ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2226 ・「国が全力を挙げているときに、批判するな」と言論封じ――共産党も右へならえ

2015-01-27 07:20:36 | 政治
お早うございます。
生き生き箕面通信2226(150127)をお届けします。
・「国が全力を挙げている。批判するな」と言論封じ――共産党も右へならえ
 「安倍政権が人質解放に向けて全力で取り組んでいる。この際、批判は慎むべきだ」という大政翼賛言論が恐ろしい勢いで吹き荒れはじめました。
 秀逸なのは、(あえて「秀逸」と言いますが)、共産党の志位和夫委員長です。同党の池内沙織・衆院議員がツイッターで、「安倍首相こそ言語道断」と批判しました。これに対し、志位委員長は、「政権が全力を挙げて取り組んでいる最中に、ああいう発言をするのは不適切だ」との見解を昨日1月26日の記者会見で明らかにしたのです。まさに、「右向け右」です。
 池内議員の1月25日未明のツイッターはこうです。「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない。『ゴンゴドウダン』などと壊れたテープレコーダーのように繰り返し、国の内外で生命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ言語道断、本当に悲しくやりきれない夜。眠れない」
 安倍晋三という首相は同じ25日朝のNHK日曜討論に出演し、集団的自衛権問題について質問された際、こう答えました。「この(テロ殺害事件)ように海外で邦人が危害に遭った時、自衛隊が救出できるための法整備をしっかりする」と。今回の事件を、集団的自衛権の関連法整備に政治利用しようというのです。いずれは自衛隊を海外に派遣して、当該地域で実力行使できるようにしようというのです。
 そもそも今回の事件は、安倍首相がエジプトで、「『イスラム国』という組織をつぶすために、日本は2億ドルを支援する」という趣旨を表明したことから起こったのは、ご承知の通りです。危機管理どころか、みずから危機を招き寄せておいて、それを自分の政治的野心に利用する。こういうのは、したたかとは言いません。ただ、あくどいだけです。人間の屑がやることです。
 大政翼賛発言は、新聞やテレビで溢れかえっています。NHKは最初から最後まで、「安倍首相の2億ドル支援は、人道的なもの」と、オームのように繰り返しています。個人で見ても、たとえば、青山繁晴というアベノチャボウズ(安倍の茶坊主)は、「安倍さんは正しいことをした。2億ドルは人道支援だ」と、一生懸命にカバーしています。
 民主党の細野豪志氏も、「こうした案件は与党も、野党もない。一致して支える」と、大政翼賛方式です。安倍という男が原因を作ったことに一言の言及もない。細野という男はもう少し芯のある人間と思っていましたが、買いかぶりでした。代表選のときに野党再編論を自己規制したあたりから、見損なわれる男に変身してしまったようです。
 その点、小沢一郎氏ははっきりしています。小沢氏は、「生活の党と山本太郎となかまたち」党の代表として同じ日曜討論に出演し、司会の島田敏男・NHK解説委員の質問にこう答えました。「安倍さんはあっち(中東)まで行き、宣戦布告とも言えるような話をした。『日本も敵』と受け取られてもしょうがない」と、きちんと安倍批判を展開しました。
 残念なのは、現在の日本の言論空間では、こうしたまっとうな言論がきちんと受け止められず、大政翼賛言論ばかりが大手を振ってまかり通ることです。多くの国民が依然として、なんとなく主流のように感じられる空気の言論に流されることです。
 好戦的な安倍政権、国民を言論封圧する安倍政権、格差を助長する安倍政権を支持し続けているのは、ほかならぬ日本国民です。どこまで落ちぶれれば、「まっとうな日本人」としてのバネが利くのでしょうか。
 
 
 
※生き生き箕の面通信ブログより「転載」
 
 
✇真実は、テロに関しては、日本が決定できないのである。
すべてアメリカの指令に従って,対応ているに過ぎない。
 アメリカはテロの要求の身の代金は,政府も個人も要求通り
支払うことが禁じられれている。
 それに日本も従っているのが、安倍政権である。そのようなことは、
マスコミなども報道するはずもない、野党の政治家などもわかってい
るだろうが、知らんぷりしているのである。その点では、小沢代表
はさらりと安倍首相を批判していることは政治家として立派である。
 独立国は支払い人質を球出している国等はあるようだが。
 そのような意味において、日本は完全な独立国とは言えないようで
ある。
 
 
 
https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
 にクリックお願いします。
 独立国は

  • 私が一番先に確認したのは『毎日新聞』の報道。今日は時事通信が配信しています。
    【以下、時事通信から引用】
    共産党の池内沙織衆議院議員が、過激組織『イスラム国』によるとみられる日本人人質事件に絡み、安倍晋三首相への批判をツイッターに掲載、その後、削除していたことが26日わかった。これに関し、志位和夫委員長は26日の記者会見で『政府が全力で取り組んでいるさなかに不適切だ』と苦言を呈した。池内議員は24日、首相が事件について『言語道断』などと非難したのを念頭に、『「ゴンゴドウダン」などと、壊れたテープレコーダーのように繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権』などと書き込んだ。しかし、このツイッターを批判する投稿が相次ぎ25日、『今の時期に不適切だと考え削除しました。お詫びいたします』と一転陳謝した。

    [ 護憲・反原発ブル/小牧&丸木寿人 ]

    2015/1/27(火) 午前 11:04

  • 顔アイコン

    これを機会に大きい視点で、中東の紛争の解決先まで発展して解決できないものか。外交のスキルによれば糸口オガ見つかるかもしれない。敵も見方も戦争は嫌っているのだ。報復が報復を助長するから、エンドレスの戦いになる。これで水に流そうではないかと、日本流のやりかたが通用する時かもしれん。

    [ tas ]

    2015/1/27(火) 午前 11:26

  • 顔アイコン

    > 護憲・反原発ブル/小牧&丸木寿人さん、アメリカはテロとの戦いを、戦争ビジネスとしている点である。そういうことになれば、
    テロが続くことを肯定しているようでもある。と考えることができる。安倍政権はいずれにしても、アメリカの意向を受けて動いている
    と言わざるを得ない状況化であることは、ほぼ確実である。

    roo*6ak*o

    2015/1/27(火) 午後 2:19

  • 顔アイコン

    > tasさん、アメリカは歯向かう、テロ集団の壊滅を志向していると
    同時に、戦争が何時もどこかで起こっていることをも志向している。
    なぜかといえば、アメリカは今や製造業は自国では成り立たなくなり、また金融ビジネスもままならず、軍事産業で保っているようになっている。そういうことは世界のどこかで紛争(戦争)が起こっていることが望ましい。そういう意味でテロは、壊滅と肯定の両面があるようでもある。

    roo*6ak*o

    2015/1/27(火) 午後 2:27

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事