外来機待機室 ~1号室~

現在は”2号室”の方でブログの更新を行っております。

百里基地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

皆様こんばんは。

百里航空祭最後のレポートとなりました。
もちろん最後を飾る記事は当ブログ発足当初より力を入れてお送りしております”帰投”の部です^^

早速ご覧いただきましょう♪

イメージ 3
OH-1 東部方面ヘリコプター隊(立川) [32620]

蛍の光が会場に流れ、観客をお帰りムードにさせる中、隅っこでカメラを構える我々ファンの前に姿を現したのは立川へ帰投するOH-1

こちらを向いて軽くぺこっとお辞儀をして行かれました^^

イメージ 1


イメージ 2

すぐ目の前のタキシーウェイから離陸!
流石陸自機と言ったがり方ですね^^;

コクピットからお手振りもバッチリ頂きました♪

イメージ 4

続いて地上展示もセットで並んでいた小牧組が帰投も一緒にお帰りです^^

C-130HはR/W03R、KC-767Jは民間機が良く使うR/W03Lへ誘導されました。

イメージ 5
C-130H 第401飛行隊(小牧) [75-1078]

一足先にエアボーンするC-130H。

おそらく後発のKCにどこかで抜かれることでしょう^^;

イメージ 6
KC-767J 第404飛行隊(小牧) [87-3601]

イメージ 7

KCはどこのイベントでも披露してくれるバイバイテイクオフ!

流石これを見るために残ったファンもいたのでその期待にばっちり応えてくれました^^v

イメージ 8
CH-47J[LR] 入間ヘリコプター空輸隊 [37-4501]

イメージ 9

負けじと機体を左右に振ってお帰りになられるチヌーク!

逆光で見づらかったですが、機内からもお手振りをされていたようで^^

イメージ 10

百里の午後は逆光を生かすチャンスなんですよね^^

入間に居てもこんな写真滅多に撮らないので・・・

イメージ 11

最後にP-3Cがタキシングを始めると、エプロン地区北側からFODが始まりました。

簡単に言うと飛行場のごみ拾いです^^
最近は昔に比べて飛行場地区へのごみのポイ捨てもだいぶ減ったと聞きますが、それでも未だに数多くのごみが散らかされているようで、それらを確実に1つ残らず回収するのが隊員さんたちのお仕事です。

お疲れの中本当にお疲れ様ですm(_ _)m

イメージ 15

気付けばこんなにもぞろぞろと・・・!
飛行場のごみ拾いほど気が遠くなる作業は無いかもしれませんね・・・><;

イメージ 12

そんなFODをされている隊員さんたちの向こうからP-3Cが離陸。

イメージ 13
P-3C 第203教育航空隊(下総) [5064]

イメージ 16

ベタ低の上がりで突っ込んでくるかと思いきや機体を左右に振ってコチラもバイバイテイクオフ♪

イメージ 14

F-2などが帰らなかった分、帰投は大型機でお腹いっぱいになりました♪

こうした各基地から飛来した航空機のチームのサービスを感じられる自分たちの中の最後のプログラムが帰投なんですね^^

参加してくれてありがとうという気持ちを込めてしっかりお見送りさせていただきました^^)ノシ


これにて2日間に及ぶ厳しい戦いに幕を下ろしました。

帰りもボロボロでしたが、何とか気合で地元までハンドルを握り、しっかり仲間も送り届けることが出来ました。。

今から考えるともうあんな過酷な運転は二度とごめん・・・という気分ですが、おそらく来年も同じことをしそうな自分がいる気がしてなりません^^;

せっかく航空祭シーズンが終わろうとしているのにもう来年の事を考える自分にも呆れますが・・・()


長い記事に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

次回からは入間航空祭・・・の前にお邪魔した羽田での記事をお送りしたいと思います^^)ゞ


イメージ 1

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

皆様こんにちは<(_ _)>

百里基地航空祭もいよいよ後半戦へと突入!
だいぶ速いペースでお送りしておりますので、内容が薄く感じられる方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんm(_ _)m

ここまで来れば腕もだいぶ温まり、自分自身のエンジンもかかってきているはずなのですが、技量不足のため今後も愚作が続くことと思われますm(_ _)m

イメージ 1

前の302SQの機動展示が終わって撮った写真のボロボロ具合を確認をしていると猛スピードで低空をRF-4がかっ飛ばしていきました((((・・;)

