ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示



2017年08月25日 15:20

自民党の補完勢力に帰結する「前原路線」

民進党の代表選が始まった。これまでも繰り返し述べてきたように、枝野氏・前原氏のどちらが代表になっても党の団結は厳しく、民進党は解党または分党するのが望ましいという私の考えは変わらない。しかしながら、国会議員の支持を中心に前原氏が有利という状況を見るにつけ、彼を支持する多くの党所属議員の政治感覚には疑問を感じざるを得ない。
本稿では、前原氏の浅学さを指摘した上で、自民党に対峙する二大政党の一翼は中道左派政党でなければならず、共産党を含めた野党共闘を捨て都民ファーストの会周辺との連携を模索しても支持の拡大は見込めないことを強く主張したい。

保守二大政党制などありえない

前原氏に代表されるような民進党所属の「保守系」議員は、「中道保守」とか「穏健保守」などと言う言葉をよく口にする。要は安倍政権が右寄りすぎるから、真ん中にいれば国民の支持が戻ってくるだろうという浅はかな願望を抱いている。しかしながら、便宜上「右派」を「外交・安全保障でタカ派かつ経済的には小さな政府志向」と定義すると、安倍政権はどこまでも右派一辺倒の政権とは言えない。
特に経済政策的には、教育の無償化なども含めナショナルミニマム・再分配的な政策を取り入れる傾向がある。外交・安全保障は確かに安保法・憲法改正などタカ派的な傾向が顕著ではあるが、本年の終戦記念日に閣僚が靖国参拝を控えたり、一昨年の安部談話で「植民地支配」「侵略」と言う言葉だけは用いて一応近隣諸国に「配慮するふり」を見せたりしている。折を見て、有権者や諸外国に対して自分たちが「中道(右派)」だという印象を与えようと試みているといえる。
それゆえ、「中道保守」とか「穏健保守」と訴えても、多くの無党派層の心には響かないだろう。目指す方向が自民党と根本的にどう違うのか見えないのである。前原氏など「保守系」議員の多くは保守二党性の実現を考えているようであるが、これこそ浅学の極みで実現不可能である。前原氏は自民党と対峙する二大政党の一翼は8割方政策が同じであるべきだと述べていたが、「2割の違い」は本質的ではない。
与党である自民党は選挙に勝つなら民進党が重視するような再分配的政策をある程度取り入れるだろう。政策に大した違いがないのならば、有権者が組織としての安定感に大いに欠ける民進党にあえて政権を託そうとはしないのは当然である。
「対案路線」などと言っているのも愚の骨頂であり、良い対案であれば与党が選挙前にそれを実行し、与党の功績として誇示されて終わりという間抜けな結果に終わるのは目に見えているのだが、前原氏には理解できないようである。安保法制、さらに憲法改正にしても、基本的に集団的自衛権を合憲と考えているようなので安保法制の違憲性を真剣に考えることなく、安倍政権の改憲案に「修正」と言う形で協力しようとすることが予想される。
前原路線を進めるならば、民進党は「対案を示す現実的野党」と自称しながら結局は自民党の補完勢力でしかない日本維新の会と同じ道をたどるのは必至だが、まとまりがないこの党では途中でこれに対する反発が起き、「前原代表」は党内対立から蓮舫代表と同じ運命をたどるであろう。
さらに「穏健保守」という言葉自体、積極性や主体性に欠ける印象を受ける。かつての自民党の宏池会的なものイメージしているのかもしれないが、宏池会に対しては、小選挙区導入を決断出来ずに自民党の分裂・政権交代を許した宮澤元首相、加藤の乱で決断力のなさから総理候補から転落した加藤紘一氏らの「優柔不断なお公家集団」というネガティブな印象を持っている有権者も多いであろう。
諸外国を見てみても、OECD諸国で複数の保守政党が議席数の一位、二位をしめているのは極端な右傾化が懸念されているポーランドくらいであり、小選挙区制度を採用している国の多くでは中道右派(保守)−中道左派(社会民主主義・リベラル)の二大勢力が対峙している。最近はフランスでは中道を標榜するマクロン大統領の与党「共和国前進」が国民議会で勝利し多数派を形成したが、それとてマクロン政権の急激な支持率の低下と共に先行きが不透明である。
マクロン氏が選ばれたのは極右のルペン氏が大統領になるのを阻止するという消極的な要因が大きく、「共和国前進」が議会選で勝利したのもマクロン氏が大統領なのでとりあえず与党を勝たせてあげようという有権者心理が大きく左右したと考えられる。都議選における都民ファーストの会の勝利と同じようなものである。長期的に見て、中道右派の自民党と対峙するのは中道左派政党でしかありえない。

