ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2671 ・「公共の福祉」という民衆側と、「公益および公の秩序」という権力側

2016-05-04 08:50:30 | 政治
おはようございます。生き生き箕面通信2671(160504)をお届けします。 
・「公共の福祉」という民衆側と、「公益および公の秩序」という権力側
 憲法記念日は、今年も日本が真っ二つに分かれていたことを表しました。安倍政権は、日本がここまで分かれていることを承知の上で、強引に一つにまとめようとしています。
 日本の憲法は、21世紀に入ってからますます光を強めています。敗戦直後にGHQ(連合国政府)から求められているものをそのまま入れたというばかりではなく、そのGHQは「日本がその先を見越す国づくり」を見越したのだといえます。
 国民主権、基本的人権の尊重、平和主義です。さらにいえば、国際協調。つまり、この3原則、あるいは4原則が日本の守るべき価値として、現在も先を照らしています。
 この原則は、21世紀を照らして、今も燦然として輝いています。しかし、安倍政権とその周辺の人びとは、これを何とかして変えようと試みています。安倍政権側は、普通の国になろうとしており、つまり戦争ができる国にしようとしています。
 昨日の改憲側の主張を見ていると、日本が「平和条項」を見ているのが許せないらしい。なんとしても、中国と、あるいは北朝鮮とぶつかりたいと考えているようです。
 では、安倍政権側の人に聞きますが、「中国などと本当に戦火を交えたいのですか」。単に後ろにアメリカが控えているから安心だなどというのでは、まさに危なっかしくて見ておれません。

※コメント、転載ブログで書いてあるように、安倍政権の外交政策は、危なっかしく
幼稚すぎる。戦争観も二十世時代より進化してきている。中国や北朝鮮と事構える
のは時代遅れである。そんなことを考えるよりも、もっと知を働かせた外交政策を
考えたほうが国益にかなうであろう。戦争などは益するよりも勝たなければ、失う
ほうが計り知れないほど大きい。その判断は難しいのだ。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
 にクリック☆\(^o^)/お願いします。( `・∀・´)ノヨロシク


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ,
 にクリック☆\(^o^)/お願いします。( `・∀・´)ノヨロシク

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事