ファントム特有の轟音に気が付き、慌ててその姿を追いかけます。。。

グラスエリアに遭った植木と背景の山が写ったりする辺りでどれほど低かったかお分かりいただけますでしょうか^^;

イメージ 2

2番機は至って普通の上がり。でも気持ち少し高い感じがしたのはポジショニングの関係でしょう^^;


この後、会場後方から連続して進入してきた2機の背中を見事に眠い画にしてしまい、悔やむ間もなく会場後方から進入してくる迷彩のファントムを探します。

イメージ 3

数名のメディアの方らしき姿のあったオペレーションの上を低騒音で進入してくるRF-4E。

実際の戦術偵察を模したデモフライトという事で、我々観衆にも気づかれぬように静かに速く進入してきます!

イメージ 6

会場北側を西から東へ駆け抜け、正面で大きく孤を描いて再び西側へ離脱して行きました。

イメージ 4

会場正面で急旋回しながら偵察活動を行ったファントムの離脱を追いました!

イメージ 5

続いての機はなかなか良いトコロでヒネリ!^^

イメージ 7

もちろんお尻カットも♪

ローカルだとバーナーは日常茶飯事に使ってくれるのですが、後部水平安定板が邪魔してなかなかその赤いお尻を拝めないのでこうした機動展示はチャンスですね。

イメージ 8


イメージ 9

我々はしっかりファントムに偵察されてしまいましたが、逆に自分も今回はファントムをとらえることが出来ました( ̄▽ ̄)

唯一撮っている相手と勝負している気になれるアトラクションの時間でした^^

イメージ 10

302SQ同様にこちらも最後はコンバットブレイクで〆

しかしブレイクする方向が逆で真横しか撮れず^^;
500㎜とAPS-Cがあれば少しトリミングするくらいでこんな画が撮れてしまうのは、やはりそれだけ低く飛んでくれているという証ですね!

この後長いお昼休みになりまして、自分らはまた隊員さんらと交流タイムに^^
下総からP-3Cに乗っていらしたというまだお若いフレッシュな整備士さんお二人に色々なお話を伺うことが出来ました♪
もちろん帰投も楽しみにしております!と←これ特に重要。笑

立ち話に華を咲かせているとエプロン地区でF-4がエンジンを回し始めましたので慌ててベースキャンプに戻ることに(汗)

イメージ 11

まさかのランチェンが発動していたサイレントタイム・・・

これはこれで良い感じですが、離陸後のヒネリを撮りたかったです><;

イメージ 12

飛んでしまえばランウェイ関係なく飛び交います!

イメージ 20

背中はちょっとヒネリが早くて追いつけず^^;

イメージ 13

光線状態気にせず、これはこれでバッチリ撮れたので良し♪

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16

もちろんAGGとは全く違う機動飛行で楽しむことが出来たのですが、途中で1機にマイナートラブルが><;

安全第一でここで飛行展示は打ち切りに。
しかし本当に大満足な飛行展示を見せてくれた302SQには心から拍手を送りたいと思いました!

無事着陸後も会場からは所々で自然と拍手が沸き起こっておりました^^

イメージ 17

さぁ305SQのラストマニューバが始まりました!

気合いバリバリの上がりはランチェンの影響でまともに撮れず・・・

飛行展示の内容も残念ながら午前中と同じためまともに撮れた画がほとんどありません><

イメージ 18


イメージ 19

おそらく撮影枚数自体30枚前後で、今手元に残っている写真が6枚・・・約24枚ほどは削除しました^^;

逆光で進入パターンも午前中とは違ったので見る分には面白かったのですが、やはり時間も短くシャッターチャンスも少なかったという事で少し・・・いえ、申し訳ないですが最後の最後でかなり消化不良なフライトとなってしまいました><
これも全部自分のポジショニングミス・・・まさか完全に午前と同じ機動でランチェンまでされているとはorz

次は異動先のニュータでいつの日か再戦を誓います^^)ゞ

後で305SQのPLさんから伺った話、航空祭前は色々な機動をやりたいと予定を立てられていたそうなんですが・・・最近は成田空港のトラフィックが百里基地周辺を取り巻くように頻繁に飛んでおり、安全性を考えて派手な機動展示を行う許可が下りなかったという事・・・
時間にも厳しく縛られ、本当に最後なのに来てもらったお客さんに申し訳ないと悲しそうにお話しされていたのがとても印象に残っております。。。

