ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

まだ、決して断定的には言えないのだが、消費税増税の影響は軽微ではないは
ずだ。

日本経済新聞は首をかしげるほど、「消費税の影響軽微」と強調してきた。

なにしろ、年初来、4度も一面トップで

「消費税増税の影響軽微」

の文字を躍らせてきた。

よほどの確信があったのか、そうでなければ、何か裏事情があったはずだ。

私は日本の株式市場が強気のまっただだなかの昨年11月に

『日本経済撃墜−恐怖の政策逆噴射−』(ビジネス社)

http://goo.gl/lgZ9ky

と題する書を公刊した。

圧倒的な少数意見だった。

会員制レポート『金利・為替・株価特報』

http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html

では、昨年12月10日号の9.【投資戦略】タイトルを、

「掉尾の一振後の株価下落に備える」

とした。

2013年12月10日号は、サンプルとしてウェブ上に公開しているのでご
参照されたい。

http://www.uekusa-tri.co.jp/report/report_194-121013.pdf



『金利・為替・株価特報』では、年初来の株価下落傾向を予測してきた。

順当な市場変動が生じているのである。

メディアは真実を伝えないが、株価下落の最大の要因は日本の超デフレ財政政
策である。

この点は、本ブログ、メルマガでも再三指摘し続けてきた。

『金利・為替・株価特報』2014年4月14日号では、現在の日本の株式市
場を取り巻く環境を総括的に分析している。

http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html

詳しくはレポートをご高覧賜りたいが、全体タイトルと目次だけを紹介してお
く。

全体タイトル

「消費税増税の影響軽微予測は正しかったか」

目次

1.【概観】消費税・FRB・ウクライナへの警戒
2.【日本経済】消費税増税の影響は軽微でない
3.【株価】為替・株価連動続くが株価に下方圧力
4.【地政学】ウクライナ情勢の不安定化
5.【金利】インフレ率の状況転換
6.【為替】ECB利下げの可能性
7.【中国】人民元安誘導で経済底割れを回避できるか
8.【金と金利】米金利&ドルと逆相関の金価格
9.【投資戦略】株価下落の底値を探る



日経平均株価が4月11日終値で14000円の大台を割った。

極めて重大なニュースである。

すでに本ブログで指摘したが、日経平均株価はデッドクロスを示現した。

株価下落のかなり強力なシグナルである。

株価変動のポイントは、2月4日の終値14008円を下回るかどうかだっ
た。

この水準をあっさりと割り込んだ。

かなり厳しい状況を読み始めている。

現実を直視したくない安倍政権は、「ウクライナ」だの、「新興国」だのと、
四の五の言っているが、核心に触れようとしない。

メディアは、株価がデッドクロスを示現し、チャート上の節目を下回ったの
に、その事実すら十分伝えない。

日本経済新聞は経済金融の専門紙だと標榜しているのだから、少なくともこの
ような局面で、問題の重大性を適正に報道するべきだろう。

政府の御用聞きばかりにうつつを抜かしていると、賢い読者から購読を中止し
てゆくことになるだろう。



消費税増税の影響が深刻になるのは明白だ。

なぜなら、労働者の賃金所得がまったく増えず、インフレ率が1.5%に跳ね
上がり、挙句の果てに消費税率が3%も引き上げられるのだ。

実質的に所得は一気に約5%も目減りする。

「余分なものは一切買わない」という消費者行動が日本中に広がることはほぼ
間違いない。

この過程で、経済の大崩落が起こる。

私は、このことを昨年初来、警告し続けてきたが、その忌まわしい予測が現実
味を帯び始めているのだ。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


