ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

中之濱町(なかのはまちょう)
欄干などに黒檀を用いた斬新なだんじり。
彫り物は岸和田地車彫刻の祖 木下舜次郎によるもので
土呂幕正面「平将門之勇戦」は代表作の一つでその形相と馬の暴れ方が物凄い迫力である。
馬の足に浮き上がった血管がその迫力に拍車をかける。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

先代だんじりは岸和田で唯一の戦災地車で空襲により焼失。
戦後中町の行為により中町のだんじりを共に曳いた時期がある。
その後 だんじり復興の悲願をたて 生活の苦しい時期に
各戸あたり日掛け十円を二年間積み立て現在のだんじりを完成させた。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

各町だんじり・各地だんじり・その他祭礼写真一覧は
六覺千手HP

この記事に

  • 顔アイコン

    最近は中之濱町は笛の音色がとてもきれいです。あの音色を聞くと心が落ち着きます。

    わでぃそ

    2009/10/7(水) 午後 5:38

    返信する
  • 下から2番目の写真はどこから撮影されているのでしょうか・・・・
    上から眺めると すごい人の数ですね。

    中之濱町の地車にそんな過去があったのですね。
    やりまわしの最中の綱元をこのアングルで・・・というのは普段見れないので楽しいです^^
    ありがとうございます!

    鈴華

    2009/10/7(水) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    WADYさん
    最近はどこの町も笛をよく吹いている様に思います。数年前までは笛を片手に「いけ〜!」と叫んでる青年団を多々見ましたが。
    しかし高音部から始まる同じ旋律の繰り返しがいまだ目立ち、
    低音から入る音曲や多様な旋律がいまだ復活を遂げていません。

    六覺千手

    2009/10/8(木) 午後 2:45

    返信する
  • 顔アイコン

    鈴華さん
    下から二番目の写真(灯入れ)は堺町の陸橋の上からです。
    撮影許可を頂いての撮影になります。
    人の波がすごいですよ。だんじりの綱がやってくるとモーゼの十戒のように波が割れます。

    六覺千手

    2009/10/8(木) 午後 2:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事