ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

岸和田十月祭礼 山直地区で曳き出し&宮入りを撮影後
下池田町の大工方法被を納めるべく大急ぎで自転車をかっ飛ばして夜疑神社へ
その後我が子K太郎が曳いている 忠岡は仲之町へ。
 
祭礼中唯一 線路を渡って「上」までやってくるのが「仲之町」
幼児曳行を終え満足気な表情のJ太郎(2歳児)
わたくし現地到着時には実家に帰ってくるところであった。
イメージ 1
 
泉州一帯、特に岸和田周辺では南海本線を挟んで「上(うえ)」と「下(した)」という呼び方が常用される。
駅より山側にある「東忠岡小学校」は「上の小学校」 
駅より浜側にある「忠岡小学校」は「下の小学校」
「忠岡中学校」は「上」と「下」の小学校から集まる忠岡町唯一の中学校である。
イメージ 2
 
だんじりは「仲之町」「道之町」「濱之町」「生之町」の計4台。
 「仲之町」の一部は「上」地域に少しかぶっているが、ほぼ「下」の地域のだんじりである。
わたくしが幼少の頃は「上」に住んでいる子供たちの中でだんじり祭に参加していたのはほぼ0に近かった。
しかし近年は「下」に住んでる住んでいないにかかわらず祭礼に参加している者が多くなってきている。
イメージ 7
 
過去においては「上」の地域である「馬瀬」「北出」「高月」にもだんじりがあり
「北出」は岸和田八木地区の夜疑神社の氏地であるため夜疑神社へ宮入り
「高月」のだんじりにいたっては久米田寺の行基参りまで参加していたようである。昭和初期の話。
 
本年はなんと「馬瀬」までだんじりを曳いていった。
この地域でだんじり曳行されたのはもしかして7,80年ぶりかもしれない。
 
田治米忠岡線にて「馬瀬」を曳く仲之町
イメージ 8
 
土砂降りだが誰もが未経験の道はなぜかテンションがあがる。
これらの写真を見て「おぉ!!」といってるのは忠岡町民だけ。
しかしその「特定の人が異常に喜ぶ」というのがわたくしの目指しているところ。
あえて何枚も写真を掲載する。
イメージ 9
 
写真の左側に100m程で夜疑神社。
ちょうど八木地区の11台のだんじりが宮入りを終えたところで境内にだんじりが据えられている。
かなりのニアミス。なんやったら夜疑神社までいってしまう勢いやった。
イメージ 10
 
左の建物が「東忠岡小学校」 右が「東忠岡保育所」
両方共 我が母校。あの頃では絶対に考えられへん光景。「上」に、しかも学校までだんじりが来るなんて!
忠岡町民の方々わかりますよね?この感動!
イメージ 11
 
超地元ネタ おぉ!まさかこんなところでやりまわし。
イメージ 12
 
先程の保育所 仲良し3人組。
1番テンション高そうなのが我が子K太郎(5歳児)
イメージ 3
 
さつき通りに入った仲之町。
この道沿いに 古磨屋Winがある。
イメージ 4
 
試験曳き そして曳き出しからずっと雨で重くなっただんじりを 一所懸命に曳く青年團。
イメージ 5
 
この場所、ギャラリーがいてるとかいてないとかの問題ではない。
彼らはいつでも本気である。
因みに忠岡町は日本一面積の小さい町でもある。
しかし彼らを見ていると逆にそれが誇らしくも感じるのだ。
イメージ 6
【作品】

【写真】
【岸和田十月祭礼】

この記事に

  • 顔アイコン

    馬瀬の町並みに、だんじりがよく似合いますね。青年団は少ない人数で、良くがんばってくれました。感謝、感謝です。撮影していただきありがとうございました。

    オムライス屋

    2010/10/14(木) 午前 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    馬瀬地区曳行はテンションMAXでしたねd(^_^o)
    あの道を昔は走ってたのかなぁとか思うと感動を覚えましたm(_ _)m 削除

    [ 竜二 ]

    2010/10/14(木) 午前 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    オムライス屋さん
    馬瀬の方々も驚いた表情で とてもうれしそうにだんじりを見ていたことが印象的でした。オムライス食べに行きます。

    六覺千手

    2010/10/14(木) 午前 11:14

    返信する
  • 顔アイコン

    竜二さん
    大役お疲れ様でした。
    上も下も隔たりなく祭礼に参加されている人が多くなった今
    仲之町が馬瀬までだんじりを曳き入れた事は
    物凄く意義のあることだと思いました。

    六覺千手

    2010/10/14(木) 午前 11:17

    返信する
  • 顔アイコン

    東忠岡小学校出身、丹羽です!

    忠岡中学を途中転向しましたが、20歳まで仲之町青年団やってました。
    途中事情もあり、参加できずでしたが、毎年忠岡や泉大津、春木のだんじり見に帰ってきてます。
    今年は僕の息子が3才になり、ある程度祭に関われるかと思い、実家のある泉大津板原に付きっきりでした。雨でなかったら忠岡行く予定でしたが、、、

    今回の仲之町の馬瀬曳行が魅力が強すぎて思わずメールさせていただきました!
    ほんとに育ったところにだんじりが通るのが、嬉しく思いました。

    八疑神社ではよく、遊びましたし(笑)

    来年は、僕の兄弟も仲之町なんで、僕ファミリーも仲之町に参加しようと思ってます。

    来年も上走りますかね??
    もう楽しみです◎ 削除

    [ 丹羽 ]

    2010/10/16(土) 午後 2:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事