ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2509 ・フランスの空爆はどうか。アメリカの空爆はどうか――ISばかりではないぞ

2015-11-22 09:55:53 | 政治
おはようございます。生き生き箕面通信2509(151122)をお届けします。
・フランスの空爆はどうか。アメリカの空爆はどうか――ISばかりではないぞ
 フランスがやられた。
 しかし、IS(イスラム国)は、あいかわらず空爆を受けている。アメリカやフランスなどから、空爆を受けている。そのなかには、赤ん坊もいる。年寄りのおばあさんも、おじいさんもいる。
 フランスやアメリカの空爆は、いいのか。
 フランスやアメリカの空爆は、どうしてがまんできるのか。
 もちろん、ロシアやイギリスも、空爆を続けている。
 しかし、だれも空爆を「いかん」とはいわない。
 このままでは誰がどこでテロをやるか、わからない。
 2000年に起きた。2001年に「9.11事件」が起きました。あるいは第二次大戦後、イスラエルが中東に勃興する段階でおきました。
 裏には、石油などの利権もあるらしい。
 いま、テロが起きている。どうして、テロが亡くならないのか。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
に参加しています。クリックお願いします。( `・∀・´)ノヨロシク




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事