ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

逝きし世の面影



テロ劇場とマスメディアの責任


2015年01月27日 | 政治



=== 『国家権力べったりの体制順応型口先男が「不都合な真実」を語る時』 余計に恐怖が募るりにも時の政権に近すぎる政治記者として有名な毎日新聞の山田孝男の26日木曜日コラム風知草『テロ劇機とメディア』の出来上がりが何とも素晴らしいので驚いた。コラムで山田孝男は先ず最初に、『ネット上の衝撃映像をマスコミが繰り返し再生すれば、世間は動揺する。それを見越したイスラム過激派の悪達者に舌を巻く。記者の端くれとして、利用されている構造を自覚しないわけにはいかない。』と主張するが全くその通り。今回の山田孝男ですが、一番大事な核心部分を突いている。今の日本のマスメディアですが、故意か過失かは不明だが)全員で凶悪なテロ組織である『イスラム国』の大宣伝を行っているのであ。
自称『カイロ大学に留学していた』ので政界屈指のアラブ通との小池百合子元防衛大臣(8党を渡り歩い風見鶏)は『イスラム国って言葉、 私は使わない。国だという彼らの言い分を、こちらからわざわざ認ることは無いでしょ?』と何とも当たり前の指摘をしている。日本のマスコミでは全員が横並びで『イスラム国』だが、英語マスコミでは昨年6月以前の『ISIS』か『ISIL』の略称のままである。アラビア語圏でも去年6月以前の略称のままであり日本のように『イスラム国』と呼ぶところは無い。ブッュ大統領の始めた破滅的で意味不明な『対テロ戦争』の出発点となった9・11事件を『同時多発テロ』とマスコミ全員で呼ぶのも日本だけの例外)『ソ連崩壊を予測した人口学者エマニュエル・トッドを袋叩きにするフランス』

=== フランスを代表する知性であるエマニュエル・トッド (Emmanuel Todd, 63歳) はソ連の崩壊だけ無く、2002年『帝国以後』 で世界帝国アメリカの崩壊を予測したことでも知られる。パリの新聞社襲撃などで十数人が死亡し、フランスではナチス・ドイツからの解放の1945年のデモ以来の360万人の大規模なデモに対して、パリ在住のエマニュエル・トッドが1月12日付け読売新聞で、『今回の事態にフランスはひどく動揺し、極めて感情的になっている。』『フランスが今回の事態に対処したいのであれば、社会の構造的問題を直視すべきだ。北アフリカ系移民の二世、三世の多くが社会に絶望し、野獣と化すのは何故なのか。』外国人ではなく、『今回のテロはフランスで生まれ、育ったフランス人によって起こされた』。『テロには背景があり、週刊紙側にも問題はある』 ときわめて冷静・公平に、反イスラムで熱狂するフランスを批判した後、最後に、『フランスでは発言すれば袋叩きにあうだろう。だからフランスでは取材に応じない。』 『一人ぼっちの気分だ。』との言葉でエマニュエル・トッドは談話を締めくくっている。
フランスでは移民排斥の極右国民戦線が直近の選挙では第一党に躍り出たが、経済停滞で失業率10%のフランスでは、イスラム系移民の子孫の比率も同じ10%なので全員を追放すれば自働的に失業率がゼロになるとの暴論が支持されているのである。現職のオランド大統領よりも極右のルペン党首の人気のほうが遥かに高いので、現在大統領選があればルペン大統領が誕生する可能性が有るのですから恐ろしい。
『なんと、「新たな挑発に出たフランス各紙」、と結論する山田孝男(毎日新聞)』筆がすべっただけなのか。?本音が思わず出たのか。?山田孝男(毎日新聞)のコラム記事が秀逸なのは最後の結論として、『フランス各紙は、風刺画を転載、襲われた週間紙は700万部に増刷、新たな挑発に出た。』と、記事に書いているのです。なんとも驚いたが、これでは『お前たち全員が間違っている』(今までが間違っていた)とのオルタナティブな左翼護憲派の政治ブログを標榜する、この『逝きし世の面影』ブログと同じ見解である。『挑戦に出た。』なら色々な解釈が出来るが、一字違いで大違い。コラムで山田孝男は『フランス各紙は・・・新たな挑発に出た。』と断定?しているのですから風刺画が差別絵画であると認定して、『シャルリ・エブドは糞、差別的で下劣なヘイト』だと判断していることになる。毎日新聞(山田孝男)は明確に安倍晋三とか欧米の反イスラムの対テロ戦争に反旗を翻したのか。(日本国内でフランスの反イスラム風刺画が挑発だと、正しく主張しているのは多分山田孝男のこの記事だけ)===

『志位和夫よりも左翼的な御用経済学者の池田信夫なんて、・・・』


=== 絶対に『あり得ない』椿事が進行する日本国の不思議。 共産党機関紙赤旗が近代経済学のトマ・ピケティの『21世紀の資本』を取上げて色々と解説しているのですが・・・内容的に見ると悪魔の碾き臼新自由主義の天まで持ち上げトリクルダウン理論を疑うことなく信じていた能天気な右翼御用経済学者の池田信夫と判断が同じなのです。と言うか、池田信夫の方が共産党委員長志位和夫(赤旗)よりも左翼的に見えるから驚いたが、良く考えたら古き良き権威と伝統の権化であるローマ法王とか天皇が左翼に見え、に汚い典型的な保守政治家の亀井静香とか小沢一郎が極左や左翼の救世主に見えるのです。それなら今回池田信夫が左翼経済学者に見えても少しも不思議でない。