ここまで言われてしまうともう仕方ないというか、1つの動きにキレがあったのでやはり見ごたえはたっぷりな内容だったなと思います(*^^*)


以上でプログラムに乗っているイベントは全て終了。

調べてみると既に会場周辺は大渋滞が起きているとの話・・・

これは閉門ぎりぎりまで基地に残るしかないと判断・・・もちろんアレを見るのも含めて( ̄▽ ̄)

次回はそのアレをお届けしてまいりたいと思います<(_ _)>


ご覧いただきましてありがとうございました。

イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆様こんばんは<(_ _)>

続きましては今回の百里基地航空祭の目玉演目でもあった異機種編隊飛行です!

航空祭でこの科目が実施されるのが約5年ぶりという事で、最近は各飛行隊ごとの編隊飛行が実施されていましたので久々の演目となりました。
これもおそらく305SQが今年ラストの航空祭ということで、皆で笑顔で送り出そうという晴れ舞台の様にも見て取ることが出来ました。
 

イメージ 1

先程まで行われていたF-15の機動飛行の最中に洋上で編隊を組んで会場北側より進入してきました。

2日連続のハードスケジュールで運転にも疲れていたので、グラスエリアで座りながらまったり撮ってました^^;

イメージ 2

本当に晴れてくれて良かったです♪
飛んでいる方もさぞかし気持ちがいい事でしょうね^^

イメージ 3

僅か6年ほどしか同じ基地で働くことが出来なかった2部隊。
空自全体の歴史で見れば302SQもまだ百里に異動してきて間もない部隊ですね^^

イメージ 4
U-125A 百里救難隊 [12-3018]

イメージ 5

続いての編隊を整える合間に百里救難隊の2機が離陸。

座ってボケッとしているとロクマルの上がりには気が付かず、後から追いかけるように飛んで行ったU-125Aだけ撮影できました^^;

イメージ 6

続いては2色のファントムのフォーメーション・・・

イメージ 7

ではなく、もちろん3機種揃ってのダーティ隊形でのローパスでした!

イメージ 8

自分が生まれる前から百里で共に活躍してきた305SQと501SQ

501SQも数年後には解隊が決まっているのでこの組み合わせは近い将来貴重な1枚になりそうです。。。

イメージ 9

ダーティパスした3機編隊の後ろから猛スピードでそれを追いかけるハイスピードパス組が!

各編隊で先頭の機体が異なりましたね^^

イメージ 10

ついでに先ほど上がった救難編隊も飛行機とヘリコプターの壁を超えた素晴らしいフォーメーションパスを実施!

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13

その後は各部隊ごとに分かれ、2機ずつでコンバットブレイクを実施!

いづれも着陸のための旋回なのにアフターバーナーを使用してくれました!^0^

イメージ 14


イメージ 15

着陸後はF-4×1、RF-4×2、F-15×1が目の前をタキシング。

F-4×1とF-15×1は外周組のために?ウエストランウェイ上をバックトラックで反対のエンドまでタキシングして行きました^^

イメージ 16
F-4EJ改 第302飛行隊(百里) [07-8434]

イメージ 17
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6909]

イメージ 18
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6912]

イメージ 19
F-15J 第305飛行隊(百里) [42-8842]

まだまだ順光が続いたためタキシングを狙って前の方へ。。。

真横順光で戦闘機が頂ける機会は滅多にないのでこの度のイベントは非常に好機でした♪

イメージ 20


イメージ 21
U-125A 百里救難隊 [12-3018]

すかさず救難展示が始まります!

まずはU-125Aが進入し、サバイバルキットを投下します。

イメージ 22


イメージ 23

続いて2機の救難機が連携して要救助者の捜索活動にあたります。

イメージ 24


イメージ 25
UH-60J 百里救難隊 [08-4571]

遠目だったのでほとんど撮影できずに終わってしまいましたが、いつも通りに無事要救助者を回収して速やかに離脱するUH-60J。

見る必要もないくらい当たり前に難しい事をこなしてしまう・・・これって本当に凄い事だと思います。。。

イメージ 26

少しの休憩時間を挟んで始まったのは302SQによるオジロファントム×2機による模擬緊急発進展示からの模擬対地射爆撃(AGG)です!

