ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2426 ・戦後70年の検証⑨ 全編を貫くたぶらかしの安倍談話

2015-08-15 09:02:33 | 政治
おはようございます。
生き生き箕面通信2426(150815)をお届けします。
・戦後70年の検証⑨ 全編を貫くたぶらかしの安倍談話
 今回の安倍談話の本音を要約すれば、「皆さんの望む言葉は全部入れましたよ。だけど、私はそれとは関係なく“戦争法案”をやりますよ。謝罪は今回もしませんでしたが、今後もしませんよ」ということになりましょうか。なにしろこの男、言うことは、「耳触りのいい言葉を連ねるが、やることはそれとはまったく逆だよ」と、現行不一致の名人です。
 ただ一か所、言行一致の文言があります。「子ども達に謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」というくだりです。自分が謝罪したくないのを、「子どもたちに謝罪の宿命を背負わせてはならない」と、見事にすりかえました 。
 驚くことに、安倍談話は、「無責任の体系」で貫かれています。本文中に「責任」の文字が使われているのは、次の3か所です。「過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります」「アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります」「核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります」。ここで使われる「責任」は、どの国のどの指導者でも当たり前のことで、言わずもがなのことです。
 安倍談話で明らかにしなければならない「責任」は、ずばり「戦争責任」のはずです。ところが、為政者の戦争責任に関連するくだりは実に巧妙に避けています。たしかに、多くの言葉を費やして過去の戦争に触れました。多くの人を犠牲にし、傷つけたことを認めた言葉もあります。しかし、そこからは、まるで他人ごとのようなニュアンスがたちのぼってき、とても反省とお詫び、あるいは「真面目な責任」というものは感じられません。
 戦時中の軍部主導体制が天皇を含め、丸山真男がいうところの「無責任の体系」でしたが、安倍談話も見事に「無責任の体系」で貫かれています。
  前半の部分に、「満州事変、そして国際連盟からの脱退」と、先の大戦の経過に触れた個所がありますが、その後はいきなり、「そして七十年前。日本は、敗戦しました」と、羅列するだけです。戦争責任への言及は一切なし。あるのは、「国内外にたおれた すべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます」という、得意のフレーズです。こういっては、犠牲になった人々に失礼になるかもしれませんが、お涙ちょうだいの噴飯ものなのです。
 自分の祖父、岸信介氏は、満州事変の起きたその満州で植民地経営の責任者であり、地元の人々を搾取する当事者だったのです。
 後半では、やたら上から目線のお説教調が目立ちます。「私たちは、心に留めなければなりません」「私たちは、思いを致さなければなりません」などです。
 締めの部分では、「『積極的平和主義』の旗を高く掲げ世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」と、“崇高な決意”をしてみせました。足元の国会では、戦争法案の成立に余念がないにもかかわらずです。言ってることとやることがどんなに食い違っていても平気です。カエルの面にしょんべんなのです。
 朝日新聞は本日の社説で、「何のために出したのか」と問いました。分かり切ったことです。アベの、アベによる、アベのための談話。つまり自己満足だけのための談話にすぎない。全編、たぶらかしの談話。戦後70年の総括と検証をすべきはずのものなのに、こんなくだらないものならわざわざ出す意味は全くありませんよね。



ttp://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
 にクリック☆\(^o^)/お願いします。
 

  • 顔アイコン

    今の戦争はテロ・ゲリラは別として、本格的戦争は嘗ての戦争と全く趣が違い、戦争が始まる前に既に勝負は決まる。即ち情報、抑止力こそが勝負なのだ。過去の戦争など全く参考にはならない。死者の弔いも幾ら長くても50回忌までで、先祖は過去を乗り越え、次世代に向けて子孫の繁栄を願っている。
    歴史の局部を拡大して見ることは、未来思考を誤って判断する結果となり大変危険な作業である。
    即ち歴史はグローバルに世界の時間的流れの中で、今の自分を客観的に見てこそ未来を正しく判断できる。即ち、二次大戦を局部的に見るのではなく、大きく人類の歴史を世界史的観点か見ることである。二次大戦は、世界的に実に大きい犠牲を払った。その結果、よし悪しは別として、列強国の弱小国に対する支配、即ち植民地政策の解放戦争であったと言える。その結果はアジヤ諸国の独立を動機付けた、その世界史的意義は実に大きい。問題はこれを次世代に向けて、世界の中の日本として、過去の歴史を噛みしめ、未来の進路を、衆知を集めながら最重要課題の解決に向け人類の繁栄に貢献していくべきである。

    [ tas**ino ]

    2015/8/15(土) 午前 10:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事