野党共闘の否定・都民ファーストの会との連携は自爆行為

前原氏は共産党を含む「野党共闘」を否定し都民ファーストの会周辺との連携を考えているようであるが、これこそ自爆行為である。民進党が本来果たすべき役割は、左の支持を固めて、無党派層を取り組む政策を打ち出すことである。左を捨てて真ん中の票を取りに行けば支持が拡大すると思い込んでいるようであるが、これもまた実に浅はかである。先日の投稿でも示したように、政策的に真ん中に位置する無党派層は政策に対するこだわりが党派性の強い有権者よりも薄い。
無党派層がその時の「風に」で投票先を変える傾向がある以上、彼らから継続的な支持を得るのは難しい。無党派層からの支持を得るには、インパクトがありかつ中道右派政党である自民党が許容できない政策を打ち出すことが必要である。
脱原発はそのような政策の一つだと言えるのだが、小池都知事の築地移転問題の決断を見るにつけ、彼女に自民党・日本経団連・経産省・製造業系労組の全てと対立してそれを実現しようとする気構えがあるのかは甚だ疑問である。仮に都民ファーストの会が国政政党化しても、打ち出される政策は具体性がなくインパクトがないものの羅列になる可能性は高いだろう。
一方で、前原氏自体が代表選において原発問題で最も脱原発に消極的な旧民社党グループの支援を取り付けている以上(前原氏の推薦人には電力総連の組織内議員も含まれる)、彼自身がこの問題で思い切った方向性を打ち出すのは難しいだろう。都議選の時のように小池氏が「既に行政の長だから与党を支持する」という理由もなく、政策もあやふやならば、仮に前原民進党が都民ファーストの会と組めたとしても政権を担えるような存在になれるとは思えない。

社会主義と共産主義の区別がついていない前原氏

前原氏は、共産党に対して「政策や綱領があわない政党とは組めない」と言っているが、そもそも共産党を含む野党4党間での政策協議さえ否定しているような人物にこのような言葉を言う資格がない。また、共産党の綱領に共産主義社会の実現を目指すと書いてあるからダメだと子供じみたことを言っているが、共産党は仮に政権が取れたとしても簡単に共産主義社会が実現できるとも言っていないし一党独裁制を行うとも言っていない。
共産主義は一つのユートピア思想であり、マルクスが描いた社会を実現することは難しいだろうが、仮に実現できたとしたらその社会では人々は現在の社会より幸福に暮らしているかもしれない。前原氏は、経済思想としてのオリジナルのマルクス主義とそれに対してレーニンら独自の解釈を加えて共産主義実現のために一党独裁制を正当化した「マルクス・レーニン主義」の区別ができていないのではないか。
さらに前原氏の浅学ぶりを示しているのが、HPに記載されている「私的な所有を否定し、結果の平等を追い求めるのが社会主義、共産主義思想です。(中略)格差のない社会を目指すのが社会主義や共産主義です」と言う文言であり、社会主義と共産主義を区別できていないようである。
社会主義とは、Oxford English Dictionaryでは「生産手段、分配、交換が共同体全体により所有または規制されるべきだと主張する、社会組織に関する政治経済理論」、ブリタニカ国際大百科事典では「資本主義の矛盾を批判し,これを克服して,新たな社会を建設しようとする思想と運動の総称」と定義されている。社会主義は広い概念であり、広義には社会民主主義も共産主義も両方含まれるのである。社会主義政党(Socialist Party)が嫌だというならば、社会民主主義政党の国際組織である社会主義インターナショナル(Socialist International)に加盟しているフランス社会党(Parti Socialiste)や スペイン社会労働党(Partido Socialista Obrero Espanol)も敵視するのだろうか?
前原氏は、大学時代は政治学専攻だったらしい。学生時代の勉強が不十分だったのか松下政経塾で教えられた内容が偏っていたからかは知らないが、こうしたことも理解していないような人物に日本の最高指導者を目指してほしくないというのが偽りない気持ちである。
最後に、昨年の参議院選挙で共産党の力を借りて何とか一人区で当選しながら前原氏の推薦人になった参議院議員、脱原発や野党共闘を主張しながら前原氏の推薦人になった衆議院議員には心底呆れるが、こんな前原氏でも本当に応援し続けるのかと問いたい。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

  • 顔アイコン

    > knd_pev77さん,二人共迫力がありません、到底打倒自民党にはなりきれません、この際にやはり豪腕政治力量もある小沢氏に短期でもやってもらうよりないようです。コメントどうもでした。

    roo*6ak*o

    2017/8/26(土) 午後 6:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > knd_pev77さん、妥当安倍政権にの可能性が欠如している。前原氏の政策特にヤトウ共闘への取り組みは、現実的でなく打倒への可能性が遠のくことになる。

    roo*6ak*o

    2017/8/27(日) 午後 1:12

    返信する
  • 顔アイコン

    > knd_pev77さん、安倍の死に体を打倒できない野党であればまさに存在価値がゼロになります。

    roo*6ak*o

    2017/8/27(日) 午後 6:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事