ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2392 ・今週が天下分け目の関が原――安倍首相を追い落とす潮目の週としたい

2015-07-12 09:22:22 | 政治
おはようございます。
生き生き箕面通信2392(150712)をお届けします。
・今週が天下分け目の関が原――安倍首相を追い落とす潮目の週としたい
 「週を開ければ、重大局面を迎える」と二階俊博総務会長。「決める時は決める」と安倍首相。いよいよ今週15日(水)に衆院委で強行採決。翌16日に衆院本会議で強行採択。参院へ送付。参院で採択されなくても、60日後には衆院で再度採決し、ついに戦争法案が成立。そんあ段取りが具体的に動き出す週です。
 日本は晴れて世界どこへでも出かけて戦争ができるようになります。とくにアメリカが「あっちへ行ってくれ。こっちで戦ってくれ」と言ってくると、「ようがす。あっしが行って叩きのめしてやりやしょう」と安倍チン。何の成算もないくせに、威勢だけはいい。肩をそびやかして、ドヤ顔をして見せる。決して見たくない顔を。
 安倍政権の根幹にあるのは、「公益および公の秩序を最優先する社会」といえます。事実、安倍首相が最終的に改定しようと狙う自民党の憲法法案には、いたるところに「公益および公の秩序を害しない限り」という但し書きが潜り込ませてあります。
 だから、都合の悪いことはすべて「公益および公の秩序に害する」という口実をつけて葬り去ることができるのです。
 つまり、安倍晋三という男がめざす理想国家像は、国家が個人の行動を規制できる統治機構です。総理大臣が全権を振るえる統治機構です。具体的には、天皇が全権を有する形だった「明治憲法体制」です。
 今週半ばの安保法制で、憲法9条を完全に形骸化し、神棚のお飾りししてしまいます。すでに特定秘密保護法も実際に動き出しています。安倍応援団の若い国会議員は、「言論の自由、報道の自由」を制限しようと本気で考えています。
 安倍首相の周りには知性に欠ける人間があまりにも多すぎる。日本人は稲作を中心として自然を尊重し自然とともに生きてきた日本人の精神を根底から壊す窮迫不正の危険が迫っています。
 民主党をはじめ野党の議員には、強行採決の場から全員が退席する手段を行使してでも阻止していただきたい。「審議には参加する」などと、形式的な民主主義を振り回していては、日本を危機に追いやるだけです。今回だけは、普段は出来ない奇手もやむを得ないのではないでしょうか。ともかく戦争法案の成立を阻止して、安倍政権の流れの潮目を変えたいものです。

🔣コメント、政治権力行使の政治家の野心や野望、驕りを阻止しなければならない。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
_(._.)_(^_-)-☆にクリックよろしく、お願いします。

  • 顔アイコン

    千人の憲法学者の意見より一つの最高裁の判決(法の最高権威)が合法的に最も権威あると言ううことだ。その最高裁の判決に異議あるとする人(那須氏・・)と政府側専門家と国民の面前での国会で討論をする機会を設ける事である。そして、砂川裁判の判決文を一字一句を分析して、その内容に着き、双方の見解に付き論理的に議論をし、最後は採決することだ。
    関西TVの昨日のプライマリ・ニュースでの討論を見る限り政府案(高村)が憲法の主旨に従った合憲であると強く感じた。感情的主観を入れず、クールに国民は判断すべきだ。
    これ以上の、井戸端的にマスコミを介しての負け犬の遠吠えは止めたがよい。時間と金の無駄ごとだ。
    憲法判断を多数決で決る陪審程度に軽く見ている極低レベルのマスコミには全く呆れた。飽く迄、憲法の原点から、職務として義務と責任のある専門職(最高裁)が決めるべきである。最高裁は、従来の憲法では判断しがたいグレー部を、憲法の基本から解釈し、判断する機関である。砂川判決では、主権在民の政府と国会に委ねたのだ。憲法学者でも、赤旗上げてデモしている連中に委ねたのではない。

    [ tas ]

    2015/7/12(日) 午後 1:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事