オカメと日々気になることとか・・

マイペースオカメインコ キッキ10才とキッキ兄貴大好きなセキセイず ジジ&ぴの3才。よろしくお願いします。
連日雨だったり冷え込んだり。
そんな中、貴重な晴れ間だった一昨日は。

イメージ 1

みんな揃って日向ぼっこ♫








イメージ 2

キッキ君はお花の隣に陣取って。
早速ご飯タイムなようです⭐








イメージ 3

ジジぴのは一つお部屋にこの時だけ一緒〜。
ぴのさんおウチと同化して見にくいですがわかりますか。。。^^;








イメージ 4

しばらくして外の景色にも慣れてくると
こちらもご飯タイム⭐⭐








イメージ 5

しかーし、ぴのが独占してジジさんは食べさせてもらえませーん。~_~;








イメージ 6

遠い目をするジジさん。に見えたのは飼い主だけでしょうか。
(眩しいかったのだけかな。。。?)








イメージ 7

キッキはマイペースでご飯を食べたりおしゃべりしたり。
時々甲高い声で雄叫びも。。。(*゚o゚*)w
それは辞めてくださいね。
お散歩中のおばさまが、何者か!?とキョロキョロ見上げておりましたよ。(;^_^A
(飼い主は隠れましたが)








イメージ 8

先日久しぶりに購入したお花。
小菊の小ポット❤
仕立て?が珍しく、秋らしい赤色に惹かれちゃいました。

まだ夏の花も元気に咲いているので
ベランダの植え替えはもう少し先かな。。。
でものんびりしていると素敵なお花はすぐに無くなってしまうのですよ。_| ̄|○
近々お花屋さんに出向かねば〜♫。

週末は秋台風が来るとか来ないとか。。。
皆さま、天候と体調に気をつけてお過ごしくださいませ。

この記事に

開く コメント(5)[NEW]

開く トラックバック(0)

軽井沢から約2時間半、ろくもんの楽しい電車旅は長野まで。

イメージ 1

立派な長野駅。

今にも雨が落ちてきそうな空模様でしたが
冷え込んだ軽井沢に比べると7,8度高く、過ごしやすい陽気。

ここまで来たら是非善光寺へ。
とバスに乗って向かいました。
(1番乗り場から)








イメージ 2

善光寺大門バス停で降りると(目の前が七味で有名な八幡屋礒五郎さん)まもなく仁王門。







イメージ 3

左右に構える阿吽の仁王像が大迫力で睨みをきかせておりました。







イメージ 4

こちらから。







イメージ 5

参道の土産物屋さんが続き。







イメージ 6

大きな山門。







イメージ 7

さらに大きな本堂と廻りました。

帰りは駅まで下り道と聞いて
歩いて長野駅まで。

長野駅ビルのmidoriには「信州おみやげ参道」というフロア( 2F )が。
こちらが充実していてお土産を色々揃えるにはオススメ♫







イメージ 8

帰り道では夕ご飯用に峠の釜飯をゲット。
寒さに凍えて帰りましたがコンビニおでんと美味しくいただきました。







最後に軽井沢、長野のお土産色々。

イメージ 9

酢重商店(軽井沢)で。
万能香味醤油と大豆かりんとう。
ごま塩味、甘じょっぱくって美味しかった。







イメージ 10

SAWAMURA(軽井沢)のキャラメルナッツラスク。







長野駅の『信州おみやげ参道』で見つけたのは。

イメージ 11

地酒&地ビール。
「信州くらうど」では長野のお酒とおつまみで立ち飲みができ、販売も。
地酒の小瓶を色々取り揃えていて
好きなお酒を選んでこんなパッケージ(有料ですが)入りでお土産にできます。







イメージ 12

SAWAYAのジャム。
ろくもんのコースの中、パンに添えらえていたジャム。
パンにはもちろん、そのままいただいてもデザートのようにとても美味しかったので。
と思いましたら、白桃とグラニュー糖だけで作られたジャムでした。







