ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示



森友学園国有地異常な安値の払い下げ問題に端を発した背景には、安倍政権の基本的政策である戦前回帰古(いにしえ)への政策推進が色濃くあることは間違いない。

 安倍政権の基本的政策は戦前古(いにしえ)回帰にある。既に憲法を破壊し戦前の道である何時でも戦争が出来る政策を推進している。教育も戦前方に変革するような教育制度をも改変しようとしている。正に森友学園が目指している教育が安倍政治が目指している教育方針と一致する点である。そのようなことから森勇学園としても、安倍政権の期待に答えるべくの努力をしたいたものであろう、自ずと安倍政治の目指している森友学園としても、学校名を「安倍晋三記念小学校」名で寄付行為を行い安倍首相の期待に答えるべくに努力していたものであろう、また自ずと安倍首相の昭恵夫人を「名誉校長」ともしている。安倍晋三首相は一連のことは知らなかったと言っているが、行くら常識に欠いでいると言っても、籠池氏であろうと勝手に命名すすはずはない、個とは大阪市、市議の木邨真氏が森雄学園の国有地払い下げに不信をいだき調査した結果異常な安い価格で国有地の払下げが行われていることを、公にした結果、どうしてこれほどまでに安い価格で払い下げが行われてかが、問題化してきていることである。そこには普通であれば約9億円もの国有地が、1億円程度で払い下げられているのは不審の念が起きないのが不思議である。国有地にゴミが有りその処理に8億円かかったということも何もはっきりしていない。

 なかで籠池氏は直接自分ではなく、ジャーナリストの菅野完氏を通じてインタビューを行い一連のことについて語った中で、目指していた小学校開校に向けて寄付を受けていたこと、その中で安倍晋三氏からも昭恵夫人を通して受けているということを語ったという。これはこれまでの安倍首相に対する。インタビューであっても言ってみればぶちまけである。慌てた安倍首相は権力で籠池氏を貶めようと、本来野党が求めている籠池氏の国会iでの証人招致を積極的に受けいえれるのが政治倫理規定にあるのもかかわらずにsoleを拒否して政治に反しているにも関わらずに。独裁者の如くに籠池氏を国会での匠人喚問としている。一連の安倍政治は自制心がない政治行使を行っている点である。
 
 いずれにしても、23日の籠池氏の証人喚問でどのような結果が出るかは不確定であるが、安倍首相側からの100万円は寄付していないということで、証拠は出ないで氏あろう。籠池氏側からは一応寄付を受けている証拠が既に出されている。籠池氏の長男も寄付の100万円を銀行口座に入金しているとも証言してもいるのだが。政治権力は常に自制して行かなければ、暗黙のうちにその政治権力が知られず知らずの内に及んでしまう恐ろしい面があことに権力者は常に気を付けて行べきなのである。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事