ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

小池都知事の実像を暴く、だまされないように。!


みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

小池知事、業界団体呼び【カネくれてやる】セレモニーの品性!小池は戦争テロ屋の日本会議、CIAの手下オバサンという事!戦争、徴兵、改憲、原発推進の反社会的存在、庶民生活破壊!

2017-01-24 19:34:27 | 政治
小池知事、業界団体呼び【カネくれてやる】

セレモニーの品性!

小池は戦争テロ屋の日本会議、

CIAの手下オバサンという事!

戦争、徴兵、改憲、原発推進の

反社会的存在、庶民生活破壊!

都民、国民は小池を信じてはいけない!


豊洲、東京五輪問題も

大騒ぎしただけで、傷口を広げただけ!

日本メディアも同類!


http://blog-imgs-100.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20170124184127144.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


小池知事 業界団体呼び“カネくれてやる”セレモニーの品性(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

小池知事 業界団体呼び“カネくれてやる”セレモニーの品性

2017年01月24日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

http://blog-imgs-100.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20170124184145681.jpg
予算編成権を掌握(C)日刊ゲンダイ

 ちょっと品性を疑わせる儀式である。小池都知事が23日午前から夕方にかけ、各業界団体のトップを都庁に呼び出した。2017年度予算案の知事査定の結果、つまり“オタクの団体にはこれだけの予算をつけます”と伝えるためにだ。25日に予算案の全体像の発表を控え、各種団体に“カネをくれてやる”と言わんばかりのセレモニー。予算編成権を掌握する立場を強調した高慢な態度は、来る都議選のマイナス要因となりかねない。

■ヒアリングした業界団体を再び呼びつけ

 小池知事は、200億円の「政党復活予算枠」を廃止、昨年12月に計7日間、約18時間半にわたって都内約60の団体と都議会各会派から要望を聞き取ったが、23日の儀式は1団体あたり5分程度。珍しくメディアに非公開とは“下品な儀式”との自覚があるのか。都は「予算案の正式発表前に具体的内容を表には出せない」(財務局主計部財政課)と説明するが、なぜ都民より先に団体に説明するのか。都民ファーストの名折れだ。

 政党復活予算は都議会自民党、ひいては「ドン」こと内田茂都議一派の力の源泉だった。

 毎年秋には、各種団体が自民党都議団に予算に関する要望を伝え、都議団は復活予算でリクエストに応じる。そして各種団体は比較的投票率の低い都議選で有利に働く「組織票」で報いる――こうした「都独自の慣習」に終止符を打ち、ドン一派から“集票マシン”を引きはがすのが、小池知事の狙いのようだ。

「ある団体のトップは小池知事の側近に初めて会うなり、『今後、都の予算は議会でなく、小池が決める』『次の都議選は自民党ではなく、小池の推す候補を応援しろ』と迫られたと言います。小池塾の塾生から擁立する方針とはいえ、まだ候補も決まっていないのに、随分と居丈高な態度です」(業界団体関係者)

 そのうえ、昨年末のヒアリングも今回の予算案の伝達も、各種団体とのスケジュール調整は一切なし。小池サイドが「この日、この時間はこの団体」と一方的に呼びつける。ヒアリングのトップバッターだった「東京私立中学高等学校協会」のように団体トップが公用で欠席すると、小池知事に「お越しいただけなかったこと、とても残念でございます」などとイヤミを言われてしまうのだ。

 それでも予算編成権を小池知事に握られている以上、各団体とも“ワタシの敵”とニラまれないよう、耐え難きを耐え忍んでいるに違いない。

「小池都知事のような立場にある政治家には、やはりバランスが求められます。都知事なら何でも自分の思い通りになるかのような独裁者然とした態度は各種団体の反感を買うだけ。都議選目前の予算編成権を武器に、自民党都議団の支持組織を自分たちに取り込むのが狙いなら、マイナスにしかなりません。いずれ自分自身にはね返ってくると思います」(政治評論家・山口朝雄氏)

 小池詣でに気を良くした“ハダカの女王様”なんて、シャレにならない。

日刊ゲンダイDIGITAL


https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事