ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

イメージ 1

                   「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2016/03/30
 

TPPの真実を皆に伝えて日本参加を阻止しよう

               第1398号         

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2016033011235732349
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-32958.epub
────────────────────────────────────
本日、3月30日、

「TPPを批准させない3.30国会行動」

http://nothankstpp.jimdo.com/

国民の同意なきTPP協定
止めるなら今しかない!

が実行される。

一人でも多くの主権者が参加して行動することが現実を変える原動力になる。

原発、憲法、TPP、基地、格差

の5つの重要課題のなかで、最も根源的で、最も重大な影響力を発揮するのが
TPPである。

米国=強欲グローバル巨大資本による日本収奪の最終兵器である。

強欲巨大資本は日本の政治屋に指令して、強欲巨大資本の利益を極大化させる
ために、これを日本で強行しようとしている。

そのために、

1.内容を国民に知らせない

2.影響の出る当事者に手切れ金をつかませる

3.皆が真実に気づく前に押し通してしまう

との作戦で、日本突破を図ろうとしている。

日本の主権者はTPPの正体を正しく認識して、これをせん滅しなければなら
ない。

たとえ、安倍政権が強行批准しても、それで終わりではない。

必ず、TPPをせん滅するところまで闘い抜かねばならない。



「TPPを批准させない3.30国会行動」

http://nothankstpp.jimdo.com/

は次のタイムスケジュールで実施される。

14時30分〜16時30分 
衆議院第二議員会館前を中心に座り込み行動

17時〜18時30分
憲政記念館大ホールにて決起集会

19時〜20時
国会請願キャンドルデモ
憲政記念館付近から出発、自民党本部横を通過し、国会で請願、日比谷公園ま
で進んで解散

主権者は私たち国民である。

国民を不幸にし、国民の権利を侵害し、国家の主権を奪うTPPを容認するこ
とは断じてできない。

想いを共有する主権者が集結し、連帯して行動することが、事態を打開する第
一歩になる。

もちろん、TPPせん滅という目的を実現する道のりは長く険しい。

しかし、第一歩を踏み出さなければ、目的地に到達することはない。

はるか遠くに見える山でも、一歩一歩進むことで頂上にたどり着く。

根気よく力を注ぐことが必要である。



TPPとは

「とんでもないペテンのプロジェクト」

の略称である。

とりわけ、安倍政権下のTPP強硬は

「ウソとペテンと欺瞞と背徳の総合商社」

である。

TPP批准阻止国会アクションに多くの主権者が参集することはとても意義が
ある。

しかし、これらの行動は手段であって目的ではない。

目標は日本のTPP参加を消滅させること。

たとえ批准されようとも、必ずそれを覆して消滅させること。

そのためには、政治のプロセスが絶対に必要である。

TPP消滅を主張する国会議員で国会の過半数を占有させることが必要不可欠
なのだ。

したがって、TPP阻止は市民運動であるが、同時に政治運動であることを見
落としてはならない。

主権者と党派を超えた政治家が連帯し、大同団結して政治を変える。

政策を基軸に、党派を超えて、主権者が主導して、政治状況を変えるのだ。



TPPは分かりにくい。

敵はこの点を悪用して、TPPの正体を伝えない。

正体を伝えず、輸入牛肉のステーキが安く食べられるという話に単純化して国
民を洗脳している。

こうした策略に騙されてはいけない。

TPPはグローバル資本が日本を収奪するための最終兵器である。

問題は、日本政治を支配する政治屋が私たち主権者の側に立つのではなく、あ
ちら側、グローバル強欲巨大資本の手先に成り下がっていることだ。

TPPの問題点を分かりやすく整理したのは、実は自民党だ。

2012年12月の総選挙の際に、自民党は6項目の公約を示した。

ここにTPPの問題点が整理して表現されている。

犯人は必ず、動かぬ証拠を残すものである。

この6項目の公約を掲げて安倍自民党は

「TPP断固反対!」

のポスターを掲げて総選挙に臨んだ。

その「TPP断固反対!」のポスターで政権を奪還した安倍晋三氏がTPP交
渉参加を表明したのは2013年3月15日のこと。

選挙から3ヵ月もたたぬうち、舌の根も乾かぬうちに、国民を正面から裏切っ
た。

ウソとペテンと欺瞞と背徳に満ち溢れるTPPの忌まわしき歴史はこの日から
始まっている。



安倍自民党が2012年の総選挙の際に掲げた6項目の公約がこれだ。

ここにTPPの問題点が集約されているとも言える。

