ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

 民進党の代表選3名で戦われたが終わり、蓮舫党員が当選した。
先ずはお喜びを申し上げたい。がしかし、これで民進党が名前こ
そ変わっているが政権時の失われた国民の支持の回復は先ず持っ
て不可能であると申し上げておきたい。先ずは政党は誰のために
あり成立されているのか、国民国家国民に選んでもらいそれを
職業として行うためであろう。それが蔑ろにされて、如何に人気の
ある議員を代表者にして、自分たちが再び国民に選んでもらうがご
ときを目的にしているようである。国民への政策は曖昧無辜模糊に
している。安倍暴政政治に立ち向かって行くためには、提案型では
なく、はっきりと国民のための政策を打ち出して幅広い支持を得て
安倍暴政を打倒する気迫がなければならない。

国民の幅広い支持を得るためには、先ずは安保法の廃案、憲法改悪反対、消費税増税凍結、国の主権を失うTPP断固反対、原発即時再
稼働凍結、沖縄基地問題は国民住民の意思を尊重アメリカと十分話し合う、というような政策が大方の国民の意思である。それを実行するのが独立国家、国民のための政治である。現状の安倍暴政は国民の意思を踏み潰し、己の野望とアメリカに従属する政治を行使しているにすぎないのである。
 国民のための政治は戦いである。安倍暴政には提案型ではなく、
強固な野党共闘を国民の支持を得るために国民の意思を汲み取って幅広い政策を掲げて戦うならば、必ず国民の支持を得られるだろうが、現状の民進党ではそれは野田佳彦氏などを幹事長に起用するなど動きなどでは。、到底不可能である。何の反省もなく自分たちの
バッチを守るために、部分の支持母体の意思を国民の意思より大事にしているようでは、到底幅広い国民支持を得ようしても無理である。

 民進党の代表者選に一言これで終わりの始まりである
 9月3日投稿ブログ

下記のブログは「怒りの時評」ブログよりの引用「転載」です。
全くその通りだと思い転載しました。
 先ずもって一言付け加えれば、現状の民進党の置かれている時流を何も理解していないことに尽きるのであるが、現状が維持されているのは、鳩山、小沢体制のもとで、幅広い国民の支持によって、政権を担うようになっいていてからである。鳩山氏に代わり代表になった菅氏、野田氏が国民との公約(約束)をことごとく反故にして政策を進めた結果、未だにそれを改めることなく、選挙の度に凋落してなんとか野党第一党を維持できているが、未だに凋落現象は止まってはいない、いま野党に求められているのは、かっての鳩山、小沢体制のもとで、幅広い国民の支持を得た政策でなければ、ならないのである、今回代表戦に名乗りを上げている候補者では
そのような気迫はないし、第二の自民党を目指しているごときを掲げているようであれば到底、民進党はここで、終わりの始まりなるしかないようである。

民進党代表者選挙に一言「怒りの時評」ブログ
民進党の代表選挙が始まった。15日には新しい代表が決まる。候補者は蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)の3人だ、民進党の党内のことだからほっておいてもいいが、野党共闘のこともあり、黙ってみておれない。
92日日本記者クラブの討論会で、岡田代表が進めてきた共産党との共闘路線に蓮舫氏は、参院選1人区で行った候補者一本化の成果を指摘した上で「もう一度、党員・サポーターの声に真摯(しんし)に耳を傾ける」と語り、見直しを示唆。前原氏は「衆院選は政権選択の選挙だ。一度、岡田路線はリセットすべきだ」と踏み込み、玉木氏も「基本的考え方の違う政党とは一線を画す。これが大原則だ」と主張した。

3氏ともなんのための野党統一候補を出して闘ったのかが理解されていない。安保関連法制を廃止すること立憲主義の回復をめざして野党統一がなされたのだ。そして野党統一は安保関連法反対を闘った市民連合からの要請でもある。それを見直すことは、市民連合の支持はいらないと断ることに他ならない。3氏とも民進党が独自で政権を担える党だと思っているのか、先の参院選での選挙でも明らかなように無理だ。野党の統一があってこそ49議席で止まっているが、もしそうでなければまだ減少している、そのことをどう考えるのか。3氏とも情勢にあわない議論をしているようだ。野党統一に危機感を抱いている安倍政権を喜ばすだけだ。
討論会で気になったのは、米軍普天間飛行場の移設問題だ。蓮舫氏が「私たちの政権で決めたことで、方向性は変えることはない」と辺野古への移転を認める。前原氏は代替案の必要性に言及。玉木氏も「日米合意が基本だが、新しい解決策を模索できないか」と。県民の「沖縄には基地はいらない」との声を無視している。これでは民進党に明日はない。






https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)





転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事