ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

「もはや憲法9条のみが頼り」ー
【アベ総理よ。日本の原発に北朝鮮がロケット爆弾を撃ち込んだらどうするのか トランプと一緒になって、追い詰めていいのか。危機になって分かり憲法9条の強み】
原発にノドンミサイルを発射しない。その答えが出てからアベシンゾウは北朝鮮強硬論を言って欲しい。
トランプと一緒に勇ましいことを言うのはいいが、日本国内の原子力発電所にミサイルで攻撃されたらどうするのか、「北朝鮮は日本は近い国」という言葉を使っている。 これに、シッカリと準備は出来ているのか。   
日本は、これに対応できてはいないのは、誰の目にも明らかだ。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
クリックすると新しいウィンドウで開きます


【Jアラートを鳴らして国民を脅して、何の役にも立たない防災訓練をしている暇があったら、このことをとことん考えて行動せよと言いたい】

 今や北朝鮮が核を持っているのは世界の暗黙の了解事項だ。
核保有国は世界で北朝鮮を除いて9ヵ国ほどある。
国際社会は、その「9ヵ国は良い」が、「北朝鮮だけは駄目」というのは一般的に言って通用するのか、おおきな矛盾があるはずだ。
 だから、北にとって核保有は生命線、それがなければイラクやリビアのようになってしまう。だから絶対に、雑草を食べる事になっても、手放さないし核実験もやめないだろう。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

【「石油を止め」徹底的に追い込んで北に思い止まらせると、トランプ大統領とアベ総理やは意気込んでいるが、追い込むと「窮鼠猫を噛む」という事態になる恐れがある】
国連安全保障理事会は11日夕(日本時間12日朝)、北朝鮮への石油輸出に上限を設けるなどした制裁決議を採択
朝日新聞 2017-09-12
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000012-asahi-int
 制裁に慎重な中ロも賛成し、全会一致だった。ただし、石油の全面禁輸を掲げた米国は中ロとの妥協で大幅譲歩を余儀なくされた。

 制裁に慎重な中ロによって、一応、石油の全面禁輸は見送られて、決議は国連加盟国に対し、ガソリンや軽油などの石油精製品について年間200万バレルという対北朝鮮輸出の上限を設け、原油については過去1年の輸出量400万バレルまでの輸出を認めたのだ。
ーー以下略ーー

もし、これが全面禁止となり、北朝鮮を追い込むと「窮鼠猫を噛む」という事態になる恐れがあったはずだ。

【これは、先の大戦で、日本が1941年に「石油全面禁止」を受けて、真珠湾攻撃したのと同じ構図になる】
 当時の日本は、石油をアメリカに頼っていたが、そのアメリカが石油を輸出しないとなったら、どうにもならなくなり、宣戦布告となる真珠湾を予告ナシで奇襲攻撃した。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 あの時の国際情勢からみて、日本は、今の北朝鮮とおなじような「無謀な国」であり、まさに「異端児」でもあった。

 戦前の日本は、今の北朝鮮と似ている。
 当時の軍部は国民には戦争の正義を煽り、情報を規制し、国民には「共謀罪」と同じような「国家治安維持法」で、「戦争反対思想」をとりしまり、国民相互の監視を強めていた。更に、「国家総動員法」という「国家がすべての人的物的財産を自由にできる」などといった法律も作り、戦争の協力的でない人を「非国民」といい、国民同士でも、「お国のため」「天皇陛下のため」と言って、国民を駆り出して行くようになる。
そんな、日本は今の北朝鮮と似てる点がある。

※このような、戦前に回帰させたいのが、「自民党・改憲草案」である。
 
【北の将軍様の31歳のあの不良少年は何をやるか分からない】
クリックすると新しいウィンドウで開きます 
「窮鼠猫を噛む」で、日本は一番怖いのは原子力発電所をノドンミサイルが、60基もある原子力発電の核燃料プールに命中することだ。
 日本海がわなど、近いし、これまで日本方向に何度も発射してその実績を積んで、命中率は非常に高いモノとなっている。

 誰も分かる理屈だが、原発にミサイルを打ち込まれたら核弾頭などなくても核爆弾と同じになる。放射線が日本国中に蔓延して日本は住めない国土となるのだ。

▼電源喪失で、メルトダウンした福島原発だが、こんな被害ではないだろう。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

【日本には1年以上活動した原発が50基以上ある。使用済み核燃料は、高い放射能を持っている。もし、狙われたら? ゾッとする】

 原発を攻撃されたら、1つの原発で、広島原爆の何百倍もの放射能が出ると科学者が報告している。
 北朝鮮は日本向けノドンミサイルは既に配備を終えている。
ミサイル戦争になったら、もう日本はひとたまりもない。
▼軍事評論家も話しているが、これでは複数のミサイルなど迎撃不可能だ。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

50基の原発基地をミサイルやロケット攻撃から防御するのは不可能なのだ
 中国やロシアが石油を止めることに、反対しているのは、そういうことにも、配慮してると見ることもできる。
たとえば、単に中朝国境に難民が溢れるからだけではない。原発が攻撃されるという事情も考えているからではないか。

もう一度言う。

【アベ政権は「原発の警備は万全でテロにも備えている」などと言っているが、一度の数発、発射されるノドンミサイルなど対応はできていない】
 今や北朝鮮は、ほぼ同時に数十発を数メートル内の誤差で撃つ能力を有していると言われているのだ。
 日本にある50もの原発基地に北朝鮮のロケット爆弾が来た時どうやって抑えるのか。 もはや、不可能なのだ。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

【その議論をなくして簡単に力と力で北朝鮮を追い込んで行くと言うのは、出口なき戦略であり、非常に危険になる】

 トランプと一緒になって、アベ総理は「緊密な連携取っていく」とうが、それが正しい道なのだろうか? そうではないはずだ。
 北朝鮮はアメリカだけが敵ではない。同盟国の韓国、日本も同等の敵と思ってるのだ。
 これに、アベ氏がアメリカのトランプや外の米の同盟国と一緒になって、強行に追い詰めて良いはずなどない。

とにかく、北朝鮮を強行に追い詰めてはいけない。

【日米同盟だけでは防御できない現実なのだ。この今、日本の持つ「憲法9条」こそが最大の武器なのだ】 
 よその国との違いが、今の日本にはある。
 それは、憲法9条があることだ。「戦争放棄を憲法規程してる国」を、北朝鮮でも、ホントに打てるか? なのだ。
 「戦争放棄」してる北朝鮮が攻撃すれば、恐らく国際社会は一体となって北を攻撃することになることを、恐れているはずである。
 最悪のシナリオになってしまう。
 だから、アベ政権が、この「憲法9条」に違反した「安保法」で「集団的自衛権」で米に加担できる自衛隊にしたのが、悔やまれるのだ。

本当に強い国とは何も軍事力だけではないことを知るべきだ
 色々な軍事力があるが、現在の「核爆弾は広島などの100倍」の破壊力がある。
 仮に、複数のミサイルで攻撃されれば、米国の面積全部があの広島、長崎のような焼け野原となるのだ。生きてる人間はいなくなるだろう。

だから、これ以上、国際社会も「北朝鮮」を追い詰めていけない。
迎撃ミサイルなどで、ノドンミサイル全てを撃ち落とせるはずも、ないのだから。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
こうした危機になって、初めて分かるだろう。
「憲法9条」の「戦争放棄」が最大の武器であることを。

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事