http://goo.gl/Hk4Alg

「わが党は、TPP交渉参加の判断基準を明確に示します。

TPP交渉参加の判断基準

1 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。

2 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。

3 国民皆保険制度を守る。

4 食の安全安心の基準を守る。

5 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。

6 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。」



6項目の2番目に数値目標を設定しないとある。

ところが、安倍政権はこの2013年3月のTPP交渉参加表明から1ヵ月も
たたない2013年4月12日に日米並行協議における日米合意を結んでい
る。

その米国発表文書を見ると、日本が米国製自動車の速やかな認証手続きによる
輸入台数を2倍にすることが明記されている。

また、米国の輸入自動車の関税率引き下げは、すべてのもののあとにすること
も明記されている。

本当に、安倍首相は息をするようにウソをつくのである。



6項目の公約の第1。

いわゆる「関税撤廃に聖域を設ける」というもの。

米、小麦、砂糖、牛肉、乳製品

の関税を守るというものだ。

これも「聖域なき関税撤廃を前提とする限り」という言葉の綾で主権者をペテ
ンにかけた。

「人殺しを前提とする限り他国の戦争に加担しない」

と言って

「人殺しを前提としないから他国の戦争に加担したが、結果としては人殺しを
した」

と開き直るようなものである。

最終合意で、農林水産品2594品目のうち、2135品目が関税撤廃になっ
た。82%だ。

重要5品目でも586品目のうち170品目で関税撤廃になった。29%だ。

重要品目を除くと98%が関税撤廃である。

しかも、日本だけは7年後に全体の見直しをさせられる条項が付いた。

しかも除外項目はなしだ。

「聖域」は確保されていない。

農家には目先の財政バラマキという手切れ金が用意されるだけで、日本の農業
を中長期で守る姿勢は皆無である。



第3の国民皆保険制度は日本のTPP参加で実質的に崩壊する。

実質的という意味は、かたちの上で皆保険は残っても、現在の

「いつでも、どこでも、だれでも」

必要十分な医療を受ける体制は崩壊するのである。

海外で承認済みの医薬品や医療機器の審査、承認手続きが撤廃されると、高価
な医薬品、医療機器が氾濫し、公的医療保険はこれを賄えなくなる。

十分な医療を受けられるのは、米国の保険会社が販売する高価な民間医療保険
に加入できる富裕層に限られることになる。

医療の分野に、救いようのない格差が導入されることになる。



第4の食の安全、安心が破壊されることも確実である。

BSE、食品添加物、ポストハーベストという防かび剤、残留農薬、遺伝子組
み換え食品=GMの表示、猛毒のカビであるアフラトキシンの混入、抗生剤付
の食肉、前立せんがんや乳がんとの因果関係が警戒される成長ホルモン、赤身
肉を増やすラクトパミンなど、目に見えない危険に対する、国としての予防的
な安全確保策が破壊される。


第6の政府調達、金融サービスでは、地域の公共事業を受注するために企業は
英語の入札資料を準備しなければならなくなる。

年次改革要望書の最大の標的だった郵政民営化で民営化された日本郵政関連企
業は米国の命令でがんじがらめの規制に絡めとられ、株式放出後は外資による
支配が着々と進行している。


そして、すべての危険のベースにあるのがISDS条項である。

日本のことを日本が決められなくなる。

日本が決められなくなるということは、日本の主権者が決められなくなるとい
うことだ。

TPPのすべてについて、もし100万歩譲る部分があるとすれば、この部分
だ。

「国の主権を損なうISDS条項には合意しない」

と安倍自民党は公約に掲げたではないか。

しかし、ここにも詐欺師の手口が潜んでいた。

「国の主権を損なうようなISDS条項には合意しない」

とあった。

これを詐欺師は、

「国の主権を損なわないようなISDS条項なら構わない」

と言い逃れているのだ。

「人の命を奪うような殺人には同意しない」

と言っておいて、

「人の命を奪わないような殺人には同意する」

と言っているようなものだ。

ウソとペテンと欺瞞と背徳に満ちた安倍自公政権のTPP参加は、日本の主権
者を間違いなく不幸の奈落に突き落とす。

日本の主権者は必ずTPPを消滅させなければならない。

明治維新を肯定評価するわけではないが、明治維新は人口3000万人の時代
に3000人で日本を変えた。

数が問題なのではない。

質が勝負を決める。

本当に熱意があり、行動力がある主権者と政治家が連帯して行動すれば、必ず
悪を打ち破ることができる。

皆で連帯して、必ず日本の主権者をTPPから守り切ろうではないか。






https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事