ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

岸和田 八木地区 だんじり祭 曳出し

早朝3時半取材出発 辺りはひっそりとしているが 町は動き出している。
それぞれの準備を月明かりの中進めている。
中井町(なかいちょう)はすでにだんじりを小屋から会館前に据えている。
イメージ 1

花板と呼ばれる板にはお花(寄付)を頂いた方の名前が記され 丁寧に一枚ずつ貼られている。
裸電球がそれを転々と静かに照らしていた。写真は箕土路町の花板。
イメージ 2

久米田寺(くめだじ)境内のお宮さんに参拝する池尻町(いけじりちょう)の青年団。
祭礼二日目に13台のだんじりが「行基参り」を行なうお寺。
神社の祭礼において寺院内にだんじりを曳き入れる珍しい行事。詳しくは後日。
イメージ 3

秋の虫の音を聞きながら刻一刻と曳出しの時間が迫ってくる。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

遠くで小松里町(こまつりちょう)の鳴り物が唸っている。
逆方向からは大町(おおまち)の鳴り物。
纏(まとい)が交差点へと近づいてきた。
いよいよ祭が始まる。日はまだ昇らない、早朝五時半。
イメージ 8

月明かりと街頭に浮かび上がるだんじりのシルエットは
一匹の巨大な猛獣が獲物を狙うかのように見え
ゆっくりとゆっくりとこちらににじり寄ってくる。
カメラ内臓時刻05:44 遂に祭礼開始。暗闇の静けさが一瞬にして切り裂かれた。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

曳出し△愨海・・・。

岸和田旧市、山手、忠岡 その他の祭礼風景写真一覧は
六覺千手HPへ。

この記事に

  • めちゃくちゃ朝早いんですね!

    関係者の方々は前夜から泊まり込みなんでしょうか?

    赤坂GOD

    2009/10/13(火) 午後 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    めちゃくちゃ朝早いんです。わたくしが3時半に家を出たときにはすでに準備に取り掛かっているのでそれより早起きなんですね。
    ほとんどが自町に住んでいるため家からだんじり小屋まですぐですが泊り込みに近い感覚でしょう。

    六覺千手

    2009/10/13(火) 午後 9:37

    返信する
  • 聞いてはいましたが、実際に写真で実感できたのが今回はじめてです!
    ありがとうございます。
    とても朝が早いんですね。。。。
    子供の頃は、曳きだしの鳴り物の音で目が覚めました。
    曳きだしの勢いある走りが伝わってくる素晴らしい写真ばかりですねっ

    鈴華

    2009/10/15(木) 午後 2:18

    返信する
  • 顔アイコン

    朝というより夜中なんですね。こんな状況下で一発目のやりまわしをバチ!っと決めれるテンションのもって行き方が素晴らしいです。
    このまま怒涛の2日間を駆け抜けるんだから泉州の人々のだんじりに対する思いはとてつもないものです。

    六覺千手

    2009/10/16(金) 午後 0:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事