ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫政治の話題

すべて表示



 
 
   
 

安倍晋三について後藤田正晴が言った言葉!
http://85280384.at.webry.info/201807/article_45.html


▼安倍晋三について後藤田正晴が言った言葉!

安倍晋三だけは首相にしてはならない。

あいつには岸の血が流れている。

みんなは岸の恐ろしさをしらない。

岸の血って、血縁っていうだけじゃないんだよね。

人としての情がない。恥を知らない。

岸信介と安倍晋三に共通しているのは、その恐ろしさなんだ。

 

                          後藤田正晴

*********************

こんな情報がネット上に氾濫している。

岸信介は戦前の官僚。

 のちに甘粕正彦と組んで、帝国陸軍が中国東北部を植民地にし、そこに建設した傀儡国家「満州国」を牛耳った男だ。

 岸信介は、東条英機内閣の商工大臣を務めた軍国主義者。A級戦犯として逮捕されたが、米国の”操り人形”になることを条件に釈放された。その孫が安倍晋三である。

 甘粕正彦は陸軍憲兵大尉の時に、無政府主義者の大杉栄らを殺害したことで知られている。世に言う甘粕事件である。

 その後、甘粕は突然、日本を離れて満州に渡り、関東軍の特務工作を陣頭指揮。その時、岸と知り合い意気投合。いわく因縁の「闇のつながり」である。

  後藤田正晴は内務官僚だが長年、岸信介を垣間見て来ただけに、本性を知り尽くしている。その人物が岸信介の「汚れ、ただれた血」を語ったと言うのだから、まんざらデマでもなかろう。私はさもありなん、と思う。


 安倍晋三の血も涙もない「国民に冷たい政治」は、6月の沖縄の慰霊の日や8月の広島、長崎での平和記念式典でのあいさつを聞けば一目瞭然だ。人々の琴線に触れる文言など、どこにも見当たらない。

 不戦の誓いを削除し、爺さんの岸信介が果たせなかった「改憲の実現」にまい進するのが安倍晋三だ。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 【内閣府の「1−3月期GDP、前期より+0.5%」って、まず信用できず  「内需冷え込み」による輸入急落が無ければ、名目成長率は「マイナス2・7%」となる これで消費増税したら経済崩壊日本になる可能性も 】 内閣府が20日発表した今年1〜3月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動を除いた実質(季節調整値)で前期(昨年10〜12月期)より0・5 ...すべて表示すべて表示

  • 日本がアメリカに次いで貧困化率が2番に高いのはアメリカに次いで行っている経済政策なのである、 グローバル化と進められている経済政策は、ここ30年間ぐらいで世界を完全に独歩して、資本の極大化と、企業は儲かるものは各国制度を変えてでも取り入れていくと進めている、新自由主義に端を発してそれよりも極度な「市場原理競争主義」を取り入れた政策を ...すべて表示すべて表示

  • 練習ランキング

    2019/4/8(月) 午後 2:27

       ランキングに参加中。クリックして応援お願いします! 人気ブログランキング にほんブログ村

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事