ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示


                   「植草一秀の『知られざる真実』」

                             2017/05/28

昭恵夫人前川前次官国会招致は安倍政権与党責務

           第1752号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017052809165239106
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-39705.epub
────────────────────────────────────
加計学園による獣医学部新設に関連して

「今治市の区域指定時より「最短距離で規制改革」を前提としたプロセスを踏
んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」

「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有
いただきたい。成田市ほど時間はかけられない。これは官邸の最高レベルが
言っていること」

などの記述がある文書等について、安倍政権は「怪文書」だとしてきたが、文
部科学省の前事務次官である前川喜平氏が怪文書ではなく確実に存在した文書
であると述べた。

このことについて、野党が前川喜平氏の証人喚問を求めているが、与党はこれ
に応じていない。

野党は衆参両院の予算委員会での集中審議ならびに前川氏の招致を求めて、与
党がこれに応じるまで、国会におけるすべての審議を拒絶するべきだ。

この問題に対する与党の適正な対応なしに、共謀罪審議などの国会審議に応じ
ることは、野党がこの問題をあいまい処理する選択を示すものだと言える。

NHKは重要な国政問題が拡大しているなかで、「日曜討論」の番組枠を与野
党8党による討論に充当するべきだが、本年初以来21回の放送機会のうち、
8党による討論を実施したのはわずかに4回だけである。

NHKによる「討論隠し」も極めて悪質である。

また、政党討論会を放送するなら与野党8党による討論を実施するべきだ。

NHKは与党系が3党、野党系が2党になる与野党5党による討論を実施して
いるが、討論参加者を5党に限定する理由がない。

与党の意向に追従する番組編集であり、放送法第4条が定める

「政治的に公平であること」

の定めに反している。



安倍政権ならびに与党と与党の御用メディアは、賢明に前川氏攻撃を展開して
いるが、問題の本質に対する正当な反論の体をなしていない。

野党は安倍昭恵氏の関与問題と同様に毅然とした対応を示すべきだ。

森友疑惑では安倍昭恵氏による説明が必要不可欠である。

安倍昭恵氏は疑惑の中心人物の一人として説明責任を負っている。

安倍首相は「関わっていれば総理も議員も辞める」と明言しているのであり、
安倍昭恵氏に説明をさせる責務を負っている。

今回の前川前次官による「真実の暴露」は安倍政権が政権ぐるみで、国会にお
いて「虚偽答弁」を行っているとの疑いの指摘である。

国会は国権の最高機関であり、政府は国会において真実を述べる責務を負って
いる。

政府が国会において虚偽の答弁を行うことは国会に対する冒涜、国会に対する
背信行為である。

そのことは、安倍政権が主権者である国民を冒涜する行為である。

この重大疑惑が浮上している以上、野党はこの問題の真相を国会の場において
明らかにする責務を負っている。

前川氏を国会に招致して、政府が虚偽答弁をしているのかどうかを明らかにす
る必要がある。

野党はこの問題を明らかにするまで、すべての国会審議を拒絶するべきだ。

真相を明らかにせずに審議に応じることは、野党が問題の真相解明に背を向け
ていることを意味する。

自民党と民進党の国会対策委員長会談で国会審議再開を決めることは「談合政
治」そのものである。

この場合には、問題の幕引きを図っているのは「民進党」であることになる。

民進党の背信を主権者は断じて許すべきでない。



安倍政権の菅義偉官房長官は前川氏の個人攻撃を展開しているが、政府が追及
されている問題に対する回答になっていない。

文科省の天下り問題にしても、行政当局の不祥事の最終責任は内閣総理大臣が
負っている。

官房長官はその総理の第一の補佐役である。

菅義偉氏は5月25日の記者会見で

「(前川氏は)当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に
連綿としがみついていた。

その後、天下り問題に対する世論からの極めて厳しい批判にさらされて、最終
的に辞任された方と承知している」

と述べたが、この問題の最終責任者は安倍晋三氏である。

したがって、天下り問題の責任に言及するなら、この発言はそのまま安倍首相
の責任問題につながるものなのだ。



したがって、菅義偉氏の発言は、そのまま、

「安倍首相は、責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に連綿と
しがみついている。

その後、天下り問題に対する世論からの極めて厳しい批判にさらされて、最終
的に辞任されることになる方と承知している」

と言い換えられるものなのだ。

森友学園問題では、2月17日の衆議院予算委員会質疑で

「私や妻がこの認可あるいは国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一
切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もし
かかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということであ
りますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。」(議事
録251)

「繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさに
私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっき
りと申し上げておきたい。」(議事録255)

と答弁している。

加計学園疑惑では、3月13日の参議院予算委員会質疑で、

「働きかけているというのなら、証拠を出してください。そうだったら、私は
責任をとりますよ。当たり前じゃないですか」

と答弁している。



その後、明らかになった事実は、

「森友学園問題に安倍昭恵氏が深く関わっていたこと」

「加計学園問題に安倍首相官邸が働きかけていたこと」

である。

安倍首相が辞任を免れるには、これらの問題についての疑惑を払拭する必要が
ある。

その責任があるのだ。

疑惑を払拭するには

安倍昭恵氏



前川喜平氏

を国会に招致して質疑することが必要不可欠だ。



さらに、安倍政権は国会において、前川氏が存在していたとする文書の存在を
否定している。

国会で虚偽答弁を繰り返している疑いが濃厚なのだ。

この真相を明らかにする必要がある。

野党は与党が誠実な姿勢を示すまで、すべての国会審議を止めるべきだ。

これは「審議妨害」でなく

「審議催促」である。



「審議」を拒絶しているのではなく、

「審議を拒絶している与党の行動を拒絶する」

ものである。

主権者は野党のこの姿勢を全面的に支持するだろう。

そして、NHKは「日曜討論」の場で、国民の代表者による討論を実施するべ
きなのだ。

NHKが8党による「日曜討論」をたったの4回しか開催していないことが、
NHKの腐敗ぶりを鮮明に示している。

このようなNHKに存在意義はない。

NHKの職員は、NHKのこの腐敗した運営体質を厳しく糾弾するべきだ。



いま問われていることは、安倍政権の腐敗である。

権力の私物化

政官業の癒着

そのものである。

軽い問題でない。

国政上、最優先で解決するべき問題だ。

疑惑が鮮明になっている以上、疑惑を払拭するのは内閣の責務だ。

安倍昭恵氏と前川喜平氏の国会での説明を拒絶する理由がない。

この問題を前に進められるかどうかは、野党の対応にかかっている。

野党が審議の全面拒絶を前面に掲げれば、安倍政権は参考人招致に応じるしか
なくなる。

安倍政権がこれを拒絶して解散総選挙に打って出るなら、国民にとって最大の
収穫になる。

選挙で堂々と安倍政権を退陣させればいいだけのことだ。

繰り返すが、問題解明のカギを握っているのは野党民進党の姿勢である。




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事