イメージ 13

八幡屋礒五郎の善光寺パッケージ缶とお試し七味。

七味、一味、ゆず七味からガラムマサラまで7種類の辛味セット。
使い切り小袋が色々、楽しそうです。

鳥のイラストが気になりましたらBIRD EYEとのネーミングで、
商品説明には。。。「辛さ全開、超大辛。」だそうです。
そのうち使ってみましょ♫







イメージ 14

小布施堂の栗鹿の子羊羹(3本入り)と
この時期だけの新栗の栗蒸し羊羹。
(紙袋なども素敵でした❤)

こちら自分用にも買いましたが新栗の羊羹のお味は抜群♫でした。

軽井沢の裏道散策、憧れの万平ホテル、
ろくもんの初⭐観光列車体験、
善光寺でお参りもできて、秋旅満喫いたしました♫


最後までご覧いただきありがとうございました。
m(_ _)m&(*^^*)

この記事に

開く コメント(9)[NEW]

開く トラックバック(0)

今回の旅のメインイベントは。
夫念願の!!しなの鉄道の観光列車 ろくもんの乗車でした。(^m^)

イメージ 1

軽井沢駅に10:00集合。
受付を済ませ、ホームに向かうとすでに入線していたろくもん列車。
ピッカピカです。

10:40の出発までは撮影タイム。








イメージ 2

車掌さんの吹く法螺貝の合図でドアが開きます。








イメージ 3

軽井沢発、長野行き。
赤色の駅に途中停車していきます。
(けっこう止まります)








イメージ 4

1号車。
こちらは乗車券に指定席料金をプラスすることで乗車でき、
食事は付きませんが、特製のお弁当やドリンク等は注文できるそうです。








イメージ 5

こんなお子様用の遊び場も。








イメージ 6

2号車はソファー席や窓際沿いに並ぶ席など。








イメージ 7

こちらのカウンターでシェフがお料理の盛り付けなど最後の仕上げをされるようです。








イメージ 8

わが家の席は3号車。








イメージ 9

二人席が障子風の建具で仕切られる個室仕様です。








イメージ 10

とても快適そうな席、椅子もリッチ。








今回乗車した軽井沢10:40発のろくもん1号列車は洋食になります。
(長野午後発のろくもん2号列車は和食、
 軽井沢夕方発のろくもん3号列車は洋食のようです。)

イメージ 11

アミューズ。
きのこの洋風茶碗蒸し。






イメージ 12

ナプキンやコースターなど一つ一つ拘られたデザイン。






イメージ 13

前菜4品。
左から。蓼科豚のテリーヌ、信州ハーブ鶏のココット、蓼科牛のローストビーフ、信州サーモンなど。






イメージ 14

長野までの途中、いくつか停車しながら参ります。






イメージ 15

むらさき米のご飯も。
こちらの梅風味の生ふりかけが人気で商品化されたとか。

ここまでが『軽井沢 沢屋』さんのお料理。
沢屋さんはジャム屋さん。と思っておりましたが、レストランもされているそうです。






イメージ 16

メイン。
シナノユキマスとなすのパルマ風、信州プレミアムビーフ きのこのデュクセル風味、
金賞受賞チーズ ココンと野菜のエチュベ。






イメージ 17

どうしてもミッキーマウスに見えてしまった真田家の家紋モチーフ。






イメージ 18

デザート。
当日の朝搾ったばかりのチーズケーキと飲むヨーグルト、フルーツソース添え。
メインとデザートはチーズで人気の『アトリエ・ド・フロマージュ』さん。
コーヒーはもちろん、『ミカドコーヒー』

オール信州食材の丁寧なお料理。
車内でサービスするためにたくさん努力されたのだろうな。
というのが伝わる美味しいお食事でした。

シェフが降りられるときにはホームからお見送りしてくださり、
車内からは「ごちそうさまでした〜」と皆で手を振り返してお礼。。。❤








イメージ 19

外から見た様子。








イメージ 20

お土産も頂きました。
(お味噌とミッキーマーク?のハンドタオル)








イメージ 21

車窓を眺めながら。








イメージ 22

途中長めに停車する駅では、
駅長さん扮する真田幸村とろくもんバックに記念写真タイムがあったり。








イメージ 23

温泉水で淹れたお茶とコーヒーが振舞われたり。
お茶をいただいたら、しっかり温泉味でした。








イメージ 24

沿線の会社や施設の方々がお見送りしてくださり。








イメージ 25

歓迎されている感満載⭐のろくもんの旅でした。(^ー^*) ♪


善光寺と、あとちょっと続きます。^^;

