ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

都知事選の状況が急変しつつある。

舛添要一氏が出馬の意向を表明するなかで、細川護熙元首相の立候補が急浮上
している。

弁護士の宇都宮健児氏がすでに立候補表明を行っており、都知事選はにわかに
混戦の様相を示し始めている。

今回の都議選の最大の焦点は、ストップ安倍政権の可否である。

2012年12月総選挙、2013年参院選で安倍政権与党が勝利して、衆参
両院を安倍政権が支配する状況が生まれてしまった。

選挙の基本構図は次のようなものであった。

主権者である国民の半分程度しか選挙に足を運ばなかった。

選挙に足を運んだ主権者のうち、約半分の者が自公の与党勢力に投票した。

この投票によって、安倍政権与党が衆参両院の過半数議席を占有することに
なった。

衆議院では自公両党で全議席の3分の2以上を占有した。

つまり、主権者全体における比率では、25%程度の支持で自公が国会を支配
する状況が作り出されたということになる。

ルールに沿って実施された結果であるから、政権には一定の正統性があるが、
日本の主権者の全面的な支持に支えられえて創設された政治権力ではないこと
に留意が必要である。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


つまり、安倍政権は25%の民意にしか支えられていないことを自覚し、政権
運営に際しては、議会や世論における反対意見にも十分に耳を傾ける姿勢が求
められているのである。

ところが、現実には、特定秘密保護法制定に象徴されるように、安倍政権は議
会内の多数議席数という数を頼みに、横暴ともいえる強引な議会運営を展開し
ているのである。

これから日本では、日本の命運を左右する極めて重大な問題について、ひとつ
の方向を示さねばならない重要な局面を迎える。

原発、憲法、TPP、消費税、沖縄などの各問題である。

現在の安倍政権の基本姿勢では、これらの重要問題について、広く主権者の意
思を吸収し、主権者の総意に沿う決定が行われるとは到底考えられない。

特定秘密保護法同様に、安倍政権がさらなる暴走を示す蓋然性が高くなってい
る。



衆参両院の全国規模の国政選挙は2016年夏まで実施されない可能性が高
まっている。

この現実を踏まえれば、国政選挙以外の何らかの方法によって、安倍政権の暴
走を防ぐことを実現させることが強く求められる。

その重要な手立てになるのが、2014年前半に実施が見込まれる、いくつか
の地方選挙である。

1月19日には沖縄県名護市で市長選が実施される。

辺野古海岸を破壊して巨大な軍事基地を建設することの是非を問う選挙であ
る。

名護市民の基地問題に対する意識が問われる選挙になる。

そして、2月9日に東京都知事選が実施される。

安倍政権が支持する候補者の当選を阻止できるのかどうかが焦点になる。

さらに、安倍晋三首相のおひざ元である山口県で、山本繁太郎知事が病気で辞
職願を提出した。

知事選は2月23日に実施される可能性が高い。

また、石川県では現職の谷本知事が6選を目指す知事選が3月16日に実施さ
れる見込みである。

全国で知事に対する多選批判が強まる中で、石川県民が知事の6選を認めるの
かどうか。注目されている。

また、最近まで自民党に所属していた衆議院の徳田毅議員が選挙違反事件に伴
う連座制によって議員辞職を迫られる見込みである。

3月15日までに失職すれば、補欠選挙は4月27日に行われることになる。



これらの地方選や補欠選挙において、安倍政権が支持する候補者が落選するこ
とが生じれば、安倍政権の求心力は低下し、世論調査における支持率も長期低
落の傾向に転じる可能性が高まる。

