ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

自衛隊の海外派兵と武力行使を容認させる内閣世論調査に欠落している視点は9条を活かすだ!

2015-03-08 11:07:35 | 集団的自衛権
「愛国者の邪論」記事、2001件目に入ります!
お読みいただき感謝申し上げます!
グログ始めました! (2011-12-23 22:43:33 | 日記)
これからも憲法を活かす論戦に挑みます!
トリックを使わなければならないほど矛盾が噴き出してきた自衛隊政策!
侵略戦争で自衛官を殺人者・戦死者に仕向けるための偽装・偽造世論調査だ!
自衛隊の海外武力行使をゴマカシ正当化する世論調査浮き彫りだ!
憲法9条を使えば、悉く解決できる問題ばかりなのに、いっさい黙殺している!
憲法を活かす政権と政治こそ、今広めなければならない視点だ!
 
テーマに、その政治的立ち位置が浮き彫りになっているぞ!
NHK 自衛隊 「増強したほうがよい」が30%  3月7日 17時35分http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150307/k10010007371000.html
k10010007371_201503071809_201503071809.mp4
内閣府が行った世論調査で、自衛隊を増強したほうがよいと思うか聞いたところ、「今の程度でよい」と答えた人が59%で最も多かった一方、「増強したほうがよい」と答えた人は30%で、調査を開始した昭和44年以降で最も高くなりました。
内閣府は、自衛隊や防衛問題をテーマにした世論調査を、ことし1月、全国20歳以上の3000人を対象に面接方式で実施し、56%に当たる1680人から回答を得ました。
それによりますと、日本と周辺国の兵力の概要を示したうえで、自衛隊を増強したほうがよいと思うか聞いたところ、「今の程度でよい」が59%で最も多く、「増強したほうがよい」が30%、「縮小したほうがよい」が5%でした。
このうち「増強したほうがよい」と答えた人は、前回3年前の調査より5ポイント高く、調査を開始した昭和44年以降で最も高くなりました。
また、自衛隊は今後どのような面に力を入れていったらよいと思うか複数回答で尋ねたところ、▽「災害派遣」が72%で最も高く、次いで▽国の安全の確保が70%、▽国内の治安維持が49%、▽際平和協力活動への取り組が36%などとなりました。
防衛省はテロなど国際情勢の緊張の高まりや、国内外の災害現場での活動が評価され、自衛隊に対する理解は深まっているのではないか。この結果を今後の活動などに生かしていきたい」としています。(引用ここまで
 
愛国者の邪論 「テロなど国際情勢の緊張の高まりや、国内外の災害現場での活動」ということですが、自衛隊を使わなければならない事態をつくっていることを、どこも指摘していません。一つは、「国際情勢の緊張の高まり」については、憲法9条を活かした外交政策の形骸化が問題です。このことを黙殺しています。二つは、「国内外の災害現場」についても、「災害に対応できる、強いまちづくり」を怠ってきたことは黙殺です。これも「災害救助隊」を編成すれば、全く問題なしです。何故このような思考回路を切ってしまうか。自衛隊を使うと言うことしか想定していないからです。ここに最大の問題があります。防衛省を登場させるNHKの報道姿勢が浮き彫りになります。
 
「日本と周辺国の兵力の概要を示したうえで」ということですが、ここに憲法9条をないがしろにする安倍政権・戦後自民党政権の政治姿勢が浮き彫りです。更に言えば、NHKをはじめとしたマスコミが自民党政権を応援してきたことの結果が浮き彫りになります。憲法9条は、国家による戦争・武力行使・武力による威嚇=軍事抑止力は永久に放棄することは国際公約だったのです。これを「脅威」を口実に、歯止めを外してきた結果が、今日の事態を創りだしていることを肝に銘ずるべきです。
 
