ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

すでに自滅党化している自民党国会議員の約、50%が世襲議員率化していることに如実に現れていると言わざるを得ないのでのである。

 二世率は70%、世襲とは財産、職業、名称などを受け継ぐことであり、自らが職業としての政治家になるとういよりも、受動的に政治家になるケースが多いと思われる。日本は慣習として昔からのしがらみに左右される傾向が多い、後援会組織なども強固に張り巡らされていることから、あまり主義主張に関係なく、当選はほぼ確実である。政党としてもなんとなく、政策を国民に真に訴えて国民のための政治を行うはっきりしたものがなく、長年政権を担当してきているという実績的もので、政権を獲得したら、総理大臣に指名されで内閣を組織したならば、ほぼ総理大臣の考えに従っての政策を進めていくようである。本来的な政党のあり方から大きくかけ離れているのである。政党は国民から多くの支持を得られる政策を掲げて、国民の多くの支持を獲得し政権を担う事になり、政党としての支持を得た政策の遂行を、内閣を通して遂行して行くことにあるはずである。政治を機能させていくには、政党のあり方また世襲議員の是否を、根本的見直し等必要に思える昨今である。
 
※ここで僭越ながら長年衆院議員事務局に勤務33年そ後参院議員として13年合わせて半世紀巣くってきている平野貞夫氏の下記の論評の一部を引用掲載しておく。
〇 時局妙観 日本一新会会長 平野 貞夫妙観
(8月3日の安倍内閣改造などに思うこと)  

 安倍首相が内閣改造直後に行った記者会見の異常さに驚かされ
た。「おわび」と称して冒頭の8秒間頭を下げた。衆議院事務局
勤務33年、加えて参議院議員としての12年を合わせておよそ
半世紀、永田町に巣くってきたが初見のできごとだった。
 何に謝罪するための8秒間か、本来は記者団が追及すべきこと。
安倍首相本人は、強引な答弁態度や不十分な説明に、総理らしか
らぬ議場での〝ヤジ〟など、自身の〝驕り〟を反省してのことと
説明しているが二重人格者特有の言い訳だ。国会で虚勢を張って
嘘をついたことを言い換えているにすぎない。
 戦後間もなく長谷川一夫主演で「小判鮫」という映画があった。
主題歌の出だしに子どもながら関心を持ち、憶えている。

  「流す涙が お芝居ならば
         何の苦労もあるまいに・・・・・・・・」
 
 要するに、安倍首相の猿芝居にすぎないのだ。その役者が新閣
僚だ。個々の閣僚について論評するつもりはないが、これまでに
ない異常な構成なので、後世のために指摘しておく。

(改造内閣は「子宮外胎児内閣」だ!)
 突然に意味不明のことを言いだしてお許しを。簡単に解説して
おきたい。スイスの生物学者・アドルフ・ポルトマンに『人間は
どこまで動物か』という著書がある。そこには「人間は生理的に
早産である。本来の胎児期を子宮外に出るために、特別の保護や
教育が必要だ・・」という趣旨のことが書かれている。
 安倍首相を含め、新内閣の20名を検証してみると、まず過半
数の11名が二世か三世か、それに準ずる人物で構成されている。
自民党四役をみると3人が二世議員だ。これだけ政治家の世襲が
多数を占めた政権は、現憲法下で初めてである。この傾向は自民
党の政権が続くかぎり拡大すると思う。私の知るところでは福田
康夫・小沢一郎両氏ぐらいが、二世議員とはいえ自立心と社会的
正義を理解しているぐらいだ。他は全部とはいわないが、自立性・
判断力・調整力・人生観・歴史観等々について、幼児ならまだし
も、胎児期の国会議員ばかりだ。故に「子宮外胎児内閣」と命名
した。
 ほとんどが、先祖の社会的・経済的遺産が背景にあり、これが
一見、公平に見える選挙を正常に機能させなくするなど、日本の
政治文化の欠陥を代表しているといえる。この輩で構成する内閣
を、安倍首相は「仕事人内閣」というのだから、開いた口がふさ
がらない。引用終わり

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事