ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

                    「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2016/02/27


 消費税再増税再先送りに逃げ込む安倍政権

               第1374号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2016022711482631773
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-32386.epub
────────────────────────────────────
消費税再増税の再先送りの可能性が濃厚になっている。

世界的に格差問題が重要性を増しているが、その中核国のひとつが日本であ
る。

相対的貧困率という指標がある。

世帯1人あたりの可処分所得について、それを低い方から並べた時に、人数に
してちょうど真ん中にあたる人を基準として、所得がその半分に満たない人の
割合のことをいう。

この比率が日本全体で16.1%、子供のいる世帯では16.3%になってい
る。

国際比較上は、2009年のユニセフ・イノチェンティ研究所の発表では、1
人当たりGDPが大きい先進20か国のなかで日本はワースト4にランクされ
るとのことだ。

とりわけ問題は、1人親世帯の貧困率である。

厚生労働省の2012年発表では、ひとり親世帯の貧困率は54.6%。に達
している。

OECD報告でも、日本のひとり親世帯の相対的貧困率はOECD加盟33ヵ
国中、何とナンバーワン(ワーストワン)になっている。

かつて日本は一億総中流社会とも言われたが、いまや、世界有数の格差大国に
なっている。

格差拡大の大きな要因は新自由主義の経済政策である。

グローバルな巨大資本の利益拡大を優先する経済政策である。

その中核が労働規制の緩和である。

企業が利益を拡大するためにもっとも力を注いでいるのが労働コストの削減
だ。

正規労働を減らし、非正規労働にシフトさせることによって、労働コストの大
幅な引き下げが可能になる。



2001年に樹立された小泉純一郎政権の時代から、この新自由主義経済政策
が猛威を奮い始めた。

その路線を継承し、強化しているのが第二次安倍晋三政権である。

安倍政権が掲げる「成長戦略」とは、大資本の利益を「成長」させる戦略であ
る。

その柱とも言えるのが労働規制の緩和だ。

派遣労働法の改正は企業による正規労働から非正規労働へのシフトをさらに後
押しするものである。

国税庁調査では正規労働者と非正規労働者との間に埋めようのない格差が広
がっている実態が明らかにされている。

正規労働者の平均年収が478万円であるのに対して非正規労働者の平均年収
は170万円である。

非正規労働者が労働者全体の4割を占めるに至っている。

フルタイムで働いても年収が200万円に届かない労働者が1000万人を超
えている。

このような状況を作り出しておいて、出生率を高めようなどと唱えるのは、西
に進みながら、東を目指そうと号令をかけているのに等しい。

こうした新自由主義経済政策路線の最終兵器がTPPである。

TPPに入ると、ISDS条項によって、日本の諸制度の米国化が強制される
ことになる。

日本は大資本の収奪の場と化すことになるだろう。



冒頭の話題に戻るが、日本の格差拡大を強化している大きな要因に税制の改変
がある。

25年前、日本の税収構造は次のものだった。

所得税 27兆円

法人税 19兆円

消費税  3兆円

これが2015年度には次のように変質した。

所得税 16兆円

法人税 11兆円

消費税 17兆円

所得税は平均世帯で年収325万円までは無税であるのに対して、高額所得者
は55%の税率(住民税を含む)を課せられる。

これに対して、消費税は、所得ゼロの国民からも、貧困者からも、超富裕者と
同じ税率で税金をむしり取る。

「悪魔の税制」と言って差し支えないだろう。

零細事業者は消費税を価格に転嫁できないから、本来ならば納税義務ゼロであ
るのにもかかわらず、多額の消費税負担を転嫁させられてしまう。

2017年4月に消費税率を10%に引き上げることはあり得ないことだが、
安倍政権がその方向に急激に接近を図っている。



安倍首相は2017年4月の消費税率10%への引上げについて、

「再び延期することはない」

と発言してきた。

ただし、その後の発言では、

「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り、確実に
実施する」

と一定の留保条件を付けるようになった。

消費税再増税を再先送りするための「逃げ道」を用意したものであると推察さ
れた。

その表現が再び変わった。



2月19日の参議院予算委員会で、共産党の小池晃議員が

「リーマン・ショックのような事態とは具体的にどういう事態か」

と尋ねると、

安倍首相は

「まさに世界経済の収縮が実際に起こっているか、専門的見地から分析し判断
していかなければならない」

と発言したのである。

「リーマン・ショックのような事態」

という言い回しが、

「世界経済の収縮が起きている」

という言い回しに変わったのだ。

財務省と内閣府の幹部は

「リーマン・ショックとはどういう事態かを説明しただけ」

「増税判断に新たな条件が加わったわけではない」

説明するが、この発言を額面通りに受け止める者はいない。



報道によると、首相官邸から各省庁に、

「今後はこの言い回しを使うように」

と指示が出されたとのことだ。

「リーマン・ショックのような事態」

という言い回しと、

「世界経済の収縮が起きている」

という言い回しの意味はまったく違う。

「東日本大震災のような事態」



「強い地震が起きた」

という程度に違うのである。



つまり、安倍首相は消費税再増税再先送りを発表する準備段階に入ったのだと
見られる。

日本の経済政策運営について、私は

『金利・為替・株価特報』

http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html

に分析を記してきた。

アベノミクスはマクロの経済政策では、当初、

財政政策の活用

金融緩和政策の実施

を掲げたが、これを実行したのは2013年だけだった。

2014年には財政出動を財政逆噴射に切り替えた。

消費税率を8%に引き上げて、日本経済を消費税大増税不況に陥れた。

そして、2014年度以上の緊縮財政が計画されているのが2016年度なの
である。

この緊縮財政が日本経済を再び不況に陥れることになる。



財務省出身の黒田東彦氏は財政緊縮を維持するために、節操のない金融政策運
営に走っているが、金融政策の対応は副作用を拡大させている。

財政超緊縮・金融超緩和のポリシーミックスを

財政中立・金融緩和のポリシーミックスに

転換することが必要である。

この提言があるルートから官邸に伝えられて、安倍政権の経済政策運営が変化
を示している。

2016年度当初予算の成立目途が立てば、安倍政権は総合経済対策の策定に
進むのではないか。

2015年度第2次補正予算、あるいは、2016年度補正予算が編成される
公算が高い。

消費税再増税の再先送りを早期に提示するのかどうかは、衆議院解散のタイミ
ングによることになるだろう。

参院選用に補正予算を編成し、消費税再先送りは年後半の衆院解散用に温存す
る可能性もある。

消費税再増税は中止することが必要であるが、主権者は選挙目当ての経済政策
利用に目をくらまされずに、日本政治を改変する選択を示す必要がある。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)


  • 顔アイコン

    今の日本には減税が必要。国民にもっとカネを稼がせ使わせ、「手数料」を取るべし

    [ IB ]

    2016/2/27(土) 午後 9:19

    返信する
  • 顔アイコン

    全くその通りです。

    roo*6ak*o

    2016/2/28(日) 午後 8:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事