ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示




安倍が最低8回辞任しなければならない理由。1、憲法違反の安保法案強行採決 2、一票格差違憲判決 3、TPP公約違反 4、アベノミクス失敗 5、年金運用失敗と年金カット法案 6、北方領土交渉失敗 7、国会での虚言の数々 8、森友疑惑
転載元転載元: 葉梨

証人喚問や参考人招致を拒み続ける政権悪党の卑怯な理事会決定。安倍が潔白でない証拠



森友との関係で『稲田が虚偽答弁を謝罪した』
(毎度の虚偽答弁)とか、
『今治市の土地の無償提供で安倍トモを優遇した』
(推測・憶測)とか、そんなものは週刊誌のゴシップネタ程度でしかないから、別段、取り上げる価値もない。
今まで最も虚偽答弁しているのは誰か?
『嘘』ばかり吐きながら、謝罪ひとつしないのは誰か?
安倍晋三だ。これを糾弾せずして他を叩いたところで、
視点反らしのカモでしかなく、たいして意味がない。

『安倍軍国小学校』の件は、
相変わらず、安倍自民(悪党)与党らが
証人喚問や参考人招致を拒み続け、
国会質疑・答弁は、同じような内容の繰り返しで
埒があかない。
真相究明を求める国民の声に反し、
安倍晋三の決定的関与が暴露されては困るとみえ、
籠池だけを散々貶めるだけで幕引きを図るシナリオのようだが、そう簡単にいくわけもないし、いかせない。

森友学園の契約不履行により、
『更地を買い取る』という通告を国が早急にしたそうだが、籠池側では建物解体を行う意向は全くないし、
資金繰り的にも不可能に近いだろう。
万一、この件で自己破産状態に陥れば、
将来の学校認可再申請など不可能となる。

契約内容について、籠池とはまた裏で取引できるよう
安倍らが口利きし、地上建物ごと国が買い取るような
手筈へと、こっそり条件変更し直すことも考えられる。
すると、更なる現在進行形の「政治圧力」が必要となってくるから、必ずボロが出る。

現状、国民の目は、もう開かれている。
その中で、早急な幕引きなど到底できっこないのだ。

国有地8億円ダンピングの件は
国家の中枢部の隠ぺい、
それも総理大臣が秘密裏に関与する重大な問題であって、
国有地売却の際に、
政治力が介在して便宜を図った利益供与の疑い、
国家官僚が官邸の意向に応じて手続きを行い、
その詳細な公証記録を廃棄した背任の疑い等々、
安倍晋三独裁国家の「国有財産私物化犯罪一大疑獄事件」という様相を呈している以上、
この一件の核心に、なお斬り込むことこそが重要。


潔白ならば、前の迫田理財局長を国会に呼べばいい。
拒否し続けるならば、国民は、
『安倍=国家私物化犯罪者』のレッテルを貼り続ける。
これは『印象操作』ではない。
完全なる『印象付け』として記憶される事実になる。 

第一、『安倍晋三ガンバレ!』の教育勅語改憲なんか、
国民は完全に拒否だ。もう騙されない。
全世界規模で、安倍のイメージ回復など二度とない。
日本史上、最低最悪の開き直った国家私物化首相として
歴史にその悪名を残すことになるだろう。







https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

  • 顔アイコン

    政治家は本来の政治家であるべきだと自覚しろ。政治家は政治をするのが本命であえる。刑事でも、警察官でも、裁判官でもない。そんなクダラナイことは各部署の専門担当者にまかせばよい。政治家は国民の生命、財産をまもり、国民を幸福にすることを創出すことである。クダラナイ事に捕らわれて、政治家として機会損失(政治的空白)を起こさないことだ。何故なら目には見えない大きい損失(機会損失)が起こっていることを自覚すべきだ。それは結局はその付けを国民が払うことになる。
    例えば、韓国のクネ騒動も、たかが、名門不正入学(その程度のことは山ほどあるのが現実)したと言うことに因縁をつけ、国をあげての大騒動。それによる国の損失は計り知れない。牛の角を正して牛を殺す。こんな連中が国を弱体化させている。彼らは、論理はない、ただ、工作員に汚染された一部のマスコミと国を破壊する事を目的にしている連中だから。

    [ blo***** ]

    2017/3/15(水) 午後 4:06

  • 顔アイコン

    政治家は本来的に国家のためにあるのではなく、国民国家のためにある。政治権力は腐敗する。また政治権力を
    握っているものは先ずは自制しなければならない、己の野望は二の次におくことを何時も心がけていなければならない。また政治の不正を正すのも政治家の大きな役割である。

    roo*6ak*o

    2017/3/15(水) 午後 7:31

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事