ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

政治権力の奉仕に肩入れているマスコミ無知な国民に付け込み全くいかがわしい世論調査やらにこれまた騙される多くの国民。

 野党第一党の民進党の代表者選が終わった。人気のある女性候補であった蓮舫氏が当選した。がしかし蓮舫氏については色々と曰く付きがある。に国籍問題、参議院議員であり野党第2党の代表としてふさわしいのであろうあ等である。正にそのような感が否めない点がある。
 そこへ来て今後の民進党の要の幹事長に元首相の野田氏を選任した。このような一連の流れに対して、多くの国民は疑念を抱いたはずである。これでは安部政権に対峙して代わりの政権を担う正に気迫がなにも感じることができず。安部政権の補完的役割の方に大きく傾きやすい気がしてならないのであるが、マスコミの世論調査やらでは、民進党蓮舫氏に期待するが56・9%あるという結果を報じているのであるが、正に不可思議でならないのである。といことは
マスコミは、安部政権に取ってプラスになる、補完第3局の要素の方が多いので政治に対して無知な国民を誘導すべくの世論操作報道であるという感じがしてならないのである。
 
 世論調査では安倍内閣支持率上昇55・7%へという調査結果も報じているのだが、このような結果は日頃安部政権に対して一切批判的報道をしていないことから、マスコミの世論調査では不思議でもないように感じることもある。それがマスコミの影響力ということにもなるのだが、実際に安部政権がすすめている政治は、暴政に等しいものである。先ずは憲法を踏み潰している。また、ことごとく国民の意思をも踏み潰しての政治を行っている。その一つでも批判的報道を、マスコミが国民に対して報じていれば、高い支持率が出るはずがないのである。それがないので当たり前であるとも言えるのである。そのようなことから、いかがわしいマスコミの報道を信じていれば、騙されてとんでもはっぷんと、いう事になりかねない事に、国民は気付かなければならないであろう。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)



  • 顔アイコン

    歴史は繰り返す、権力者はとかく”おれさまに逆らうのか”で批判されるのがいやらしく、あっちこっち手を回し、NHKは安倍放送協会にし、民放のコメンテーターも宣伝担当にしつらえ田崎とお友達、こーしてメディアを取り込んでグーの音も言わせない、歴史の転落がはじまる。民進党が共産党と協力すれば野合だといい、自分たちは神道が仏教公明と組む、共産党があたかも怖いと浸透させ自らの危険性を隠すのに使う巧妙さ。日本共産党より怖い極右政権。

    [ sun*ife**sto*e ]

    2016/9/19(月) 午後 9:23

  • 顔アイコン

    > sun*ife**sto*eさん、正にコメントのとおりです。

    roo*6ak*o

    2016/9/21(水) 午後 3:54

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事