日本の株価は、本当ははるかに高い水準に上昇してもおかしくない。

日本経済の回復軌道が維持され、健全な成長軌道確保の道筋がはっきりと見え
てくれば、日経平均株価が2万円を突破して、まったくおかしくない。

この「プラス循環」の道を選ぶべきだった。

安倍首相がこちらの道を選択していたなら、経済運営の名宰相として、後世に
名を遺したはずである。

財政再建だって、この道の方がはるかに早道である。

私はよく「北風と太陽」の寓話を引く。

「北風政策」で、激しい木枯らしを人々に吹き付ければ、人々は硬直して、
まったく動けなくなる。

「太陽政策」で、温かな光を注ぎ続けると、国全体が温かくなり、人々はたく
さんの税を納めるようになる。

財政再建は「太陽政策」でなければ絶対に成功しない。



2012年12月から2013年5月までの期間だけ、安倍政権は正しい基本
方針を示した。

安倍政権が実行した政策は「太陽政策」だったのだ。

「太陽政策」で成果を引き出すことに成功したのだから、この「太陽政策」を
維持するべきだった。

ところが、安倍政権もやはり、財務省には弱かった。

財務省は国民のことも、政権のことも、一切考えていない。

考えていることはただひとつ。

自分たちシロアリのえさを増やすことだけだ。

消費税率を引き上げてしまえば、シロアリのえさを庶民から、確実にむしり取
ることを永遠の将来にまで実現できるのだ。

だから、財務省はシロアリ消費税増税に猛進するのである。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


シロアリ財務省に引きずられて、日本経済を破壊し、人々の生活を破壊したの
が橋本政権と小泉政権だった。

橋本龍太郎首相は、のちに、財務省の誤りを明確に指摘したが、不自然に早逝
してしまった。

財務省を抑えつけて、「太陽政策」を断行し、日本経済の危機を見事に救った
小渕恵三首相も、不自然な急死を遂げた。

小泉政権は日本経済を完全破壊し、日本経済を金融恐慌の入り口まで引きずり
込んだが、最後は背徳の銀行救済を実行して、責任をあいまいにした。

メディアがしっかりしていれば、2003年に小泉政権を退場させることがで
きたはずだが、御用メディアが「背徳の銀行救済」を「正義の金融改革」だと
粉飾して報道した結果、虚偽が真実として大手を振って歩いてしまった。

この銀行救済劇の裏側で、大掛かりなインサイダー取引が実行された疑いが濃
厚である。

だから、小泉竹中政治はゾンビのように存続し続けてきた。



話を日本経済に引き戻すが、景気の基調を決定するのは、何と言っても個人消
費である。

GDPの6割以上を個人消費が占めている。

この個人消費が当面激減するわけだ。

需要の減退は在庫の急増をもたらす。

「意図せざる在庫」が急増すれば、企業は慌てて減産を強化する。

日本経済新聞が「消費税増税の影響軽微」のキャンペーンを展開してきたか
ら、企業経営者のなかには、生産をあまり抑制しなかった人もいるだろう。

この人々が、在庫急増に直面して生産活動を急激に絞り込むことになる。

その結果として景気悪化が加速するわけだ。
http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif


そうは言いつつも、市場の空気は、いつでも、何の前触れもなく大転換する。

だから、未来について、あまりに無防備に断定することは避けておかねばなら
ない。

市場の流れが、いつ急変するか、分からないからだ。

それでも、基本予測としては、日本経済新聞が喧伝していたほどには、日本経
済の堅調が維持される可能性は低い。

国民も市場参加者も、リアルな現実を直視する基本姿勢が大事だ。

消費税増税実施後の日本経済の落ち込みについて、現実のデータに基づく分析
が求められているのだ。



リスクはこれだけにとどまらない。

FRBの金融政策が、これからどのように変化してゆくのか。

中国経済が底入れするための条件は何か。

そして東西陣営の接点であり、地政学上の超重要性を帯びるウクライナ情勢が
今後どのように変化し、それが金融市場にどう跳ね返るのか。

消費税増税の影響に加えて、これらの諸事情を探索する必要がある。



安倍政権は昨年末にピークを通過したと感じることを記述してきた。

特定秘密保護法、集団的自衛権、TPP、原発再稼働、辺野古基地建設推進、
そして消費税大増税など、政権が崩壊しておかしくない問題が次から次へと浮
上する。

それでも、安倍首相が平然としていられるのは、安倍政権与党が衆参両院の過
半数を制しているからだ。

衆参両院を制することは、これほどの効果を発揮するものなのだ。

しかし、安倍暴政を希求しない多数の主権者国民にとって、これほどたちの悪
い状況はない。

安倍政権の暴政にブレーキをかけて、国の超重大問題での独断専行を防いでゆ
かなければならないのだ。
 
 
 
※有料メルマガ版第836号植草一秀の『知られざる真実』2014年4月12日より「転載」
 
 

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックして下さい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事