ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

質問その1:白血病などのがんの不安にどう対処していったらいいのでしょうか?

え〜、私は原子力の専門家ではありますが、え〜、医者ではありませんし、医学的な知識を十分に持っているのでもありませんので、え〜、白血病に関しての考慮ということは、申し訳ありませんけれども、私の手に余ることです。

そして、そういうことに関しては、例えば、国のほうも、学者たちが、何て言っているかというと、もう心配なんかするなと、心配するとむしろ病気になってしまう、笑っているところには白血病は来ないんだよと、いうようなことを言っている学者がいる。
100ミリシーベルト以下ならもう何でもないと、いうようなことを言っている学者がいます。

でも、それが私先ほど聞いていただいたように、全く正しくない、のです。
え〜、被ばくというものは、100ミリシーベルト以下であろうと、危険があるというのが、現代の学問の到達点なのであって、それをキチッと知らなければいけないと、思います。

ですから、もちろん福島のお父さん、お母さんという人たちが、自分の子どもたちのことに対して心配をするということは、当然のこと、なのです。
もちろん心配もしなければいけません。

ただし、ですけれども、どのくらい心に重荷を背負わなければいけないかということは、キッチリと数字で知っておくべきだと私は思います。
え、今からその数字を申し上げます。
もし、あの気になる方は、書き留めていただけばいいと思います。

1ミリシーベルトという被ばくをしてしまうと、え〜、ごく平均的な人で、2500人に一人がガンで死にます。
皆さんは1年間に1ミリシーベルトの被ばくしかしてはいけないという日本の法律で守られている人たちですけれども、1年間に1ミリシーベルトという被ばくだって、安全なのではありません。
2500人に一人がガンで死ぬぐらいの危険はあるけれども、それはもう諦めろよと、この日本という国で住む以上は諦めろと言って、社会的な正式で決まっているのが1ミリシーベルト。
だから、もし福島にいる子どもたちが、もし1ミリシーベルト、あ、人たちが、1ミリシーベルトの被ばくをすれば、そのうち2500人のうち一人がガンで死ぬぐらいの危険度を負いますよと、いうことなんです。

そして、え〜、日本の政府は今、猛烈な汚染地帯は人々を避難させたのですけれども、では、その猛烈な汚染地帯というものはどういう被ばく量になるのかと言うと、1年間に20ミリシーベルト、です。
それ以上の被ばくはさすがに許せないと、言って、人々を避難させているけれども、19.9ミリシーベルトの所は勝手に住めと言っている、わけですね、言ってみれば。
ですから、2500人に一人のガンで死ぬくじが、20倍までは我慢しろと、つまり125人に一人までは、もう今の汚染地で死んだところでしょうがないと言っている、のが日本政府のやり方です。

そして、私は、今聞いていただいたのは、ごく平均的な人のこと、です。
子どもは、ごく平均的な人に比べて、4倍も5倍も危険だと私は先ほども聞いていただきましたけれども、もし、20ミリシーベルトの被ばくを赤ん坊がしてしまうと、31人に一人がやがてガンで死にます。
30人はガンにならないということですから、それを受け入れることができるかどうかということが私たちに問われているわけですし、どうにも仕方がなくて、福島の現地で、今汚染地帯に取り残されて、自分の子どもが20ミリシーベルトの被ばくをしてしまうと、避けられずにそうなってしまうというのが、31人に一人のガンが、いずれ自分のところに回ってくるという、その程度の心配をやはりしなければいけない、ということです。

そして、何よりも大切なことは、出来ることは何でもやって、子どもの被ばくを少なくするという、ことです。
いろいろのことが出来ると思います。

私は先ほど外部被ばくから守る、少なくするにはどうしたらいいか、内部被ばくを避けるにはどうしたらいいかということを、原理だけ皆さんにお伝えしました。
子どもたちが遊んでいるところの、地面の汚染を剥ぎ取るということだって、外部被ばくを避けるために有効です。
子どもたちには、出来る限りきれいな食べものを回すということは、内部被ばくを避けるために有効です。
え〜、もちろん三重に住んでいる方々にとっても、有効ですし、福島の汚染地に住んでいる人にとっても、有効ですので、自分の子ども、原子力に責任の無い子どもを少しでも被ばくから守るということを何よりも優先に、え〜、考えていただきたい。
その上でどうしても被ばくをしてしまうのであれば、その危険の大きさということを承知した上で、その心配の程度と言うんでしょうか、心配の程度と言ったらおかしいけれども、そのくらいの危険なんだということをやはり承知しながら生きてほしいと思います。

※上記、小出裕章(京大助教)非公式まとめよりの「転載」

  • ありがとうございます

    勉強になりました

    [ さっちゃん ]

    2013/1/9(水) 午後 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    政府は原発の危険性については全て隠ぺいし公表していません。
    それはアメリカがあくまでも日本に原発の推進をやるよう強要強いているからです。小出裕章(京大助教)の言っていることが実実であり真実なのです。このような現政府を支持することは、国民のための政治ではなく、不幸なのです。コメントどうもでした。

    roo*6ak*o

    2013/1/10(木) 午後 1:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事