オカメと日々気になることとか・・

マイペースオカメインコ キッキ12才とキッキ兄貴大好きなセキセイず ジジ&ぴの5才。よろしくお願いします。

セキセイず☆ジジぴの

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ジジの嘴 鳥専門病院へ


2月にカットしていただいた後もひと月経つ頃にまた同じように伸びてしまい
3月に再診。

先生から伸びるまでの時間が短い(ひと月ほど)のでちょっと心配だね。
鳥の専門の病院で採血など検査をしてみたほうが良いかもしれませんね。と。

UVBライトは継続中でしたが、
やはり紫外線不足などではなかったようです。




そして先日、
鳥専門に診ている病院に行ってきました。
(ここからは長文になります。m(_ _)m)

夫が忙しく足がなかったので、
自転車と電車とバスを乗り継いで〜。
ちょっとドキドキの通院です。

ここ3ヶ月ほどの様子と、他病院で受診、嘴のカットをしていたことをお話ししたのですが
こちらの病院でも
採血はしない方針なので採血希望であるならば豪徳寺の病院へ。
と勧められました。

しかし一目見た感じで肝臓が悪いのは確実で
視診と触診でジジの今の状態を次々と診断を。

☆視診
・嘴の脆弱化と徒長。
・羽色ー全体的に黄色化、黒の部分が多くなっている。

イメージ 2

・毛先が細く長くなっている。
(下腹部辺りの羽が足にかかるほど不自然に長い←ジジの個性だと思っていました)

イメージ 3

・下羽(白い)が出てきてしまっている。
(羽を閉じている状態で緑の羽の下の羽が外に出ている部分が見られるのは異常)
・お腹とお尻の羽が薄くなっている。

・ろう膜の色も若干薄いように見えることにより
発情による女の子ホルモンが出ているのではの疑いが浮上。
発情過多によりこの後の精巣腫瘍も心配され。。。
(前回の病院でのレントゲンでも精巣の大きさを少し心配されてましたが
発情すると精巣は大きくなり、してないと小さくなるので一概には言えないとか)
ろう膜の色が薄くなったり、女の子のようにガサガサになったり、
骨の石灰化などで判断するのだとか。

☆触診☆
・脂肪がついている。

☆糞便☆
・異常なし。
但し、白い部分(尿酸)が黄色味かかってきたら黄疸が出てるということで
肝臓の具合が悪化している症状。見逃さないように。
朝起きた時の糞の量が減っている時も要注意。


いやぁ、毎日なんとなく見ているつもり。でしたけどわからなかった〜。
肝臓病の羽色の変化も聞いてはいたけど
PCで検索して見た画像例では明らかに黄色く色変わりしている様子でした。
ジジのお腹やお尻をめくってまでのチェックは日常しておらず、
先日の病院では羽はちゃんと生えているから大丈夫とのお話でした。
実際今日見せてもらったけど他の鳥さんの様子を見慣れていない私には
これが下羽が薄くなっている状態だとはわからず。。。
難しいです。



☆飼育環境の見直し☆
・静かな環境での12時間睡眠。(実践している)
・睡眠の時間帯は日没から。遅い時間はダメ。
・暫くはぴのと距離を置くこと。(なるべく発情させない)
・青菜、果物(←肝臓に負担)は与えない
・ボレー粉、ミネラルサンドも与える必要ない。
・ネクトンSを毎日ご飯にふりかけて。(現在週に2、3回使用中)
 その他換羽時にはネクトンBIO(現在使用中)、
 女の子(ぴの)にはネクトンMSA(成長期の骨格と産卵期に卵殻形成。必要なカルシウムやリンを補充)を勧められましたので検討します。




☆お薬☆

イメージ 5



イメージ 6

肝機能改善薬、抗生剤、ヨード剤。
肝臓のお薬を乳鉢で潰して水に溶かし、抗生剤とヨード剤を適量落とし、
飲み水として与える。
(直接飲ませるのではなくてほっ。。。)

月末に再診。
嘴は今のように伸びてしまったらやはりひと月に一度はカット。
伸び過ぎてしまうと血管も伸びてきてしまい、
嘴だけカットすることができななくなるのだとか。

お薬と環境で改善されれば
嘴も自然に伸びなくなってくるので
とにかくここから暫く頑張ろう。と思います。

次の患者さんがちょうどいなかったこともあり、
診察を終わってみれば1時間近く、先生とお話ししておりました。

先生が使われる専門の言葉を聞き逃したり、
すでに忘れてしまったこともあるような気がいたしますが
備忘録として書き留めました。





イメージ 1

ジジさん in 袋 
駅のベンチでひと休み。
行きも帰りも病院でも静かで良いこでした。
緊張していたのかな。( ;  ; )