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

夕ご飯は外に食べに行きました。

イメージ 1

日中訪れた酢重商店の系列『レストラン酢重正之』です。








イメージ 2

お通し。
キュウリに添えられた醤油豆は酢重商店の一番人気だそうです。






イメージ 3

酢重のお味噌と野菜の盛り合わせ。






イメージ 4

酢重風ローストビーフ。






イメージ 5

信州の地酒も。






イメージ 6

田舎風 玉子焼き。






イメージ 7

彩り野菜と豚肉の黒酢炒め。






イメージ 8

〆のご飯セット。
どのお料理もとても美味しかったのですが
特に卵焼きと
こちらの白ご飯がピッカピカでとても美味しゅうございました。






イメージ 9

それもそのはず。
ご飯はこちらの銅釜で炊かれていてお店の自慢の一品なのだそうです。

帰りは道の暗さと寒さでタクシーで戻りました。
(ワンメーターです)








イメージ 10

夜の万平ホテル。








イメージ 11

そのままホテル内の『The Bar』へ。








イメージ 12









イメージ 13

まだ早い時間で先客はおらず。
伺って写真も撮らせていただきました。
少し明るく写っております。








普段Barに伺うことなどほとんどなく不慣れですが
バーテンダーさんのお話が上手で居心地よく。

イメージ 14

それぞれホテルオススメの一杯をいただいて参りました。


部屋に戻り、
ネコ足バスタブで足をゆっくり伸ばして浸かり、ぐっすり。(_ _).。o○








翌朝は。

イメージ 15

前日SAWAMURAで買い物しておいたパン(これでもあんぱんです。^ ^)と
部屋の紅茶で軽く。








イメージ 16

早々にチェックアウト。

というのも。
これからがこの旅のメインイベント⭐
続きまーす。(*^^*)

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

軽井沢旅行∨平ホテル

イメージ 1

旧軽井沢銀座からホテルへ向かいます。
涼し過ぎる?風が通る林道。








イメージ 2

両陛下が出会われた頃テニスを楽しまれたという軽井沢のテニスコートも偶然発見。
この辺りだったのですね。








イメージ 3

今回のお宿、万平ホテルです。








イメージ 4

赤を貴重とした落ち着いた館内。
ザ・クラシックホテル、素敵です。








イメージ 5

大きなステンドグラスのレリーフ。
昔の軽井沢の風景かしら。。。








イメージ 6

ダイニング。(今回は利用いたしませんでした。)








イメージ 7

ジョン・レノンが常宿にしていたことで有名です。








イメージ 8

ホテルのカフェへ。








イメージ 9

ジョン・レノンが好んで座ったといわれる席。








イメージ 10

こちらで是非頂きたかったかったアップルパイ。
りんごだけの層とパリッとしたパイ生地で絶品でした。








イメージ 11

想像よりちょっと酸っぱかったレモンパイ。








イメージ 12

スズランのイラスト入りの木札をキャッシャーに持ちお会計します。
こういうのが残っているのも素敵です。
優雅な軽井沢時間を過ごせました。。。








イメージ 13

お部屋です。
ウスイ館に宿泊いたしました。
間取りがかわっていて、中心にベッドルーム。








イメージ 14

ベッドルームを囲うように
テーブル、チェストが置かれるスペースと。








イメージ 15

窓に面してソファーコーナー。








イメージ 16

窓の外には小さなテラスと緑。








イメージ 17

建具のガラスや。








イメージ 18

軽井沢彫りのチェストも素敵でした。








イメージ 19

お風呂場はリクエストが叶ってネコ足のバスタブのお部屋でした。








イメージ 20

ネコ足。。。。?








イメージ 21

アメニティはアメリカ製、
クラシックの水栓なども磨かれていて大切に長く使われているのですね。








イメージ 22

部屋着はパジャマタイプ(上下)とバスローブ。
快適に過ごすことができました。

夜ご飯に続きます。(*^^*)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事