ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


                  「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2017/02/07

米国に服従し国益を放棄する安倍売国外交

           第1661号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017020710401537315
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-37915.epub
────────────────────────────────────
1月10−11日に日米首脳会談が行われる予定であるという。

世界のなかで早い順位でトランプ大統領と会談することを安倍首相が強く求め
た結果だというが、ものごとの考える順位が間違っている。

安倍首相が考えるべきことは、会談の順位ではなく、国民の幸福であるべき
だ。

早期に会談することが日本国民の幸福、利益につながることにならないなら、
早期の会談実施を見送るべきだ。

また、トランプ大統領とゴルフプレーする可能性があるが、「ゴルフプレー
券」を法外な価格で買わされることは明白である。

事前に予約もせずに、コンサートの当日にプラチナチケットをダフ屋から購入
すれば、法外な価格を吹っ掛けられることは明白だからだ。

マティス国防長官が来日したが、土産はなく、手ぶらだった。

これでは格好がつかぬから、日本のメディアに

手ぶらなのに、たいそうな土産があったように報道させた。

これが、

「尖閣は安保適用範囲」

という発言だ。

「安保の適用範囲は日本施政下の領域」

だから、

「日本施政下にある尖閣は安保適用範囲である」

ことは条約の規定そのものだ。



NHKの日曜討論で、

「マティス国防長官が尖閣が日本のものであることを認めた」

かのような発言を示した御用言論人が出演していたが、このような重大な虚偽
を公共の電波でまき散らすべきでない。

米国は、

「尖閣領有権については、日本と中国のいずれの側にも立たない」

ことを再三にわたり明言している。

沖縄返還に際して、尖閣の「施政権」を日本に引き渡したから、尖閣は日本施
政下にある。

そして、安保条約は日本施政下の地域を適用範囲と定めているから、尖閣は安
保適用範囲なのだ。

これを確認することは、単に、安保条約の規定がこうなっているということを
確認することに過ぎず、ニュースでも土産でもない。

しかし、このようなことをニュースとして報じなければならぬほど、マティス
来日の土産はなかった。

これに対して、安倍首相は「早期会談」、「ゴルフプレー券取得」のために、
「朝貢外交」のとてつもない貢物を持参しなければならない。

そのひとつとして、GPIFの資金をトランプ大統領のお気に召すように活用
する案が報じられているが、言語道断の暴挙としか言いようがない。

安倍政権はそのようなことは具体的に決定されていないとうそぶくが、当のG
PIF理事長が否定していない。

安倍政権は最悪のタイミングで国民の老後資金の運用ポートフォリオを改変し
て、巨額の損失を生み出してきた。

この期に及んで、今度は、GPIFの資金を米国に貢ぐなど、常軌を逸する言
語道断ぶりである。

さらに、トランプ大統領がTPPに代えて、二国間協議を行う方針を示し、安
倍首相に持ち掛ける可能性がある。

二国間協議が日本国民に利益を与えるものならこれを検討するべきだが、安倍
政権の下での二国間協議が日本国民に利益を与える可能性はゼロである。

TPP以上の犠牲が日本国民に強いられることは確実である。

「早期会談」と「ゴルフプレー券」取得のために、GPIF上納金とTPPを
上回る災厄をもたらす日米二国間協議を押し付けられるのではたまらない。

しかも、実態は

「押し付けられる」

のではなく

「自ら進んで上納する」

というものだ。

「TPPを発効させない全国共同行動」

は、2月9日正午から、首相官邸前で

「TPPも日米二国間交渉も許さない!官邸前アクション」

を実施する。

https://nothankstpp.jimdo.com/

2月9日木曜日、正午から午後1時半の予定である。

市民と国会議員によるスピーチ、コールなどが予定されている。

安倍首相が国益無視の売国外交を実行しないよう、日本の主権者が一人でも多
く集結して、アピールしなければならない。



安倍政権はTPPを自由貿易を拡大する多国間の取り決めだとして、日本国民
にもメリットがあると強調するが、実際にその内容を見ると、この説明が虚偽
であることが分かる。

