ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


外国人記者クラブの記者から聞かれた。 トランプ新大統領が最初に述べたのは「TPP協定は離脱する」なのに、何故日本はTPP協定を、衆議院本会議で採決するのかと。 

by山田正彦氏   
イメージ 1




・・・・私は答えに窮した。

安倍自民党はTPP断固反対で総選挙で政権交代してからは米国の言いなりになっている。
まるで、ポチみたいに。

今回も米国批准の可能性のあるオバマの間に批准の助け船を出したつもりが、こんなことに。

私は1か月前、バーニサンダースの招聘に米国に行ったが、米国のメデアもヒラリ―絶対優勢と報じていたが、実際はそうでないと思った。

ウオール街の特権階級はメデアも含めて意図的にトランプを落とそうとしているのではと直感した。人にもそう語っていた。

本当にそうなって、私自身も驚いた。

今回の大統領選はTPPが最大の争点、ヒラリ―は信用できないが、トランプがウオール街から献金も受けず本気だと米国民は思ったのた。

それほど迄に、自由貿易による米国の貧富の格差は、日本と比べられないほど深刻なのだ。

日本をそうさせてはならない。

私達は自民党がTPP特別委員会で強行採決するとした10月28日から抗議の座り込をした。

冷たい雨の日もあった。今日も本当に寒かったが2週間もの間、皆さん本当に頑張って頂いた。九州から、北海道からも来て頂いて。

有難い。

残念ながら、衆議院ではTPP協定承認されたが、私達の意思は生かされて、日本でも、必ず次の展開に通じる。


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事