イメージ 4

嘴もカットしてもらって本当にお疲れ様でした。

色々気が付けなくてごめんね。
お薬効きますように⭐
日々の生活は飼い主が気をつけます。

ジジさんの嘴が。



イメージ 1

ジジさん。
嘴が伸びてきてしまいました。

普段羽に埋まっている先っちょが、
手元でみかんをあげている時によーく見えてこれはおかしい!と。



病院へ行ってまいりました。

握っとされて「あっ、伸びてるねぇ、噛み合わせも悪いんじゃない?
ご飯食べられてる?」と先生。

ご飯はしっかり食べているところを確認していますし
うんPも山盛りです。

と山盛りうんPからプラスプーンですくって持参したうんPも提出。

齧らない(手入れをしない)コ。というのもあるけど
日光浴不足とか、
一番は肝臓の症状として心配かな。

体重測定(38g)とににぎにぎと視診、触診。
太ってはいないね。
と先生。

肝臓の様子を見るために
念のためレントゲンを撮りました。

結果は肝臓の腫れはなく、
ただ精巣が大きめだね。これが心配。と発情問題が発覚。

レントゲンの様子では肝臓に関しては何か治療をするほどではなく。

今日は嘴を少し切って、様子を見ましょう。と。
一緒に爪切りもお願いしました。

目の前でチョキンチョキンと少〜しずつ。
嘴は神経などが通っていて
慎重に切らなくてはならないのだそうです。

また伸びてしまうようだったらカットしにきてください。と。

先生のところにも何羽か
嘴のカットで通うインコさんがいるそうです。

とりあえずはホッとしましたがこれからも要観察です⭐

診察中のジジさんはとても良い子で。
体重測定の小箱の中でもじーっと、
レントゲン撮影もスムーズにできたと褒められました。

その画像も飼い主にとってはとても愛おしく、
夫と、頭小さくて可愛かったね。
なんて親バカ〜💦








イメージ 2

嘴カット後のジジさん。
お疲れ様でした。






イメージ 3

そしてUVBライトセットを購入いたしました。

寒い季節、暑い季節、花粉の季節など
ベランダ日光浴はなかなかできません。ので。






イメージ 4

For Bird。






イメージ 5

ビビるの承知でセットいたしました。
スイッチON!






イメージ 6

止まり木を使ってスタンドがわりに。






イメージ 7

なぜか二人ともぺったんこと低姿勢。






イメージ 8

ちらっ。






イメージ 9

ちらっ。と。

気になるよね、怖いよねぇ。。。







イメージ 10

少しすると下の段に。






イメージ 11

そしてさらに下へ。






イメージ 12

怖いよ〜。
とぴのさんに助けを求めてる。。。?






イメージ 13

ご飯入れをぴのさん側に移動して。
一緒にご飯タイム♫で少しリラックスできたかな。






イメージ 14

まずは一日1時間ずつ。
(ぴのさんもね)

慣れるまでもう少しかかりそうだけど
紫外線を浴びて頑張ってみようね⭐

何か削ってくれる物はないかと
オヤツの「かじりま専科」も買って見たものの
知らんふり。
(ちなみにぴのさんは2日で粉砕!)

ジジさん❤この際止まり木でもなんでも良いから齧って〜。











ぴのさんの休憩場所でもあるかじり木コーンを
久しぶりに新しくしたら。

カジカジが止まりませーん。

イメージ 1

それも急ピッチ!!

1日目でコレです。








イメージ 2

さらに2日目。








イメージ 3

下には均一に細かーく削られたカスが。








イメージ 4

芯の金属棒までかじり出したので撤収〜。

あいにく替えはなく。
(まさか2日でダメにするなんて。。。です)







新しいカットルボーンも取り付けましたが。

こちらも取り付けたそばから
ガッ!ガッ!と大きな音をたてながらさらにスピードUP⭐

イメージ 5

翌日には止めていた結束バンドからもストン!と擦り落ちてしまいました。

しかーし、諦めないぴのさんは
糞切り網の上で左へ右へとカットルボーンと格闘。

上に乗って抑え込む技?を覚えて
さらに削るのでした〜。

ダブルワッキー⭐

今年も豪快なワッキー姿が。

イメージ 1

ワッキー1号。








イメージ 2

ワッキー2号。








イメージ 3

そして。
ジジぴの揃ってダブルワッキー⭐

今年いちばんの開き具合のワッキーポーズは
なぜか夜の放鳥時間。

追いかけっこ(ジジさんの一方的な?)が終わった時のことでした。(;^_^A
酷暑お見舞い?申し上げます。
毎日、毎日ほんと〜に暑いですね。

イメージ 1

我が家のベランダも連日40℃(半日陰で)を指しております。

そして連日の晴天。
なので洗濯物が乾く乾く。
というか、日差しの強さで長時間干していると生地が痛みそうなくらいです。








イメージ 2

この日は。
ジジぴの&キッキのおウチカバーをまとめて洗濯いたしました。

ジジぴのはHOEIさんのカバー、
キッキのおうちはビッグサイズなので市販のカバーがなく、
作る技量もなく、フリークロスとバスタオルを重ねて重ねて。^^;








イメージ 3

で、問題はこちらのぴのさんのカバー。

以前も一度こちらで披露?いたしましたが。
相変わらず夜のお仕事は続いているようで。








イメージ 4

お仕事パート1。








イメージ 5

お仕事パート2。
そのうち表の生地にも穴が開きそうな勢いです。








イメージ 6

犯人です❤

ぴのさん、前も言いましたが、
このままではぐっすり暗いお部屋で眠れなくなってしまいますよ。

ちなみにジジのカバーは全く無傷。
女子だけの習性なのでしょうか。








オマケ⭐

イメージ 7

少し前ですが、ベランダに可愛い訪問者。
子供の?カマキリさん❤。

昆虫全般苦手なのですが。
お尻をフリフリしながら伝い歩きしていたこのコにはキュン❤としてしまいました。
カメラを向けるとちゃーんと反応してカメラ目線。で
顔ごと右左と動かす様子がまた可愛くて。(きっと怖かったのでしょうね。)

しばらく見ていたら1Fまでつながっているパイプに移りたそうに。
思い切って飛びついたのですが、するっと滑って庭に落ちていってしまいました。
相手はパイプですからね。
まっ、2Fからだったから大丈夫かな。


皆様、暑さに気をつけてお過ごしください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事