日本が輸入する農林水産物については、関税が大幅に引き下げられる。

「聖域」として守るとされた重要5品目についても、3割の細目品目で関税が
撤廃されることになった。

重要5品目以外では98%が関税撤廃される。

完全自由化率は82%に及ぶ。

農林水産物の関税が撤廃されれば、日本の農林水産業が壊滅することは火を見
るより明らかだ。

牛肉の関税率は38.5%の関税率が16年目から9%にされる。

TPP発効時点で直ちに27.5%に引き下げられる。

豚肉は現在のキロ当たり482円の関税がTPP発効とともに、直ちに125
円に引き下げられ、10年目からは50円になる。

日本の関税率引き下げは、TPP発効と同時に大幅実施されることになってい
た。



現状でも日本は米国から牛肉を18.6万トンも輸入しているが、今回のTP
Pでは、日本の和牛の対米輸出について、米国はわずかに200トンの低関税
枠しか認めていない。

枠外については26.4%の関税をかけただけなのだ。

つまり、

「自由貿易」

と言いながら、

日本の輸入関税率を引き下げて、米国の輸入関税率は引き下げないという

「不平等条約」

なのである。



これがもっとも顕著であるのが自動車だ。

TPPが日本にメリットを与えるとすれば、それは一部の工業製品の輸出を促
進する関税率引き下げが行われる場合に限られる。

その代表が自動車である。

日本の自動車対米輸出の関税率は

乗用車が2.5%

トラックが25%

である。

この関税率が撤廃されるなら、ある程度のメリットが日本にも生じると言って
よいだろう。

ところが、

自動車の対米輸出関税率は

乗用車は14年間

トラックは29年間

まったく引き下げられないことが決まった。

これは、日本がTPP交渉に参加する際に行われた、日米事前協議で決められ
たことだ。



トラックのなかにSUV(スポーツユーティリティーヴィークル)が含まれ
る。

世界的に自動車の売れ筋がSUVである。

このSUVに25%の高率関税率がかかっており、これを29年間引き下げな
いことが、日本がTPP交渉に参加する条件とされたのである。

つまり、TPPは日本の利益にはまったくならない条約なのである。

そして、トランプ大統領は、これを捨てて、日米二国間協議を求めるのであ
る。

さらに、日本に不利で、米国に有利な条件が定められることは明白だ。



日本の首相が、日本の国益を尊重し、国益無視の条約には、一歩も後ろに引か
ない、国民の利益を尊重し、これを守る人物であれば心配はいらないが、現実
は違う。

初めから、日本の利益を全面的に放棄して、宗主国米国の顔色だけを窺ってき
たのだから、これが日米二国間協議に移行すれば、さらに、輪をかけて日本の
国益を全面放棄することは明らかである。

だから、日本は日米二国間協議を受け入れるべきでないのである。

日米首脳会談も、わざわざ好き好んで、早い時期に開催する必要性もまったく
ない。



安倍首相は日米首脳会談に合わせて、沖縄の辺野古米軍基地建設の本体工事に
着工した。

沖縄県の翁長知事は、このタイミングに合わせて、沖縄を不在にした。

辺野古米軍基地建設本体工事着工が、自分の不在中になるように日程を合わせ
たのだと考えられる。

このようなことでは、日本国民の利益は守られない。

日本国民の幸福追求権は侵害されるばかりである。



トランプ大統領の登場により、せっかく悪夢のTPPが消滅することになった
のである。

大事なことは、この状況を維持することであり、
TPPよりもはるかに日本の国益が失われる可能性の高い、日米二国間協議
に、日本がわざわざ突き進む必要性は皆無である。

安倍首相の売国外交を日本国民が体を張って阻止しなければならない。

2月9日の官邸前行動に、一人でも多くの主権者の参集が求められる。




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)




  • 顔アイコン

    【日本の政治家ではない】ですからね。
    田中角栄氏の他に、首相就任した日本の政治家
    は、いたのでしょぅか?

    さて岸と関東軍。
    岸は事実上の満州国実権者、
    イランアヘンで蒋介石と山分けした30兆円。

    里見が用立てした?のか、岸兄弟でCIAへムシンしたのか?

    【岸信之】は、アイゼンハワーに、
    「首相にしてくれるならアメリカの国益になることは全てやる」と
    懇願して、1955年に日本へ与党CIA自民党をつくって貰ったのだから。

    わたくしが子供時代から聞いていた額は
    【現在にして34億円】が、
    【岸信介首相就任の為に、1957年党内にバカラ播かれた】と。

    里見は岸が首相になるまで積極的に援助していたよぅだが「アヘン王」文中では伊達(里見の秘書)によれば、
    岸に2百万円(=現50億円)提供したという。
    岸信之は、常に「他人の巨額をばら播ぃていた」のか。

    要するに「天皇も暗殺する挙動不審の翼賛会は国内のCIA!?」。

    1082001(紫音)

    2017/2/7(火) 午後 5:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事