ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


                   植草一秀の『知られざる真実』」

                             2015/10/11

  【オールジャパン平和と共生】総決起集会詳細と宣言

               第1265号
 
   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2015101109091629158
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-29782.epub
────────────────────────────────────


10月8日に憲政記念館大ホールで開催された

【オールジャパン:平和と共生】=AJPaC

https://www.alljapan25.com/

総決起集会

について、政治評論家の板垣英憲氏がブログに記事を掲載下さるとともに、動
画映像を公開くださった。

「オールジャパン平和と共生」が「独裁的政治」に反対し
「安倍晋三政権打倒」を訴えて「総決起集会」(動画)

http://goo.gl/d2Gk1j

動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=jC8YI9v4S2Q

500名収容の会場に770名を超す主権者が参集したため、

受付のボランティアに参加下さった方も集会の声すら聴くことができなったと
伺っている。

2時間10分に及んだ総決起集会の全篇を板垣氏がインターネット上に公開く
ださったので、ぜひ、ご高覧賜りたい。

また、祐児三輪さまも全篇の動画映像を配信くださっている。

20151008 UPLAN AJPCオールジャパン:平和と共生決起大会

https://www.youtube.com/watch?v=VNsK0LWbkyM

深く感謝申し上げます。



集会では19名からの発言が行われた。

時間の関係で

最高顧問をお引き受け下さった鳩山友紀夫元内閣総理大臣と趣旨説明を行う私
に一人12分間の時間が配分され、

他の発言者には一人5分の時間が配分されて発言が行なわれた。

板垣氏が提供下さっている動画配信映像における各発言者の発言時間帯を以下
に記すので、ご覧になりたい部分の時間を設定して、じっくりと総決起集会の
模様をご高覧賜りたい。

https://www.youtube.com/watch?v=jC8YI9v4S2Q



(以下発言順、敬称略)

伊東章    弁護士 
0:00:00〜  開会

山田 正彦  元農林水産大臣
0:03:05〜

鈴木 克昌  衆議院議員
0:07:40〜

加藤 好一  生活クラブ生協連合会会長
0:09:30〜

山根 香織  前主婦連合会会長
0:15:10〜

白井 聡   政治学者
0:22:22〜

来賓紹介
0:31:00〜

佐久間 敬子 弁護士
0:34:40〜

安田 節子  食政策センタービジョン21代表
0:42:45〜

植草 一秀  政治経済学者
0:47:55〜

共産党提言の紹介
1:01:50〜

鳩山 友紀夫 元内閣総理大臣
1:04:00〜

原中 勝征  元日本医師会会長
1:18:45〜

小池 晃   参議院議員・日本共産党副委員長
1:31:30〜

小林 節   慶應義塾大学名誉教授
1:37:30〜

平野 貞夫  元参議院議員
1:43:20〜

篠原 孝   衆議院議員
1:47:00〜

孫崎 享   元外務省国際情報局長
1:52:40〜

二見 伸明  元運輸大臣
1:57:30〜

岩上 安身  IWJ代表
2:00:10〜

辻 恵    弁護士・元衆議院議員
2:03:50〜  集会宣言

伊東 章   弁護士
2:11:10〜  シュプレヒコール


動画をご高覧賜り、総決起集会をぜひご体験賜りたく思う。



集会の最後に読み上げられて満場一致の拍手で承認された「集会宣言」を以下
に紹介させていただく。

集会宣言

日本は今安倍政権の下で、これまでの歴史・伝統・文化に根付いた国と社会の
あり方を壊し、国民生活を塗炭の苦しみに沈めるという、極めて危険な政治が
進行しています。

本年9月19日の安保法案の強行採決は、一内閣による集団的自衛権容認という
閣議決定を盾に、国会審議の中での論理破綻を数の力で押し切り、実質的な憲
法改正を実現するという暴挙であり、安倍政治の本質の表れです。

立憲主義に反し議会制民主主義を一顧だにしない政治手法は、一種のクーデ
ターによる憲法体制の破壊と言っても過言ではありません。



日本国民は安倍政権に対して心底から怒っています。8月30日の12万人による
国会包囲をはじめ、これまでにない多くの人々が街頭に出て、安倍政権の打倒
を求めて立ち上がっています。

とりわけ若者や女性が行動の先頭に立ち、これに励まされる形で各世代の人々
が声を挙げています。

しかし、これらの声を議会に反映させ国政を揺り動かすには至っていません。

僅か25%にも満たない支持によって発足した政権であるにも拘わらず、安倍政
権は議会内の数の力で国民の声を押しつぶし、戦後一貫して平和主義を掲げて
きた日本を戦争国家に転換させようとしているのです。



本日の集会で私たちは、多数の方々から指摘があった以下の諸点を共通に確認
しました。

第一は憲法についてです。憲法破壊の安保法案は地球の裏側まで戦争しに出か
けて行く戦争国家に日本を変えるものであり、憲法9条改正と日本の核武装化
に進む第一歩であって、絶対に早期の廃止を実現しなければなりません。

第二は原発についてです。原発は日本の国と社会の利権構造の象徴であり、東
日本大震災の被害を受け、また唯一の被爆国である日本こそ、率先して原発廃
止を世界に呼びかけるべきであり、原発稼働は絶対に許してはなりません。

第三はTPPについてです。TPPはアメリカ主導のグローバル資本の利害の下に、
日本の国と社会のシステムの変容を強要するものです。

10月5日に大筋合意されたと喧伝されていますが、今後の協定署名や国会承認
を絶対に阻止しなければなりません。

この三点以外にも辺野古基地建設と格差拡大を許さない等様々な課題があり、
私たちは、戦争と弱肉強食を許さず「平和と共生」を実現する社会運動と政治
運動のうねりを作り出して行くことを決意しました。



改憲と原発とTPPに反対する国民の多数意思が政治に反映出来るよう、

政策基軸、超党派、主権者主導の原則

に基づく主権者の連帯運動の輪

を大きく拡散して、来るべき衆参国政選挙に何としても勝利し、主権者のため
の政治を実現することを決意します。

私たちは、本日の集会を受け、「オールジャパン 平和と共生」の連帯運動を
全面的に推進し、一日も早く安倍政権を打倒して日本政治を国民の手に取り戻
すことを決意します。

以上のとおり確認します。

2015年10月8日

「オールジャパン 平和と共生」総決起集会
参加者及び賛同者一同


※コメント、「オールジャパン 平和と共生」総決起大会も大成功の内に
終わったようです。これからが本番に向かうことになります。
ここにきて、かたくな共産党も本当に国民の為の政党に変わろうとし
てきました。先ずは安保法制の廃止、憲法改悪反対、国の主権を失う
TPP参加反対、原発再稼働反対、格差を生み出している経済政策反対
沖縄基地反対、消費税増税反対、等の政策が一致する議員の選んで
いくべきである。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
 にクリック☆\(^o^)/お願いします。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事