ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  12月24日(水) 小沢一郎代表ラジオ番組生出演のご案内
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


・番組名:TOKYO FM(FM80.0)『タイムライン』

・日 時:平成26年12月24日(水)19:00〜
     ※出演は19:10頃から25分程度
     
・内 容:圧倒的多数を占める与党にどう対峙するか等、ジャーナリスト上杉隆氏との対談。


 ※番組の詳細はこちらから 
  『タイムライン』の番組サイト 
  
http://www.tfm.co.jp/timeline/



------------
配信先アドレスの変更や配信の解除を希望される場合は、こちらから
http://www.seikatsu1.jp/community/mailmagazine

生活の党メルマガ編集部
mm-admin@seikatsu1.jp

生活の党公式ホームページ
http://www.seikatsu1.jp/
 
✇人物破壊に手を貸しての検察のでっち上げであった事件は、何の証拠もなく裁判において
無罪判決で、でっち上げであったことが確定している。1年半に及ぶ調査の過程で、大手マスコミ
ごみ売り等は検察のリーク情報をまるで、小沢氏を事件の犯罪性が確実であるがごとくに、まるで
犯人扱いの記事を1年半にわたり流し続けていた。その悪影響を、もろに受けていた.何も知らない
国民はいまだに小沢氏悪との印象から抜けきらないでいる。無罪確定後新党を創設したいるが
組織も確立しておらず。マスゴミ、ごみり等に流されていた罪人扱いの情報の影響が抜け切れ
てもいないさなか、権力と民主制をを悪用しての、何も国民の信を問うこともないにも関わらずに
権力を維持して行くに、一番都合の良い時を見計らい抜き打ち衆議院の解散、野党も戸惑うと同じ
ように、国民も戸惑い投票す政党も定まらずに、結局選挙の投票率は戦後の最低、有権者の半数が
棄権、投票した半数が組織が確立している、自公の支持者、半数は勝ち馬乗った有権者で、全有権者
の4分の1の投票、支持で自民党292の議席数の当選で、権力(立法、行政、司法)の行使が野党の反対
があっても、確実に通すことが出来ることになった。
 
 以上は、あくまでも建て前上であって、専制独裁政治の統治であればの話で、国民主権、民主主義
国家ではすんなりと統治を進めることは、民主主義の否定につながることになりかねない。
 不意打ちの選挙有権者の約半数が棄権、棄権した方が悪いとも言えなくもないが、現政権の政策を
良しとして棄権したわけではない、何のための選挙かと、自問しながらの棄権であり、権力がそれを
まるっきり無視して政策を進めることは、民主主義を否定し、専制独裁政治の始まりになることを意味
する。
 
 今進めている、安倍政権の経済政策、アベノミクスは先ずは、1%の大企業、富裕層、多国籍企業、
闇の支配者、を優先して、いずれそのおこぼれが国民に行き渡れば良しとする、新自由主義、市場
原理主義の経済政策であって、消費増税が実施されると、国民生活が失われることになる。
 ごみ売り新聞などは、生活の党が議員数を当選できなかったことで、国民生活第一と歌っていたが
自分の党の生活が失われたようである。等の記事を報道していが、政権に寄り添うて報道を続けて
いるごみ売りは、まさに自公が勝利したことは、これから国民生活第一を歌っていた生活の党が議席
すうが取れなかったことはばかりではなく、国民生活がこれから失うことをまさに物語っているのである。
 
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックをお願いします。
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事