ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

自民Aと自民B程度の日本ファーストの会 2
2017-09-17 11:13:44NEW !

「我々選民が、いかに、未来永劫、この国の、権力を、独裁を、享受できるようにしていくには、
 
どのような詭弁で有権者(愚民)に訴え、当選することが必要なのか。」
 
と、言う勉強会かな。
 
 
小池国政新党 これが受け皿? 改革に名を借りた秘密結社
http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016643
 
 
若狭代表は塾生たちを前に「我が国の30年先の未来図を描く政治」を説いた。=16日、都内 撮影:筆者=
 
小池国政新党は都議選のような反自民の受け皿ではなかった ―
 
若狭勝衆院議員が代表を務める小池国政新党(日本ファースト)の政治塾がきょう、開校した。
 
その名も輝照塾。
 
小池都知事が講師をつとめた一回目の講義には、20代から60代まで約200人が参加した。
 
この中には元国会議員が5人以上、地方議員が約10人含まれる。
 
若狭氏によれば、輝照塾は同党の国会議員を目指すためのルートだ。
 
自民党の公認は得られそうにない。
 
さりとて民進党は次の総選挙まで存続しているのか分からない。
 
政治塾は赤じゅうたんを踏みたくてたまらない人たちの拠り所であることは確かなようだ。
 
小池国政新党は一院制と改憲を目指す。
 
小池知事は講義でしきりと改革を強調しながら「憲法改正を全く違う切り口で、しがらみなく議論して国民に問うていく」と話した。
 
講義後の囲み会見で記者団に一院制について問われると「議会に首相が(会期の)3分の1もへばりつく日本のシステムでよいのか。慎重審議では世界に遅れる」との考えを示した。
 
小池国政新党(日本ファースト)の母体ともいえる都民ファーストは、雲行きが怪しくなってきた。
 
コロコロ代表が変わる。
 
それも所属の都議会議員に知らされないまま。
 
党規約が公開されておらず、所属の都議会議員も内容を知らないという報道もある。
 
秘密結社か、との指摘さえある。
 
民進党を離党し小池新党に合流する議員は(見込みも含めて)6人位にとどまりそうだ。
 
自民党からは1人もいない。
 
小池新党から放たれる粗悪なファシズムの匂いを嗅ぎ取ったからだろうか。
 
1993年、主流だった竹下派の議員たちが なだれ を打って自民党を離党し、政界再編成が起きた。
 
その時の受け皿は「新党さきがけ」「日本新党」という常識派の改革政党だった。
 
今回のような改革に名を借りた“秘密結社”ではなかった。
 
 
マスコミは話題が好きだ。そして無責任に垂れ流す。夥しい数のカメラマンと記者が詰めかけた。=16日、都内 撮影:筆者=
 
〜終わり〜
 
 
【内紛?】都民Fの会の野田数代表がスピード辞任し、同じく小池側近の荒木千陽都議が就任!音喜多駿都議は「密室独裁体制」に激怒!
http://yuruneto.com/araki/
 
どんなにゅーす?
 
・小池勢力の都民ファーストの会の代表を務めていた野田数氏がスピード辞任し、後任に(野田氏と同じく)小池氏の元秘書の荒木千陽都議が就任した。
 
・幹部内の密室協議を通じた代表の辞任や選出に、同じ小池シンパである音喜多駿都議が激怒。
 
「55人を擁する大会派の代表をたった3人の合議で決めるというのは、民主的プロセスにのっとったものとは思えない」と強く批判をしている。
 
 
側近同士でバトル激化 小池知事率いる都民ファに内紛勃発
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213513/2
 
 
 
【危険すぎ】小池新党の代表・若狭勝氏が、衆参統合の「一院制」の実現を掲げる!「小池氏・細野氏も同じ考えだ」
http://yuruneto.com/wakasa-itiinnsei/
 
どんなにゅーす?
 
