ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

イメージ 1

目次
序章 「救う会」に乗っ取られた「家族会」
第1章 拉致を使ってのし上がった男
第2章 被害者死亡を認めた首相の大罪
第3章 拉致被害者を利用したマドンナ
第4章 情報はゼロの外交官
第5章 「救う会」を牛耳った鵺
第6章 政治家を怖れるマスコミの罠
第7章 カンパを生活費にする男
第8章 「家族会」を過激にした張本人
特別対談―拉致問題の現在と最終解決 青木理&蓮池透

※:15年前、拉致被害者5人が救出されてから15年が過ぎた、救出された弟薫るさんを思いながら、最近、蓮池透さんが次のように語っている。
戦争なら救出どころではない、政府は恐怖をあおらず対話を促せ。
 現状は交渉ができる雰囲気ではない。北朝鮮は大きなl脅威だが、日本政府は必要
以上に恐怖をあおっていると感じる。
 戦争になれば日本にも戦火が及び、被害者救出どころではない。米トランプと一体化するのではなく、北朝鮮が対話のテーブルに着くよう助言すべきだ。圧力だけで北朝鮮が交渉に応ずるとは思えない。等と語っている。



https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事