 
産経 自衛隊に「好印象」92%で過去最高 2015.3.7 17:37更新http://www.sankei.com/politics/news/150307/plt1503070014-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/150307/plt1503070014-n1.jpg2014年10月、航空自衛隊百里基地で行われた航空観閲式に出席した安倍首相(手前)
内閣府が7日発表した「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」で、自衛隊に好印象を持つ回答が92・2%に達し、昭和44年の調査開始以来、過去最高となった。東日本大震災での献身的な救援活動などで、存在が改めて評価された前回調査(平成24年1月)の91・7%をさらに上回った。
自衛隊の印象について「良い」は41・4%で、「どちらかといえば良い」(50・8%)と合わせると92・2%が好印象を持っていることが判明。「どちらかといえば悪い」「悪い」は計4・8%にすぎなかった
自衛隊の存在目的では災害派遣が81・9%と最も高く、今回初めて質問項目となった「(島嶼(とうしょ)部防衛など)国の安全確保」が74・3%で続いた。国内の治安維持は52・8%、国際平和協力活動への取り組みは42・1%だった。背景には、75・5%の人が日本が戦争に巻き込まれる危険性を感じており、中国の軍事的脅威を挙げる人も14・5ポイント増の60・5%に急増していることなどがありそうだ。
日本が外国に侵略された場合の対応では、「何らかの方法で自衛隊を支援」(56・8%)、「武力によらない抵抗」(19・5%)、「自衛隊に参加して戦う」(6・8%)と続いた。また、国を守る意識を高めるため、教育現場で取り上げるべきだとする回答は72・3%に上った。
調査は1月8〜18日に全国の成人男女3000人を対象に個別面接方式で実施した。有効回収率は56%で、昭和44年から3年ごとに行っている。(引用ここまで
愛国者の邪論 「自衛隊に好印象を持つ」最大の理由は、「東日本大震災での献身的な救援活動」であって、武力行使をする自衛隊ではないということです。産経は、このことをゴマカシています。「『どちらかといえば悪い』『悪い』は計4・8%にすぎなかった」というのは、自衛隊の「不祥事」をもみ消しているマスメディアの実態を反映したものです。この「不祥事」が、一般の国家公務員や公務員、教員の「不祥事」と同じように報道されていたら、もっと違ったものになることは明らかです。政府のメディアコントロールが成功しているということを改めて証明したと言うことです。このことを指摘するテレビも新聞も論者もいません!ここに日本の民主主義の実態が浮き彫りになります。
国民が自衛隊に求めているのは「自衛隊の存在目的では災害派遣が81・9%と最も高く」とあるように、「非軍事」的「役割」「存在」です。このことを産経は意味づけていません。このことを指摘するマスメディアはいません。スリカエ・ゴマカシ・デタラメ・大ウソの実態が浮き彫りになります。
「『島嶼(とうしょ)部防衛など)国の安全確保』が74・3%」ということですが、これも、国境紛争は隣国との「対話と交流」で解決できる問題であることを覆い隠しています。中韓朝露との「対話と交流」をどのように展開しているか。しかも、これらはいずれも日本の近代史における膨張主義・侵略主義政策と無縁ではありません。この歴史と向き合う中でしか解決できない問題です。サンフランシスコ条約の評価の問題です。このことと憲法9条の平和主義を使って、近隣諸国との「対話と交流」をとおして、如何に友好と連帯を構築するか、このことを国民に提起していないことが、最大の問題です。
戦争が、如何にムダなことであるか、それは今日の未解決の事態を見れば明らかです。加害国と被害国の政府のレベルと民衆のレベルは区別しなければなりません。更に言えば、ナショナリズムを煽る輩のレベルも問題にしなければなりません。圧倒的多数の民衆が、武力による解決を望んでいないことは明らかです。非暴力・非軍事的手段による解決こそ、国民・民衆が望んでいることは明らかです。しかし、このことを引き出す世論調査は一貫して行われていません。ここに最大のゴマカシ・スリカエ・デタラメ・ウソがあります。
そもそも、「『島嶼(とうしょ)部防衛など)国の安全確保」問題を「自衛隊」で解決できるでしょうか。産経や政府の言い分をそのまま使えば、「竹島」を占領されているのに、何故自衛隊を使わないのでしょうか。国民に、このことを問わないのは何故でしょうか!また「北方領土」を「占拠」しているロシアを自衛隊を使って排除しないのでしょうか。自衛隊活用派は、このことをゴマカシています。このことをスリカエています。
対話と交流を曖昧にしておいて、自衛隊の海外派兵を正当化するための世論調査など、止めるべきです。国民も、このことを批判すべきです。この問題を解決できるのは、政治の問題です。小笠原サンゴ問題を視れば、政治の課題であることは明らかです。その政治が何をするか。両国の警察権の承認と互いの警備強化を図れば解決できる問題です。自衛隊などという軍事力ではなく、警察力で解決できることを世論調査で示していくべきことです。しかし、こうした世論調査は絶対にやらないでしょう。何故ならば、自衛隊の自己否定になるからです。
