ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

10月17日の衆院本会議で、「生活の党」の鈴木克昌幹事長が代表質問に
立った。

極めて簡潔で、的確な指摘を示した。

http://goo.gl/14tE5F

重点が置かれたテーマは、消費税、原発、TPPだった。

原発・憲法・TPP

そして、

消費税・沖縄

この五つが、日本が直面する五大問題である。

鈴木議員はこのうち、消費税、原発、TPPについて重点的に質問を行った。

そのうえで、自民党一党支配の政治構造を打破するために、次の総選挙での政
権交代を目指して、既得権益のための政治に反対する勢力を結集してゆく決意
が示された。

いま日本が直面している重大な問題について、政治権力が暴走しないように、
厳重なチェックと抑制を実行してゆかなくてはならないが、より重要なこと
は、自民党政治の暴走を抑止するため、できるだけ早期に、本格的な政権交代
を再実現させることである。

この目的を実現するために、主権者である市民、国民が積極的な役割を果たし
てゆかなくてはならない。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


昨年12月の総選挙、本年7月の参院選の結果によって、自民党一党支配体制
が再構築された。

しかし、選挙の実態を見ると、主権者の半分程度が選挙権を放棄した事実が存
在する。

選挙に行った半分程度の国民のうち、約半分の人々が自公の与党勢力に投票し
た。

つまり、現在、国会で圧倒的な勢力を得ている自公の与党勢力を支持し、この
勢力に投票した主権者国民は、全有権者、全国民の4分の1に過ぎない。

25%の民意で、日本政治が支配される、異常な状態が広がっているのであ
る。

鈴木克昌議員が指摘したように、全国津々浦々の地域で、現在の政治状況の抜
本的な転換を求める声が存在することは間違いのない事実である。

問題は、現在の政治状況が問題であると考える主権者が結束して、積極的な政
治行動を実行する舞台が整っていないことである。

次の総選挙に向けて、この舞台を早急に整えてゆかなくてはならない



鈴木議員が焦点を絞った、消費税、原発、TPPの問題について、改めて整理
して考察したい。

消費税は2009年8月の総選挙の際の、ひとつの重要な選挙争点だった。

この選挙の際に、民主党の主張を端的に示した言葉は、ネット上に配信されて
いる動画映像で、いまでも確認することができる。

悪名高い野田佳彦氏のシロアリ演説(2009年8月15日)

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

同じく野田佳彦氏が2009年7月14日の衆院本会議で行った、麻生太郎内
閣に対する不信任決議案賛成討論演説

http://goo.gl/5OlF8

さらに、岡田克也氏による「マニフェストは絶対に実行する」演説(2009
年8月11日)

http://nicoviewer.net/sm13731857

この三つの動画映像を、

悪徳民主党「新・三大野田山のサギ演説」と呼ぶ。

大事なことは、主権者である国民が、この民主党公約を踏まえて、民主党に政
権を付与したことだ。

民主党公約のエッセンスは野田佳彦氏が声を張り上げて訴えたこの言葉に集約
される。

「シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始
めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。」

