ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

 DIAMONDの調査によると日本の富裕層が、ここ15年間で46%増加しているという。種々の要因があるが、大きい要因は株価の上昇にあるという。大企業を中心にした株価の上昇である、自民党が進めてきている経済政策がもたらしているのである。アベノミクスはこのような傾向を強める効果をもたらすものである。逆に賃金労働者の賃金は下降線を辿って、格差の増大をもたらす一因となっているのである。
 当然ながら家計は消費税の増税によって、家庭の貯蓄は低下傾向になってきている。デフレ経済からの脱着も未だに果たされていない、デフレ不況が続いているままである。このような自民党の経済政策を何時迄も続けていいのか否であろう。

増加傾向にある日本の富裕層

 前回紹介したNRIの調査によると、日本の富裕層は近年、増加傾向にあります。2015年の富裕層および超富裕層の世帯数は2000年と比べると約46%増加しており、金融資産の総額も60%ほど増加しています。15年という短期間の割には、相当な伸び率です。
http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/4/9/670m/img_491e28573bfb9585e696c19dbd64bbfc414892.jpg(図)超富裕層・富裕層の保有資産規模と世帯数の推移 (2000年〜2015年の推計結果)
拡大画像表示
 この勢いはまだまだ続くと見られ、クレディ・スイスが2015年に発表した「グローバル・ウェルス・リポート」によると、日本の富裕層は212万人(クレディ・スイスの推計)から、2020年には359万人に増加すると予測しています。
 なぜいま日本で富裕層が増えているのでしょうか?
 NRIによる推測では、この伸びの要因は「アベノミクス効果による株価上昇」と、「相続者の増加」にあるのでは、としています。
◎株価上昇の要因
 株価が上昇すれば株で資産運用をしている人は儲かります。これによって今まで準富裕層(5000万円以上、1億円未満)だった人が、1億円の壁を突破した可能性は大いにあるでしょう。
 また、株価上昇は企業の業績が良い証しです。東京商工リサーチのデータによれば、2015年3月期決済で1億円以上の役員報酬を得た人は、開示されているだけで411人おり、前年比で50人増加したそうです。
 さらに、昨今のベンチャーブームによって、主にインターネットサービス系のベンチャー企業は優れたアイデアとチームを持っていればスケール(規模拡大)しやすい環境になってきており、IPOやバイアウト(会社の売却)によって富裕層の仲間入りをする起業家は、今後増加していくと予想しています。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事