そうなれば、これまでのような横暴な議会運営を行うことも困難になるだろ
う。

この意味で、2014年前半に予定されている地方選等においては、何として
も安倍政権が支持する候補者を落選させなくてはならないのである。

「ストップ安倍政権」

が、これから実施される地方選等の基本テーマになる。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


東京都知事選については、この視点から主権者が意思を統一してゆく必要があ
る。

選挙情勢を見極めて、基本姿勢を決めることが必要である。

安倍政権が支持する候補の当選可能性が盤石で、これが動かしがたいのであれ
ば、目標水準を一歩引き下げて、次善の策を取ることを検討する必要も生じ
る。

つまり、当選できないとしても、明確な政策方針を示す候補者を擁立して、こ
の候補者が一定の得票を確保することによって、民意をそれなりにアピールす
ることである。

選挙の勝利という実体を得るのではなく、選挙での存在感のアピールという、
限定的な成果獲得を目指すというものだ。

状況によっては、これも選択肢のひとつにはなるのかも知れないが、選挙が実
施される前から、敗北を前提に戦術を構築するのは、一種の敗北主義と言わざ
るを得ない。

それよりも、まず追求しなければならないことは、選挙での勝利を目指して力
を尽くすことである。

その際に、何よりも重要なことは「連帯」である。

自己主張を強めすぎれば、連帯し得る幅は狭まる。

連帯を広げるには、譲るものは譲り、違いを乗り越えて、多くの勢力が手を携
えることである。

「小異を残して大同につく」柔軟性がなければ、大きな力の結集は不可能であ
る。



都知事選の状況は、細川護熙氏が立候補すると一変する。

自公が支持する舛添要一氏の当選に明確に黄信号が灯ることになるのである。

しかも、この場合、原発政策が都知事選最大の争点になることが想定されるこ
とになる。

いまの日本政治が直面する重大問題の筆頭は原発である。

原発・憲法・TPP・消費税・沖縄の五大問題の筆頭に挙げるべきテーマが原
発なのだ。

細川氏が立候補して、都知事選が脱原発の是非を問う選挙になるなら、極めて
意義のある選挙になり得る。

主権者の多数は脱原発を求めており、首都の知事選挙という、国政にも重要な
影響を与えうる選挙で、首都の主権者によって、脱原発の方向が明示されるな
らば、ストップ安倍政権を求める主権者にとっては、大いなる成果になる。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


小泉元首相が原発ゼロの主張を展開しているが、この主張そのものが間違って
いるわけではない。

小泉元首相は周回遅れのバスに乗り遅れるなとばかりに飛び乗った格好である
が、遅ればせながら正論に気が付いたというべきであろう。

2011年3月11日の、あの大惨事から間もなく3年の月日が過ぎる。

安倍政権は人類史上最も深刻な放射能事故を引き起こした事実が、まるで存在
しなかったかのような姿勢で原発再稼働と原発輸出にのめり込んでいる。

東京オリンピック招致に際しては、福島の状況がコントロールされていると強
弁したが、その福島では、いまなお原発事故が持続しているのである。

原発は事故を引き起こした際のコストを含めれば、あらゆる発電方式のなか
で、最も高コストの発電方式であることは明白である。

しかも、地震大国日本においては、いつ再び、福島の悪夢が再発してもおかし
くない状況にある。

また、

『原発ホワイトアウト』(講談社)

http://goo.gl/5zfBaX

が明らかにしたように、日本の原発に電気を供給する送電線がテロなどによる
攻撃で破断される場合には、福島同様の原発大爆発が発生してしまう可能性も
存在する。

使用済み核燃料を処分する技術すら確立されていない。

原発は生命とは共存不可能な技術であり、賢明な国策として原発ゼロの基本方
針を明確にするべきことは明らかである。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


細川氏が原発ゼロを掲げて都知事選に出馬する場合は、十分に当選可能性が生
じてくる。

自公が支持する舛添要一氏を落選させ、ストップ安倍政権の意思を主権者が明
示する、千載一遇のチャンスが到来することになる可能性が生まれる。

脱原発・反憲法改悪・反TPP・反消費税増税・反辺野古基地建設の主権者勢
力が、焦点を原発ゼロに絞り込んで、細川氏支持で結束することは、十分に検
討に値する選択肢になる。

宇都宮健児氏はすでにこの方針で出馬を表明しているが、細川氏と協議のうえ
で、出馬を取りやめて細川氏支持に回ることも検討されるべきであると思われ
る。



いま、主権者国民にとって、何よりも重要なことは、

「ストップ安倍政権」

の実効性ある成果を生み出してゆくことである。

安倍政権の暴走をこれ以上許さないためには、都知事選で安倍政権が支持する
候補者を落選させることが最重要になる。

細川氏が出馬して当選可能性を有するなら、主権者勢力が細川氏と協議のうえ
で、細川氏支持に回る選択は十分にある。

東京都は東京電力の株主であり、東電の適正な処理についての発言権をも有す
る。

東電は新潟県にある苅羽・柏崎原発の再稼働を申請しているが、とても原発事
故を引き起こした企業のとるべき行動ではない。

東電は日本の法制度に則って、法的整理されるべき存在である。

適正な都知事を選出して、東電処理の適正化も実現してゆかなくてはならな
い。

五大テーマはすべて重要だが、都知事の影響力を強く発揮できるのは、このな
かでは原発問題だけである。

原発に焦点を絞り、脱原発の方針を明示する候補者を選出し、安倍政権の暴走
にくさびを打ち込むことは極めて大きな意義がある。



名護市では辺野古基地建設を阻止する意思を名護市民が明示するべきである。

名護市長選と東京都知事選の双方において、

「ストップ安倍政権」

の意思が明示されるならば、暗黒に包まれた日本の政治状況は大きく修正され
始める可能性を高めてゆくことになるだろう。
 
 
 
 
※有料メルマガ版植草一秀の『知られざる真実』2014年1月10日より「転載」
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。
 


 

転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事