この演説の主の野田佳彦氏が首相に就任して、野党の自公と結託して消費税増
税法を成立させた。

その延長上に、安倍晋三氏が推進する消費税大増税がある。

この消費税増税法を成立させる前に、シロアリ退治は一歩でも進んだのか。

NOである。

シロアリ退治どころか、シロアリ増殖が急激に進んでいる。

財務省による天下り王国拡張の動きを安倍晋三政権が徹底的に擁護しているの
である。



原発で汚染された福島県。事故現場周辺に住民が戻ることはもはやできない。

安倍首相は故郷の福島に帰ろうとしている若い母の手紙を引用した。

このことについて、鈴木克昌議員は、

「いま政府がなすべきことは、故郷を破壊したことを率直に詫び、第二の故郷
での再出発を支援して、前向きな人生設計を構築できるようにしてゆくこと
だ」

と述べた。

原発は、発生し得る事故を考慮すれば、危険極まりなく、もっともコストの高
い発電方式である。

原発を利用しなければ経済に悪影響が生じるなどという主張は、目先のカネの
ことしか考えない、近視眼的思考しかできない金銭亡者の言い分に過ぎない。

脱原発こそ、主権者国民の総意である。

TPPについて、安倍自民党は6項目の公約を明示した。

現在、TPP交渉が行われているが、日本政府の立場は、

「交渉に参加するが、TPPに参加するかどうかは白紙」

というものである。TPPに参加することが決まっているかのような安倍政権
の姿勢を厳しく糾弾しなければならない。

消費税、原発、TPPは、国民にとって、最重要の政治問題である。

安倍政権が暴走して、この国を破壊し尽くさぬよう、厳重な監視と抑止が強く
求められている。



安倍政権の消費税増税が問題である重大な理由を三つ示しておこう。

第一は、上記のシロアリの問題。

シロアリを退治するどころか、シロアリを増殖させている。このような不正を
国民は許してならない。

第二は、日本経済への影響。

2014年度の財政デフレの規模が22兆円に達する。

日本経済を破壊するのに十分な規模だ。史上空前のデフレ財政政策なのであ
る。

2012年度末に決定した13兆円の補正予算の剥落効果が完全に無視されて
いる。

この効果を含めると、デフレインパクトは22兆円に達する。6兆円の景気対
策では、とても日本経済の落ち込みを防ぐことはできない。

第三は、経済政策全体の弱肉強食化だ。

社会保障制度はずたずたに切り裂かれつつある。

そのうえ、中低所得者層に厳しい巨大増税が押し付けられる。

逆に法人税を払っている大企業には巨大減税が振る舞われる。

また、ばらまき公共事業が激増される。

貧富の格差が急激に拡大する日本で、弱きを叩き、強きを支える、「弱肉強食
政策」が推進されている。

消費税増税はとりあえず凍結すべきだが、消費税増税に突き進む場合、安倍政
権の勢いは2014年央から、急失墜することになるだろう。



原発問題での安倍政権の失政は明白である。

福島原発事故をコントロールできていないから、汚染水が地下水や海洋に流出
している。

安倍首相が世界に向けて発信した、

“The situation is under control”

の言葉が、世界の迷言・妄言大全に収録されることは間違いないだろう。

オリンピックを招致するための虚言であったとしても、許される虚言ではな
い。

福島の問題は深刻であるが、本当の意味の収束は、制御不能に陥っているとの
現状認識がなければ、あり得ない。

東電処理が歪みの原点にある。

安倍首相はみんなの党の渡辺喜美代表の質問に答えて、

「被災者支援、損害賠償に支障を来さないために、破綻処理せずに民間会社と
して存続させる」

との方針だと述べた。

その一方で、汚染水対策などについて、

「東電任せにせずに政府が前面に出る」

と述べている。

支離滅裂なのだ。

法的整理すると、損害賠償や被災者支援に支障が出ると安倍首相は主張する
が、原子力損害賠償法第16条の規定に則って、政府が資金支援することを国
会が議決すれば、損害を賠償するために必要な援助を政府が行なえるのであ
る。

政府答弁は虚偽である。

法的整理しなければ、経営者、株主、債権者の当事者責任が問われぬまま、損
害賠償費用を国民が負担することになる。

こんなバカげた話はない。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


TPPについては、何度も述べてきたが、国会は安倍首相に対して、二つの事
実の確認を迫るべきだ。

第一は、日本はTPP交渉に参加したが、TPPに参加するかどうかをまだ決
めていないこと。

第二は、自民党が選挙公約で6つの項目を明示したこと。

この公約に反して日本がTPPに参加するという選択はあり得ない。

六つの約束とは、

① 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。

② 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。

③ 国民皆保険制度を守る。

④ 食の安全安心の基準を守る。

⑤ 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。

⑥ 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

である。

この公約に反する事実がひとつでも表面化するなら、日本のTPP参加はな
い。

国会論議では、この点を明らかにすることが絶対に必要だ。

とりわけ、ISDS条項の問題は重大だ。

TPPがISDS条項を含むものになるのかどうかを、すべてに優先して国会
は政府に確認するべきである。

ISDS条項が含まれるなら、日本のTPP参加は可能性としてあり得ないも
のになり、その他の問題で時間と労力を割くのは単なる無駄になるからだ。



より重要な問題は、次の総選挙に向けて、既得権益の政治に反対する政治勢力
を結集して、政権交代の実現を目指す道筋をどのように構築するかである。

この目的のために、主権者の側で「主権者政策フォーラム」なるものを立ち上
げる必要があると私は考えている。

2014年春には実質的なスタートを切りたいと思う。

原発・憲法・TPP&消費税・沖縄の問題について、大同団結できる市民と政
治勢力の結集を図るのである。

この流れが実現すれば、ひとつの道筋が見えてくる可能性が高まる。
 
 
 
※有料メルマガ版第695号 植草一秀の『知られざる真実』 2013年10月18日より「転載」

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事