参加する人達が応援というかちゃんと各町に属して参加するんですね。↓続く

    六覺千手

    2009/10/1(木) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    祭礼当日にだけ参加するのではなく盆明け頃から始まる「寄り合い」に行きます。祭りまでの段取りやお花(寄付)集め、トレーニング等をともにします。一年を通しての町の清掃から火の用心、ソフトボール大会なども参加し、各町にしっかり属すんですね。
    祭礼当日にひょっこり現れて参加する他地区の方ってのはまずいてないんです。
    しかし少子化でも子供たちはだんじり大好きなので参加しないということはないのでそれは本当に救いです。青年団の方々もよく面倒を見て未来の曳き手を育てています。

    六覺千手

    2009/10/1(木) 午後 10:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事