しかし、それにしても、内閣の世論調査を、よくよく見れば、実は、軍事優先の解決方法、安全保障政策の誤りが浮き彫りになってしまっているのです。そのことは、「日本が外国に侵略された場合の対応」という全くあり得ない設問項目を未だに掲載していることです。何故、このことが問題か。
それは一つは、今や、『侵略』行為は国際法違反です。こうした国際的到達点を無視した煽動世論調査です。
二つは、日本を侵略する国の「正当な理由」は何でしょうか。日本を侵略することで侵略国は日本から何を得るというのでしょうか。
三つは、万歩譲って侵略するとした場合、どんな方法で侵略してくると言うのでしょうか。どれくらいの軍事力を使って侵略してくるというのでしょうか。
四つは、侵略する国が侵略するためにどのような準備をしているか、全く情報がないと言うのでしょうか。あり得ないことです。それまで、日本政府は何もしないのでしょうか。これほどの無策を暴露したことはありません!自衛隊を使う前のあらゆる手段を使った努力がいっさい黙殺されているのです。これほどの大ウソのトリックも珍しいということです。
五つは、日常的に、憲法9条を使った外交政策を実行していない、駆使していない政府の無策を自ら示したものです。国際紛争を解決する手段として非軍事的手段を使うと言うことは国際公約ですが、公約違反です。このことを黙殺した世論調査であることを批判されなければなりません。しかし、このことを批判する新聞・テレビはありません。ここに致命的退廃があります。
読売「自衛隊に良い印象」92%、過去最高を更新2015年03月08日 08時59分 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150307-OYT1T50143.html?from=ycont_top_txt
内閣府は7日、「自衛隊・防衛問題」に関する世論調査の結果を発表した。自衛隊について「良い印象を持っている」との答えが92・2%に上り、前回2012年調査(91・7%)に続いて過去最高を更新した。安全保障環境の悪化による意識の高まりや、災害時の救助活動の評価などが背景にあるとみられる日本の平和と安全を巡る関心事(複数回答)を尋ねたところ、「中国の軍事力の近代化や海洋活動」(60・5%)が最も多く、「朝鮮半島情勢」(52・7%)、「国際テロ組織の活動」(42・6%)が続いた。
一方で、自衛隊の体制について「今の程度でよい」が59・2%に上る一方、「増強した方がよい」は過去最高の29・9%だった。自衛隊が今後力を入れるべき分野(複数回答)を尋ねたところ、「災害派遣」(72・3%)、「国の安全確保」(69・9%)、「国内の治安維持」(48・8%)の順だった。
調査は1969年からほぼ3年に1回行われ、今回は1月8〜18日に3000人を対象にし、1680人(56%)が回答した。2015年03月08日 08時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun(引用ここまで
愛国者の邪論 安全保障環境の悪化による意識の高まりや、災害時の救助活動の評価などが背景にあるとみられる」などと書いていますが、「中国の軍事力の近代化や海洋活動」「朝鮮半島情勢」という名の北朝鮮問題と韓国問題、「国際テロ組織の活動」などの「脅威」を煽る新聞・テレビによる日常的な報道、「脅威」を放置している政府を批判しない新聞・テレビの姿勢が反映していますが、そのことをゴマカシています。この手口は、日本の政治に一貫しています。国民も、この手口を批判すべきです。
それにしても、自衛隊の体制について「今の程度でよい」がトップであり、その活動は「災害派遣」がトップなのです。国民が何を求めているか、浮き彫りになります。「国の安全確保」という項目も、曖昧です。「安全確保」のために「軍事力」に依存することを国民が望んでいるのでしょうか。軍事力ではなく「非軍事の対話と交流」による「安全確保」という項目を設定していないところに最大のゴマカシ・スリカエ・デタラメ・大ウソがあります。
そもそも、「国内の安全確保」をいうのであれば、災害に強いまちづくり、国民の貧困、高齢者対策、子どもの貧困と「いじめ」「不登校」「ワーキングプア」などについて、目を向けるべきですが、このこともいっさい不問です。安倍首相は国民の命と安全・安心・財産を切れ目なく守ると言っていますが、軍事力行使のためのデマ・スリカエです。このことをマスコミは一貫として追及していません!
 
毎日 内閣府世論調査:「自衛隊増強を」29.9% 5ポイント増、過去最高
内閣府は7日、「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」の結果を発表した。それによると、国連平和維持活動(PKO)や国際緊急援助活動などについて「現状の取り組みを維持すべきだ」との回答が2012年の前回調査より4・1ポイント増え、65・4%に達した。「これまで以上に積極的に取り組むべきだ」は同2・2ポイント減の25・9%だった。自衛隊の体制は「今の程度でよい」が... 続きを読む引用ここまで 

※愛国者の邪論3月8日ブログより「転載」

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
にクリックお願いします。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事