1番機が低い上がりから機首を起こるなりこちらへ若干ヒネリ気味・・・

イメージ 27


イメージ 28

お〜!見事なお背中頂きました^0^)ノシ

青空バックにド順光で初っ端から御馳走様で〜す♪

イメージ 29

2番機もこれまた低い上がり!
このままランウェイエンドまで突っ込んでハイレートかましておりました〜!^^

イメージ 30

その後2機は編隊で進入し、会場正面でブレイク!(・▽・)ノシ

それぞれAGGのための攻撃進入コースへ移動します!

イメージ 31

鬼トリで見にくい写真となっておりますが、初めて見ることが出来た青いアフターバーナー。
以前雑誌で読んだ記憶がありますが、内容をあまり覚えておらず^^;
ファントムでたまに見られる現象なんですよね♪

イメージ 32


イメージ 33

1機が5回ずつ、計10回ほど会場にバーナーを見せてくれました♪

急降下から機首をグっと起こして素早く旋回!これがカッコよくて堪りませんでした^^

イメージ 34

今度はフェイズチェンジでイーストパターン!
我々の頭上を越えていきます^0^

イメージ 35

この突っ込み具合が怖いくらいに迫力あります!

イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38

こんなに何度も頭の上をゴォ〜と飛ばれると幸せで頭が逝ってしまいそうで・・・笑

帰り落ち着いて車のハンドル握れるか、ただそれだけが心配でした笑

イメージ 39


イメージ 40

さらに最後は2機続けて攻撃からのハイレートで離脱!!

これには”あっぱれ”でした^^)ノシ
まさかここまでやってくれるとは・・・♪

イメージ 41

おまけにAGGの最後はコンバットブレイク!!

〆にまでお背中頂いちゃいました♪


恐らくこの日一番盛り上がったピークだったかもしれません^^

ただ熱い熱い飛行展示はまだ終息しちゃいないんですよね〜。
さらにこの後はRF-4による戦術偵察展示へと続いていくのですが、その模様はまた次回に^^)ノシ


イメージ 1

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

皆様こんばんは。

今晩も時間の許す限りで百里基地航空祭の模様をお送りし続けていきたいと思います!

まずは地上展示よりも前に撮った天候偵察(メトロ)の上がりから^^)ノシ

イメージ 1
T-4 第302飛行隊(百里) 手前:[66-5746] 奥:[26-5681]

朝の長くて楽しいドライブを終え、基地へ進入。
トイレ休憩を終えたところで上がってきたメトロを撮影!

この時点で0730時。これくらい朝早くから開けてくれると終日まったり過ごす余裕が持てるのでうれしいですね♪

イメージ 2

およそ1時間程度天候と基地周辺の車の駐車場渋滞を観測と言うまさかの任務^^;

飛んでいるPLさんから聞こえてくるボイスにはつくづく笑いがこぼれるような面白いコメントばかりでした。笑

イメージ 3
T-4 第302飛行隊(百里) [66-5746]

イメージ 4
T-4 第302飛行隊(百里) [26-5681]

飛んでいたのは前日と同じ2機。

着陸してエンドまで転がったはいいものの、ここからさらにまた反対のエンド付近までタキシングして行かなくてはなりません^^;
その途中でエンジンスタートしているファントムやイーグルの後ろを通過するので風防をクローズしました。

イメージ 5

オープニングフライトと言う名の異機種編隊飛行へと向かうRF-4E。

1番機の前席TETSUさんの鋭い眼光の先にはいったい何があったのでしょうか?^^

イメージ 6

もう何年かするとファントムがいたころは・・・なんて話が嫌でも出てくるんですね><;

嗚呼こんなこと考えてはいけないのに><;

イメージ 7
F-15J 第305飛行隊(百里) [52-8854]

イメージ 13


イメージ 12
F-15J 第305飛行隊(百里) [42-8842]

イメージ 14

異機種編隊飛行への上がりでトップバッターは今年の百里航空祭がラスト展示となった梅組のジューゴから!

朝っぱらからハイレートなんて気合入ってますね♪

イメージ 8
F-4EJ改 第302飛行隊(百里) 手前:[07-8434] 奥:[67-8388]

イメージ 9

第2編隊のオジロファントムは気合が空回りしたのかコンバットディパーチャーのパッカーンは会場北側にいても真横で開かないほど遠いものでした^^;

イメージ 10
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6909]

イメージ 11
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6912]

地上でのサービスが良かった2機のRF-4Eですが、こちらはストレートディパーチャー。

イメージ 15


イメージ 17

まさかの第4編隊でまた梅のF-15!?と思わせるようなタイミングで午前中の305SQの機動展示が始まりました!!

