ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

本町(ほんまち)
わたくしが昔 曳いていた町。
絵か祭りかの選択に迫られ
絵を選び上京することになり泣く泣く離れることに。
しかし今でも戻っておいでと優しく声をかけてくれる友達の言葉はとても嬉しい。

土呂幕の彫り物は人馬が物凄く大きく彫られておりその迫力は他を圧倒する。
大屋根の菱形扇垂木と前方に張り出した組み物により
だんじり全景を見たときに落ちる 組み物への影が 姿見をより一層美しく見せる。

過去 伊勢神宮へ2度曳行した経験がある。

紀州街道に面した本町は瓦屋根が良く似合う。
イメージ 19

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

我が子K太郎(4歳8ヶ月)も昨年からご縁で参加。

その他祭礼関係写真一覧は
六覺千手HP

この記事に

  • 顔アイコン

    提灯の後ろ一つを見ても きれいですね。
    来週から 本番ですね。

    オシアナ

    2009/10/5(月) 午後 10:58

    返信する
  • はじめてコメントさせていただきます。

    本町を曳いていらしたのですね。
    本町は法被や雰囲気が大好きで、一番 見るとテンションがあがってしまう町かもしれません。
    知り合いも何人か曳いてますし!

    本町の町並みに法被姿の男・・・というのがとても魅力的です。

    鈴華

    2009/10/6(火) 午後 6:12

    返信する
  • 顔アイコン

    オシアナさん
    だんじりのあのカタチにあの提灯のカタチと配列。
    いつ頃からそうだったのか分かりませんがすごい発想です。
    今週・来週と各地でだんじり祭が執り行われます。
    どこに取材に行くかまだ決定していません。

    六覺千手

    2009/10/6(火) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    鈴華さん
    コメントありがとうございます。

    昔 本町を曳いていました。伊勢神宮「をみなのまつり」も青年団として伊勢神宮までだんじり曳きにいきましたよ。

    岸和田は残念なことに城下町の面影をまったくなくした発展を
    遂げてしまっていますが
    まだかろうじて城下町の風情を残してる唯一の場所ですね。

    やはりだんじりはビルの隙間から見るより瓦屋根の隙間から見たいものです。

    六覺千手

    2009/10/6(火) 午後 9:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事