この トマ・ピケティの著書『21世紀の資本』は現在、『マルクスの資本論の正しさが実証された !』とか、『資本主義社会の構造とその未来予測に言及した』とか、何とも仰々しい宣伝文句でベストセラーになっているらしいのである。
ピケティ自身はマルクスの『資本論』とは無関係で、ただ、世界20ヶ国の税務統計を過去200年以上わたって集計・分析、最新データを駆使した最終結果が、150年前のマルクスの『資本主義の構造分析とその未来予測』と同じ結論になったとしている。
ピケティ理論を一言でいうと『資本主義では金持ちがより金持ちになり、貧乏人との格差が拡大する』ので『制度的に最後には破綻する』重大な欠陥がある経済制度であることを論理的に証明しているのです。(その程度は日本人なら中学生でも知っている)

『真逆だった池田信夫(浜田宏一)の正論』


=== 去年4月の消費税8%増税によって発生したGDPショックによって、安倍晋三首相が解散・総選挙を11月18日に発表され、12月14日に投票されると決まる。総選挙の一番大事な時に、池田信夫はアベノミクスの生みの親で安倍晋三首相の経済ブレーンである浜田宏一エール大学名誉教授と共に海外のマスコミに『アベノミクスはネズミ講である』と発表する。自民党(安倍晋三)は御名御璽。無条件降伏しか道が無い。完璧に終わっているのである。ロイター記事と衆議院解散が同じ日付けなのは偶然では無く、浜田宏一らの企てた宮廷クーデターを察知した安倍自民党がバンザイ突撃『自爆解散』を行ったのである。
浜田内閣官房参与の『アベノミクスはネズミ講』とのロイター通信2014年11月18日付け記事に続き、翌日の11月19日(水)にはニューズウィーク日本版で池田信夫の『財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか』との長文の記事を掲載する。
ニューズウィークの池田信夫の記事が長すぎるのとf完成度高すぎることからロイターの浜田宏一を見てから書かれたものでは無くて、時間的に同時か、あるいは逆に池田論文の方が早い可能性まで有る摩訶不思議な展開なのです。N ===

『まさか・・・そんなことが・・・』


安倍晋三の経済ブレーンである浜田宏一参与にしろ、新自由主義命の池田信夫にしろ『アベノミクスはネズミ講』は今までの自説ではない。180度コペルニクス的に真逆の主張である。そのためか、日本国のマスメディアでは共産党機関紙赤旗を含め全てのメディアが浜田や池田信夫の『アベノミクスはネズミ講』を無視して報道しなかった。結果的にネズミ講のアベノミクスを『この道しかない』とのスローガンの安倍晋三(自民党公明党)が総選挙で3分の2の議席を獲得するが、無茶苦茶。日本国のマスコミですがオールジャパンの『挙国一致』で極右の安倍自民党をアシストして、無理やり勝たしていたのであ。与党3分の2超の最大の功労者は、落ちこぼれ馬鹿た大学出の安倍晋三ではない。高偏差値の知的エリートのマスメディアや志位和夫(赤旗)のサボタージュの結果なのである。共産党(赤旗)が『アベノミクスはネズミ講』である事実を正しく報じていたなら、去年12月14日総選挙の結果が大きく違っていたことは疑いない事実である。(少なくとも赤旗読者とか共産党の議席は倍増しているタブーを恐れた他のマスコミが報じないとは、本来なら赤旗(共産党)にとって一番美味しい事柄なのです。(他と違うほど『一人勝』が出来る)真剣勝負に見える去年12月14日総選挙ですが、基本的に八百長試合であり、何と病的に極限まで右傾化した我が日本国では共産党(赤旗)が穏健保守であり池田信夫が左翼だったとは到底笑い話にもならない馬鹿話。(本来の『真逆』の読みは『まさか』であるが今のニホン国は誰もが『まぎゃく』としか読まない。ほんの短い間に世の中の常識が大きく変化してしまったのである)




  • 顔アイコン

    シャルリ・エブドに載ったモハメッドのイラストのうち、一番ショッキングな物をブログで公開しています。よかったら見に来て下さい。 また、他の記事では、各国首脳がパリでのデモに参加したと言うのは嘘だったという事を証拠写真をあげて示しています。海外では幾つかのメディアが報道しています。

    [ yan_yan ]

    2015/2/1(日) 午前 4:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > yan_yanさん、民主主義はは世論を形成して、うまく国民を治めることを旨としている。したがってそこでいかに国民をある程度欺かの
    情報が展開する。したがって、民主主義社会であっても安心してはいられない。国民はよりよく知識を身に着けて見破ることを養わなければなければならないのです。

    roo*6ak*o

    2015/2/1(日) 午前 11:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事