ここから本文です
世の中よ可愛くいくな渋くいけ
http://www.facebook.com/rokkakusenjyu

書庫全体表示

5月5日(土)晴天
上松(かんまつ)町新調地車入魂式
月明かりが眩しい午前0時30分 入魂式の撮影に向け出発。
 
イメージ 1
 
町会館前にて青年団と新調纏(まとい)
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1時30分
新調だんじりの待つ「大下工務店」まで 纏を先頭に歩いて向かう。
イメージ 9
 
2時
工務店ではおでんが振舞われた。
イメージ 16
 
イメージ 22
 
「大下工務店」棟梁 大下孝治さんと「木下彫刻工芸」代表 木下健司(たけし)さん
イメージ 32
 
この度 初の彫物責任者である健司さん
幾分緊張気味。
イメージ 33
 
工務店内にて 引渡式を待つ新調だんじり
イメージ 35
 
ひっそりとたたずむ姿はまるで戦場へ向かう前の武士のようでもある。
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3時30分
大下工務店 木下彫刻工芸の代表者がだんじりの前に並び
町民達への お披露目がついにおこなわれる。
イメージ 3
 
高ぶる気持ちが張り裂けそうな瞬間。
イメージ 4
 
ついに上松町 新調だんじりのお披露目。
歓声と拍手が沸き起こる。
イメージ 5
 
引渡式
棟梁より新調委員長へ町名持ちが手渡される。
イメージ 6
 
鏡割り
イメージ 7
 
そして乾杯。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
感謝の気持を込めた花束が贈呈される。
イメージ 10
 
曳き綱をのばす青年団。
イメージ 11
 
4時
いよいよ町内に向かって曳き出される。
イメージ 12
 
なにぶん時間も時間だけに鳴り物は町内に入るまで叩かない。
「そーりゃー」の掛け声が少し肌寒い月夜に鳴り響く。
イメージ 13
 
はじめて曳くだんじりとは思えない勢いで町内に向かう。
イメージ 14
 
自町に鎮座する菅原神社。
だんじりの帰りを静かに待つ。
太鼓の音が遠音をさす。町内に帰ってきた合図。
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入魂式が厳かに執り行われる。
イメージ 18
 
だんじりを清める。
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
鳥衾(とりぶすま)に榊(さかき)を取り付ける大工方。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日出。
イメージ 21
 
6時05分
いよいよ南掃守地区にお披露目曳行。
入魂式を終えるまで「やりまわし」は無し。
これから 新調だんじり一発目の「やりまわし」のため 上松南の交差点へ。
イメージ 23
 
日出に上松。
イメージ 24
 
同地区内のだんじりが上松のだんじり新調を出迎えてくれる。
イメージ 25
 
晴天に映える纏。
イメージ 26
 
各町内をまわり 式典会場へ向かう。
イメージ 27
 
9時
式典会場到着。
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後 盛大に記念式典が執り行われた。
イメージ 29
 
新調だんじり 土呂幕正面「岩見重太郎狒狒退治」の場面を
旭堂南陵師が迫真の講談。だんじりを目の前に贅沢な一席。
イメージ 30
 
新調だんじりと上松町年番でもあり十月祭礼総年番長の西出氏を中心に
岸和田市長、岸和田祭礼年番、春木祭礼年番、十月祭礼年番と豪華な顔ぶれ。
イメージ 31
 
上松町は
老若男女の町民が堅い絆で結ばれだんじりを中心に気持ちのいい笑顔が溢れている素晴らしい町だと感じた。
上松町の皆様 だんじり新調 本当におめでとうございました。
 
\¤\᡼\¸ 7  \¤\᡼\¸ 6 \¤\᡼\¸ 5
六覺千手HP。過去の作品から最新作までを紹介しています。Facebookページ・Twitterもよろしく。
 
 
 

この記事に

  • お久しぶりです。

    本当に素晴らしい入魂式でした♪
    新調地車にかける思いも素晴らしいと感じさせられました。

    花鳥風月

    2012/5/7(月) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    だんじりの入魂式って真夜中から始まるんですか・・・。知らない事ばかりです。
    それに凄い人出。岸和田って1年中お祭りやってる感じがしますが。参加される皆さんも大変ですね。
    ”とりぶすま”って何??(木目がキレイ!!)

    [ - ]

    2012/5/7(月) 午後 9:52

    返信する
  • めちゃめちゃええ雰囲気です!
    素晴らしい!!

    空手バカ

    2012/5/9(水) 午後 8:54

    返信する
  • おはようございます。
    さすが、六覺千手さん!臨場感あふれるレポですね。

    入魂式当日の工務店の中の様子をここまで見たのは初めてな気がします。

    格好ええですね。

    地車2004

    2012/5/13(日) 午後 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    花鳥風月さん
    お久しぶりです。素晴らしい入魂式でしたね。

    六覺千手

    2012/5/14(月) 午後 7:27

    返信する
  • 顔アイコン

    [ ]さん
    入魂式は日が昇る前に行うのが通例です。
    車両通行量が少ない時間帯で警察に許可をとっておこないます。
    鳥衾(とりぶすま)とは だんじりの大屋根の先っちょについてる三つ又の部材です。

    六覺千手

    2012/5/14(月) 午後 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    空手バカさん
    えぇ雰囲気でした。入魂式独特の雰囲気ですね。

    六覺千手

    2012/5/14(月) 午後 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    地車2004さん
    工務店さん上松町さんの協力もあり 珍しい風景を撮影することが出来ました。何ともいけない緊張感に包まれていました。

    六覺千手

    2012/5/14(月) 午後 7:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事