ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2677 ・民進党は、自分の党さえ増えればいいのか

2016-05-10 10:05:01 | 政治
おはようございます。生き生き箕面通信2677(160510)をお届けします。 
・民進党は、自分の党さえ増えればいいのか
 小林節さんらが「国民怒りの声」を設立して、参院選へ名乗り出ることにしました。民進党はこれに何か文句でもあるのでしょうか。岡田代表らは、「野党票が割れてしまう」と、政権批判への分散が増えることに危機感を示し、「一番喜んでいるのは自民党だ」という声も出ています。
 もともとこういういきさつを招いたのは、民進党でした。「国民怒りの声」側が、政策協定を申し込んでも、それを袖にしたのは、民進党でした。「怒りの声」が政策協定として申し入れたのは、①言論の自由の回復②消費税再増税の延期と行財政改革③辺野古新基地建設の中止と対米再交渉④TPP不承認と再交渉⑤原発の廃止と新エネルギーへの転換⑥戦争の廃止と関連予算の福祉・教育への転換⑦改悪労働法制の改正などにより、共生社会の実現、憲法改悪の阻止、でした。
 これらは、野党共闘の中心課題です。どれをとっても、排除する必要はありません。つまり、すべて、野党共闘が文句なく盛り込むべきものです。
 これを嫌がっていては、野党共闘がつぶれてしまいます。ところが。この協定が、岡田克也氏らは「気にいらない」というのです。これ以上、さらに伸ばすためには、時間が足りず、結局、自分たちで立ち上がることにしたわけです。足りないものは、自分たちで補う方式です。
 民進党は、前原誠司氏や野田佳彦氏、あるいは岡田哲也氏らもそうですが、連合と一緒になって共産党を嫌っています。だから、小林氏らもそれらを考慮して、共産党は加わらないことで頑張りました。しかし、これ以上、伸ばすわけにはいきません。参院選の告示日まで、あともう2か月しかないのですから。
 民進党から、第2自民党のような人間は早く追い出すしかないかもしれません。結局、そうするしか方法はないのでしょう。それも、やむをえないですよね。





https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事