・小池勢力の国政新党に向けて準備を進めている若狭勝氏が、衆参両院を統合し「一院制」を実現することを政策の柱にすることを明らかにした。
 
・若狭氏は、「議員数の削減」や「スピーディーな決断」などを理由として掲げており、小池都知事や民進党を離党した細野氏も同じ考えであることを強調した。
 
 
「若狭新党」 「一丁目一番地」は一院制
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170913-00000309-fnn-pol
 
 
 
Dr.サキ  ‎@XKyuji 
若狭勝衆院議員「一院制」新党の目玉政策に
https://newspass.jp/a/bph0s
「一院制」を新党の目玉にすると若狭氏。
「一院制に反対する人は新党のメンバーにはならない」と強調。
小池都知事や細野氏も賛同していると言うが『小池独裁国家』でも作ろうと言うのか。
バカバカしい。
 2017年9月15日
 
 
若狭氏「一丁目一番地は一院制」!ますます小池勢力の危険な思想が明らかに!
 
小池新党の代表を務める若狭勝議員が、なんと衆参を統合させた「一院制」の実現を主張しています。

すでに反民主主義的な性質は至る所に見られましたが、想像以上に危険な思想を持っている勢力みたいですね。

小池氏の都知事選立候補当時からの(作られたような)フィーバーからどうも嫌な感じがしていたけど…
 
やはり「大日本帝国の再来」のシナリオが、安倍政権に加わり小池新党でも同時進行し始めていると見るのがいいようだ。

可能性として考えられるのは、
 
安倍政権(ないしはポスト安倍政権)が単独で党勢を拡大して改憲による独裁国家化を実現させるか、
 
あるいは反自民の受け皿として小池新党がこの役割を担うか
 
ないしは小池新党と自民党が結託してこれを実現させるか
 
という3つの展開が考えられるね。
 
いずれにしても、小池氏自身も日本会議と関係が深い点でも、
http://yuruneto.com/koike-nazo/
 
米・イスラエルネオコンの好戦的な軍事勢力がこのシナリオを進めている可能性があるし、行き着く先は、まさしく「大日本帝国の悲劇の再来」ともいうべき、第3次世界大戦の下地づくりといったところだろう。

細野さんも民進党時代から、その行動から(CSISなどの米支配勢力より)日本の対米自立を目指す野党を壊滅させる役割を担っていたように見えますし、そういう意味では、彼がここに来て小池新党と合流しているのもごく自然な展開かもしれません。
 
 
言うまでも無く、一院制にするには憲法改正が絶対に必要になるし、一院制にしてしまうと多角的かつ慎重な議論を行なう機会が失われ、権力による暴走を招きやすくなるのは誰が考えても簡単に分かる。

すでに現在においても、与野党のバランスを大いに欠き、
 
二院制が十分に機能していないせいで国民無視の議会運営が増長している現状があり、
 
これが一院制になってしまうと、
 
文字通りに、権力の思い通りに次々と重要な政策が決まってしまう「独裁国家」と化してしまう。
 
大日本帝国を深く賛美している前代表の野田氏といい、
http://yuruneto.com/koike-jinin/
 
小池勢力のメンバーは筋金入りのファシストやネオナチ系の集団であり、これらの勢力を拡大させていくことは非常に危険だ。
 
 
むしろ維新よりも急進的なファシズム勢力かもしれませんね…。

最近のマスメディアは国民目線での報道が極端に減っているだけに、私たち自身が本質を見極める目を持ち、その都度適切な判断を下していくことが必要です。

民進党内では小沢氏を民進に招集する案が検討されているとのことだけど、
http://yuruneto.com/ozawa-hukutou/
 
これはますます悠長なことを言っていられなさそうだし、一刻も早くに、真に安倍政権と対立する野党を再構築する必要がありそうだ。
 

【気色悪】小池都知事の都民ファの議員が横一列で取材拒否か!マスコミからのアンケートの回答も雛形のような同じ文面が…
http://yuruneto.com/koike-robot/
 
【次々と…】小池都知事が(歴代知事も出してきた)関東大震災での朝鮮人虐殺への追悼文送付を断る!今後要請があっても出さない方針!
http://yuruneto.com/koike-tuitoubun/
 
【前原一派はショック?】日本ファーストの会(小池勢力)の若狭勝議員がTV番組で明言「少なくとも私は、今後民進党と手を組むということはない」
http://yuruneto.com/wakasa/
 
 
小沢一郎氏が再び民進党救世主になる
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-9449.html
 
 
 
 
 
 
 




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

 
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事