1番機は離陸後、会場正面方向へ激ヒネリを見せる上がり方^^

イメージ 16


イメージ 18

2番機はそこそこ低めに突っ込んできてからのハイレートクライム!

2機ともタンクは3本という大迫力の形態での機動飛行が幕を開けました♪


この後、ダウンウィンドを駆け抜けた1番機が早々にタッチ&ゴーのため戻ってくるのですが・・・その後の上がりが凄かった・・・!!

イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22

決してカリッカリな画には届かないものの、個人的に大迫力な画が抑えられました〜!^0^

いや〜自分も吠えていたと思うのですが、あまりの爆音で自分の雄叫びすら聞こえませんでした。笑

イメージ 23


イメージ 24

ド快晴の中の耐G旋回でもベイパーが少し出ました!

それだけ気合が入りまくっていましたね^^

イメージ 25


イメージ 26

ギアに加えて普段見る機会が滅多にないアレスティングフックまでもを下ろした状態でロックウィングするF-15。

3本もタンク吊るしてるのでさぞかし安定感は失われているはず・・・飛ばれている方は相当の技量の持ち主ですね!

イメージ 27

着陸のためのコンバットブレイクはアフターバーナーを使用!

どこの航空祭でも見られるパフォーマンスですが、日ごろのローカルフライトを見ていてもまず着陸前にバーナーは目にしないので新鮮です^^;


かなり短時間のデモフライトですが、収穫は上々!かなり満足でした♪

イメージ 28


イメージ 29
F-15J 第305飛行隊(百里) [62-8870]

イメージ 30
F-15J 第305飛行隊(百里) [22-8812]

着陸後もお手振りのサービスが良かった2機♪

単座型なのでファントムと違って振りにくいトコロはあると思うのですが、それでも最後の航空祭という事で朝からいいとこばかり魅せてくれる梅組。

今後が楽しみになりました〜!^0^


まだ始まったばかりですので、この後もどんどん行きたいと思います^^)ノシ


イメージ 1

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

皆様こんにちは<(_ _)>

大変遅ればせながら、百里基地航空祭の写真を今更ですがUPして行きたいと思います^^;

まずは地上展示からお送りし、以後時系列順に・・・


イメージ 1
U-125A 百里救難隊 [12-3018]

イメージ 3

基地北部の駐車場に車を止めいざ地上展示機を撮影しに^^

一番近い所に停められていたのは今回注目の1機であるU-125Aの百里救難隊発足50周年記念塗装機でした!

最初はなんだこの塗装と見ていたものが、間近で見ると意外とカッコよかったです^^

イメージ 2
U-125A 百里救難隊 [72-3006]

もう1機のU-125Aも比較的撮りやすい位置に駐機しておいてくれました^^

イメージ 4
UH-60J 百里救難隊 [48-4561]

そのU-125Aの向かって正面にUH-60Jが駐機。

イメージ 7
右:UH-60J 百里救難隊 [08-4571]

地上展示機になっていたのは今年の横田FSDにも来ていた#571号機
某映画に出演したおかげで今や注目のUHなのでは??
その影響からか、後に展示飛行を行ったのも同機でした^^

イメージ 5
UH-60J 百里救難隊 [08-4572]

イメージ 6

U-125AだけでなくUH-60Jにも同様のペイントが施されていました^^

しかしこっちは何だか目立たないですね^^;

この機体が正真正銘の地上展示機だったようで前日の特別公開併せて2日ともここに鎮座しておりました。
おそらくこの機体が飛ぶのを期待して来たファンも多かったことと存じますが^^;

イメージ 8
奥:KC-767J 第404飛行隊(小牧) [87-3601]
手前:C-130H 第401飛行隊(小牧) [75-1078]

チヌークやニンジャやP-3Cをスキップして小牧組の2機を撮影。

残念なことに今年は入間からの固定翼機の参加はありませんでした・・・orz

イメージ 9
RF-4E 第501飛行隊(百里) [47-6901]

何と言っても今回の大目玉だったでしょう森林迷彩から洋上迷彩へと姿を変えたRF-4Eの#901号機

あんなにお出かけ好きで有名だった#901号機がこの塗装になってから全く出かけなくなったという事は、あらかじめこの機を最初に塗り直して訓練するのを想定して今まであんなに出張させていたのでしょうか??

