ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

 
小沢一郎氏「あくまでも組合は応援団」
10月25日(火) 21時26分配信 朝日新聞
■小沢一郎・自由党代表
 (民進党と支持母体の連合との関係について)僕が民主党の代表をしていたころも連合の支援を要請したが、あくまでも組合は応援団であって、政党ではない。政治的な決定は政党が行うという姿勢をずっと貫いた。組合が政治的なアレをしたいなら政党になればいい。おかしいでしょ。色んな意見を言ったり要請したりするのはいいが、支援者だ。判断するのはあくまでも政党だ。その主体性がなくなった時、もう政党じゃなくなっちゃう。組合の一部になっちゃう。そこはちゃんと蓮舫代表も考えてんじゃないすか。(定例記者会見で)


[写真] 小沢一郎氏



 https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

  • 顔アイコン

    応援団をなめたら行かんぜよ。
    いつもの小沢流だろうが、組合は小沢なんぞは応援してないよ。
    連合なんかは昔からの腐れ縁で一応民進党を応援をするんだろうが、民進党と腐れ野党のつながりなんかはとうの昔に見放している筈でしょう。
    組合の一部は民進党を応援していても下部組織の一般組合員にとっては自民党政権での経済でベースアップが実現していることに共感する者が多いのではないのか、小沢なんぞは新党を作っては壊ししているだけで何か労働組合の一般労働者の共感を得るようなことをして来たのかな、口先男の小沢なんかが「あくまで組合は応援団」などと上から目線で言っても一般組合員は相手にしませんよアホ、アホか。

    [ るーと51 ]

    2016/10/26(水) 午後 6:09

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事