ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

イメージ 1
 
本の内容
政府もマスコミも隠蔽している真実。消費税5%アップ=10兆円。富裕税1%導入=80兆円。この不況下でも、億万長者が激増している。
目次
第1章 一九八八年の税制に戻せば、税収は現在の倍になる
第2章 富裕税を創設するだけで、財政問題はすべて片づく
第3章 日本は「世界一金持ちで、世界一不幸な国」になってしまった
第4章 長引く不況下でも高額所得者は急増し、億万長者の数は三倍増に
第5章 平均年収は下がり続けるうえ、社会保障への支出はまったく不十分
第6章 億万長者と大企業は、すでに一〇〇〇兆円も貯め込んでいる
第7章 庶民の生活を踏み台に、優遇税制によって作られた富裕層
第8章 巨大利権をもたらし、庶民を苦境に追い込む、欠陥だらけの消費税
 
著者情報
武田 知弘
1967年、福岡県生まれ。西南学院大学経済学部中退。ノンキャリア職員として大蔵省(現・財務省)に勤務。バブル経済崩壊前後の日本経済の現場をつぶさにみる。大蔵省退官後、出版社勤務を経てフリーライターに。ビジネスの裏側、歴史の裏側を検証した記事、書籍を多数発表 
※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。
 
 
 
※上記は、7netセブンネットショッピングホームページより「転載」
 
Σ(゚Д゚)政府もマスコミも隠蔽している真実、消費税5%アップ=10兆円、
富裕税1%導入=80兆円、アベノミクス導入で1%の層の億万長者が激増
99%の庶民は消費増税で、給料も上がらず家計は四苦八苦している。
 以下は植草一秀氏のブログからの引用、3%消費増税での深刻度の数値である。
 
 消費税率の3%引上げが、激烈な影響を日本経済に与えている。

需要項目別の実質年率成長率は以下の通りである。

家計最終消費支出   −19.2%

民間住宅投資     −35.3%

民間企業設備投資   − 9.7%

財貨・サービスの輸出 − 1.8%

個人消費、住宅投資、民間設備投資が激減した。

生産活動を支えた最大の項目は在庫品増加である。つまり、大量の売れ残りを
発生させた分だけ、生産活動は上振れしたのだが、この変化は「悪い兆候」で
ある。

在庫品の積み上がりは、次期以降の生産抑制の原因になるからだ。

消費税大増税とともに日本経済は撃墜された。

この紛れもない「真実」が明らかになった。

 以上の経済状況にかかわらずに、1%の富裕層の億万長者が激増しているの
である。現状の富裕層の標準税率を引き上げ、乃至富裕税を導入すれば、
これ以上消費増税は、必要なくなることを解き明かしている。
 
 
 
http://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックをお願いします。
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事