イメージ 10

隣に元の迷彩塗装のRFがいれば良かったのですが、展示されていたRFはこの1機のみ。

仕方なくかつての三沢のコンビの様にグレーのファントムとの並び。

しかしお気づきの方も多くいらっしゃると思いますが、このブルーファントムはかつて三沢にいたあのブルーファントムや現在空自ではF-2やUH-60Jが施されている洋上迷彩とは少し明るさなどが異なり、だいぶ印象が変わってしまいました^^;

おかげで好き嫌いわかれているようですが、とりあえず今は話題性があるという事で撮っていた方がほとんどだったでしょうか?

イメージ 11


イメージ 12

何でもこの青いファントムは今後も増えるようで・・・
正直こんなの撮るより普通の迷彩を改めて撮り直して行った方が良い気がしてなりませんでした^^;

イメージ 13

沖止めされていた2種類のRF-4を無理やり絡めてなんとか3色をワンフレームに^^;

あんなところに停めないでもっと近くに置いてもらっても良かった気がするんですがね(・・;)

イメージ 14

来年からはこの並びに筑波山のカエルが加わることでしょう^^

イメージ 15
手前から
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6914]
RF-4EJ改 第501飛行隊(百里) [07-6433]
F-15J 第305飛行隊(百里) [62-8872] [52-8862]

とりあえず居ましたよと言う報告程度で^^;

梅組も今回が百里航空祭ラストという事ですから尚更ですね。

イメージ 18

何でしょう^^;
自分はファントムは三沢のハチスコのイメージが強く、いまだに抜けていないがためにどうしてもF-2とF-4の並びは三沢を想起してしまいます。。。

イメージ 16
F-4EJ改 第302飛行隊(百里) [87-8404]

まだあと数年は頑張るそうなファントム!

最後まで応援して行きますよ〜!^0^

イメージ 17
F-2A 第8飛行隊(三沢) [13-8564]

先に言いますと当日帰投しなかったハチスコのF-2。
このマークこそファントムに似合ってるモノだと思うのですが、2008年度いっぱいで完全に機種更新されてしまいましたね。

ちなみにこの#564号機はF-2Aの生産最終号機に当たります。

イメージ 19
手前から
T-7 第11飛行教育団(静浜) [56-5926]
T-4 第302飛行隊(百里) [96-5618]

空自後方のためにもよく考えられた並びですね^^
手前から順に空自パイロットになって乗ることになる練習機を並べたんですね♪

イメージ 20
T-400 第41教育飛行隊(美保) [51-5057]

自分はどうしてもこっち派だな〜と思いながらもパシャリ^^;

今回の地上展示もだいぶハイライトでお送りしているつもりですが、T-400だけは抜かせませんでした。笑

イメージ 21
手前から
F-15J 第305飛行隊(百里) [62-8870] [22-8812]
F-4EJ改 第302飛行隊(百里) [97-8424] [17-8437] [67-8391]

イメージ 22
左から
RF-4E 第501飛行隊(百里) [57-6909] [57-6912] [57-6907]

その他エプロン地区に並んだ百里ベースのファイターたち!
気分爽快な並びですね( ̄▽ ̄)

RFだけは何やら出発準備をしている模様。。。
流石の百里もこの辺りの最前列確保の競争は激しそうでした。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25

最後におまけで格納庫内に展示されていたコクピット展示要員のF-4EJ改#320号機に貼られていたプチステッカーを少々^^)ノシ

まずは部隊マークでも人気なオジロワシの目にまつ毛が・・・!
これは片方側にしかなく、片側はメスでもう片側はオスと言う設定だそうです^^
さらには今年の春先に全国のファントムファンの心を揺るがせたあのブラックファントム並びに302SQの40周年記念ステッカーも貼られていました♪

今でも個人的には302SQは那覇のイメージが多少なりとも強いわけですが、千歳にもいたことをすっかり忘れていました^^;


こうしたイベントの都度、忘れているあれこれを思い出しつつも新しい情報を入手。
非常に頭の活性につながるものとなっております。笑


地上展示の部は以上ですm(_ _)m

以降は大迫力の飛行展示編へと繋いでいきます♪


イメージ 1

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事