ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

「アベ友・山口敬之レイプもみ消し事件」
【いまの日本は、アベ氏自身や総理に親交のある人間には司法と検察はきちんと機能していない 歯向かう者は徹底的に攻撃される 支持率落ちて当然だ】
イメージ

「山口敬之のレイプもみ消し事件」この事件の時は、はらわたが煮えくり返る思いだった。裁判所が出した「逮捕状」が無視された。
政治家が逮捕されるのは、お金の関係が多いがこれも、ホントの一部で氷山の一角だ。
 カケ・モリ問題だって、塚本幼稚園が「日本会議」の思想に基づいた右傾幼稚園の子どもたちの「教育勅語を知ってる子どもたち」動画などがキッカケで出てきた問題であり、それが加計学園疑惑と広がって行ったのだ。これも、ある意味では奇跡的なようなものだ、こうした、政治家がらみの疑惑は氷山の一角にすぎないことなのだろう。
イメージ

そんな中で起きたのが「レイプもみ消し事件」これこそが、アベ官邸の酷さを表した事件ではないだろうか? 
 裁判所の「逮捕状」が出てるのに「アベ友であれば犯罪者が逮捕寸前のところで、アベ官邸から「待った!」がかかり、逮捕中止」となったの事件である。 忘れてはいけない事件である。
イメージ
イメージ

【「レイプもみ消し事件」いま司法と検察はきちんと機能していない国である証拠である】

 アベ政権が犯した数々の所業の中でも、私は、あの詩織さんの件だけはどうしても許せない。
イメージ

【アベ友・山口敬之にレイプされた詩織さんの言葉をよく考えて見よう。流石にジャーナリストを目指しているとても重い言葉だ】
彼女が記者会見でのべた一節がこの言葉である
「マスコミなどは私を、安倍晋三と戦おうとしているように見せようとします。私には、そんな気はありません。 
 山口にはダマサれて、あんなことをされて確かに憎いですが、でも、今はもはや、もう、どうでもいい事、事故にあったようなものと諦めています。
私にとって重要なのは、アベ官邸の指示によって、警察や司法がちゃんと機能していことなんです。」とのべている。

つまり、警察や司法のおかしい事を述べているのだ。

イメージ


加計学園問題で、国会喚問で述べた「元文部省の前川喜平政務次官の言葉」とにてるニュアンスがある。
 彼も、「アベ官邸によって行政が完全に歪められていた、国民に申し訳がない」と述べていた。
イメージ

イメージ

二人に共通するのは、アベ氏の官邸、内閣人事局に政治関与によって、
 アベ忖度によって「司法や行政、警察、検察がきちんと機能できない」ようになってる日本。 政治的圧力で三権分立を無視したことが堂々ち行われていた」ことなのだ。


【今の司法も行政も政治も、アベの顔色をみていて、三権分立が完全に壊れた状態になってしまっていることだ】
イメージ
 これは、憲法の基本原則を壊し、独裁化したアベ氏。
三権分立とは、読んで字のごとく、「司法、行政、立法の権力を分立させている状態のこと」だ。3つの大きな権力を分立させることで、権力が特定の組織や人物に集中させることを防ぎ、それぞれの権力がお互いを監視するシステムだ。
 法治国家の日本では、法律を取り巻く大きな3つの権力を監視することで
正常の状態に保ってきたのです。しかし、これが、アベシンゾウが総理大臣になってから、壊されて総理に権力が集中するようにして、総理が独裁的にしたのだ。 これまでには、あり得ないことをアベシンゾウは平気で行ったのだ。 
 このことに、「国家は崩壊すると」痛烈に批判したのが、福田康夫元総理大臣です。これは 、福田康夫氏が指摘するずっと以前から、弁護士などから言われていたことであり、加計学園見るようにを、「自分の友を庇うためにこの憲法の基本原則を壊した」のだ。 
イメージ

もはや、一般国民も既に気がついてるのです。だから、世論調査でも「アベ総理の人柄が信用できない」が一番大きな不支持の理由になっている。女性の支持率が極端に低い。
イメージ
クリックすると新しいウィンドウで開きます

【「詩織さんのレイプもみ消しなど」は、忖度どころではなく、アベ官邸の指示で警察、司法が歪められた見本みたいな事案だ】

 菅官房長官の秘書だったと言う警察関係者の指示で当時・警視庁の刑事部長・中村格の一存で逮捕状が反古にされたのだ。
 これは、菅官房長官 ⇨ 警視庁 ⇨ 刑事部長・中村格と「逮捕中止」の司令が行ったのである。
※【山口敬之レイプ疑惑はどうなったのか? 詩織さんに相談されていた記者が証言! 作家の中村文則も不起訴の経緯に鋭い分析2017.07.05付け リテラ  http://lite-ra.com/2017/07/post-3293.html
注:中村格は(2017.8人事異動)で、警察庁・総括審議官に昇格してる。
「辞めろ! 税金払わないぞ!」国民が騒いでいる、佐川国税局長官のありあえない特別昇格と同じで構図の人事なのである。
 更に、 森友問題に関与しキーパーソンと言われていた、安倍晋三首相夫人付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が8月6日付で伊大使館へ異動辞令が出されて、在イタリア日本大使館1等書記 官に就いていている。絶対に有り得ない人事だ、普通、大使館は外務省の所管であり、何故、中小企業庁からイタリア大使館に? これも、森友疑惑に深く関わっていたことから、海外に飛ばした人事であるのはあきらかだ。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

【山口敬之は、内閣情報官の北村滋に被害女性との件を相談していて、そのメールが間違って新潮に届いたと週刊新潮が報じた】
イメージ
【レイプした、山口敬之は北村滋に「このレイプ事件」で相談していたのだ】
北村滋は「首相動静」に頻繁に登場する警察官僚で、第一次安倍政権のときに首相秘書官に就いていた。さらに第二次安倍政権から、北村滋氏は内閣情報調査室のトップに就任して安倍首相の右腕のような存在になっている。
毎日のように安倍首相に会い、いろんな情報提供をしていた人物だ。
 内閣情報調査室とは内閣に属する情報機関で、言ってみれば「日本政府の情報機関の代表・取りまとめ役」としての役割を持つ。
 そのトップである内閣情報官の北村滋氏が、安倍首相に情報提供するのは当たり前のことだ。
 北村滋は、菅官房長官を飛び越えて安倍首相に情報を直接伝えることもあるほどの人物である。
 国内外の情報の収集・分析とは無関係な、野党などからの政権批判の情報とか、安倍政権の政敵のスキャンダル情報も収集していた。
 北村滋は安倍首相お抱えの諜報員であり、安倍首相とも密接な関係を築いてえう。アベ総理と太いパイプで結ばれている仲なのである。
 このこともあり、「山口敬之のレイプ事件」のもみ消しにも関与していたのだろう。

※【北村滋内閣情報官の経歴は?】TOPIC STATION 2017.05.30
 http://topic-station.com/archives/3556
イメージ

【今の日本はとてもじゃないが民主国家の体(てい)をなしていない】
 司法も各省庁行政は歪められて、政治は、アベ独裁と言う国家形態になっている。
 これでは森友学園事件も加計学園事件もまともな捜査や裁判は望めない。
 山口敬之この人物、あの事件報道以来、一切公の場に顔を出さない。1点の曇りも無いなら森友学園事件のアベ弁護に連日TVで上から目線で説教していたように、不起訴になった理由を国民に説明したらどうだ。あの威勢はどこに行った?

まあ、このような酷い国にしたものだ、アベの罪は非常に重い。
支持率が上がることはないまま、10月の選挙突入になる可能性が高い。

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事