ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

                                   http://img.7netshopping.jp/bks/images/b1/1106568561.jpg


本の内容
アベノミクスでは日本経済は復活できない!?グローバル化が進む現代資本主義社会において、最も恐るべき存在である「新自由主義」の正体を、米国・韓国での失敗を検証しつつ、徹底的に批判する。

目次
序章 なぜ日本の経済は成長しないのか
第1章 米国を対外債務国に転落させ、富を略奪する手口
第2章 新自由主義を拒絶するヨーロッパ
第3章 韓国はなぜ貧困化したのか
第4章 亡国の異次元緩和
第5章 基礎的財政収支均衡目標はデフレへの道
第6章 国を誤る五つの「破壊」
第7章 日本を安定成長に導いた成功モデル
第8章 米国はこうして危機を脱した
第9章 食料安保の確立を急げ
第10章 21世紀を生きぬく国家観
終章 内需拡大こそ最大の財政再建策だ

著者情報
菊池 英博
経済アナリスト、日本金融財政研究所所長。1936年生まれ、東京都出身。59年東京大学教養学部卒業後、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。国際投融資の企画と推進、銀行経営に従事。ニューヨーク支店外国為替課、ミラノ支店長、豪州東京銀行取締役頭取などを歴任。95年文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部教授。2007年より現職
 
※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。

※7neセブンネットホームページより「転載」



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
_(._.)_(^_-)-☆にクリックよろしく、お願いします。

  • 顔アイコン

    中国も今度のような曲がり角を曲がり、遠からず一段と低金利の(ということは低成長の)社会へと進んでいくことでしょう。投資先を失った資金は中国からも湧きだして来ることでしょう。
    その時、熟し切った崖っぷちの資本主義のマネタリズムも、政経不一致ゆえにいびつに熟した中国も、自己崩壊するのだと思います。
    黒田日銀の異次元金融緩和はじめ、アベちゃんの軽挙妄動でどうにかなるような話ではないでしょう。

    [ 山のmochi ]

    2015/9/2(水) 午後 10:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事