ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

京都新聞2016年1月4日1年前の記事の投稿である、北の大地を守り抜く確かな要請である。

小樽市長、泊原発の廃炉要請へ
30キロ圏外



 北海道小樽市の森井秀明市長は4日の記者会見で、北海道電力泊原発(泊村)の全3基を
http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2016/11/PN2016110401002093.-.-.CI0003.jpg
 記者会見する北海道小樽市の森井秀明市長=4日、小樽市役所
廃炉とするよう、今月中にも北海道電に要望書を提出すると明らかにした。


 森井市長は東京電力福島第1原発事故を例に挙げ「事故は起こり得るもの。北海道電は泊原発に頼らない経営にシフトすべきだ」と指摘。廃炉に向けた技術の研究や再生エネルギーの活用促進を求める考えを示した。


 小樽市は泊原発から最も近い地域で約35キロ。避難計画の策定などが必要な半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)からは外れるが、森井市長は「(泊原発で事故が起きれば)小樽市も少なからず影響を受ける」などと述べた。


【 2016年11月04日 17時50分 】


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)





        顔アイコン

        顔アイコン・表示画像の選択

        絵文字
        ×
        • オリジナル
        • SoftBank1
        • SoftBank2
        • SoftBank3
        • SoftBank4
        • docomo1
        • docomo2
        • au1
        • au2
        • au3
        • au4
        • 名前
        • パスワード
        • ブログ

        本文はここまでですこのページの先頭へ
        みんなの更新記事