ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

2017-09-18 20:32:51NEW !
テーマ:ブログ
テレビとネットの情報をどこまで信用するか?
 
NHKを中心に各メディアが取り上げだした解散総選挙。
 
これは僕は電通のシナリオだと思います。
 
もちろん決定されたわけじゃありませんが、各メディアが騒いだ
結果の国民の様子を見て決めるはずです。
 
野党第一党民進のゴタゴタ、北朝鮮のミサイル発射騒ぎに続いて
大型台風(別に大型じゃありませんが)の被害?が報道される中
での解散総選挙です。
 
庶民にとって目まぐるしく、あまりじっくり考える間もない延長線上
での選挙ですから、与党にとってはマイナスにはならないと
考えてるでしょう。
 
こういう、混乱を起こしながら大衆を予定の方向に誘導するのは、
電通の最も得意とする分野でもあります。
 
最近の傾向として、
 
政権の不祥事が発覚した後は、すかさず野党のスキャンダルがどこからともなく流れ、
 
直後に北朝鮮がミサイルを発射し、
 
そして前後に何らかの大きな事故や災害が起きて、
 
当初の不祥事の追求姿勢はどこへやら、の繰り返しがパターン化されています。
 
これは大きい小さい、政治と商品販売の違いはあっても広告戦略
としては理にかなったやり方なのです。
 
先日、@niftyニュースが全国の20〜60代の男女1348名に調査を
行なったところ、
 
「テレビ局の報道を信用している」と答えた人はわずか39%。
4割を下回るという結果が出たそうです。
 
テレビ局の報道を信用している? 若者の不信感は想像以上に…
 
この数字を大きいと見るか小さいと見るかは、その人の判断次第
ですが、それだけ大衆のテレビへの付き合い方が変わってきたと
いうことでしょう。
 
しかし同時に、
 
「ニュースが信用できるテレビ局」トップはNHKという結果も出て
いるので、テレビの呪縛からは抜け出てないのは明らかです。
 
これは最近のNHKが、災害情報と北朝鮮報道に力を入れている結果
でもあります。
 
災害も北朝鮮も、個人にとっては外敵であり恐怖という点では同じ
で、その恐怖から逃れるには情報しかないのです。
 
しかし情報を与えるのは政府でありNHKなどテレビ局ですから、
いつの間にか術中にはまってしまうのは当たり前です。
 
例えば15日、テレ朝のモーニングショーが安倍総理の会見VTR
を流す中、出演者がマイクがオンになっていることに気づかず、
 
安倍総理にケチをつけまくる放送が流れたという情報があります。
 
出演者の玉川徹&吉永みち子が、音声が入ってることに気づかず
安倍総理の悪口を言っていたというものです。
 
問題の動画が下です。
 
 
これをネトウヨかネトサポか知りませんが、ツイッターで拡散
させています。
 
 
ここでは「よく笑えますね(ミサイル発射した重大な時に)」と、笑ってる出演者たちを制した長島一茂を、「よく言った」と持ち上げていますが、
 
同じ番組で別の日に北朝鮮ミサイル発射を取り上げた時には、
 
「北朝鮮のミサイルごときでね」「ギャーギャー言うなと」の
発言もしています。
 
長嶋一茂 北朝鮮のミサイル発射をめぐって「ギャーギャー言うな」
 
つまりテレビ番組と出演者というのは時と場合に応じて、また
スポンサーの都合で異なる発言をするものなのです。
 
だから政府批判をしてるかと思うと擁護したりするんですね。
 
ただし最終的には政府寄りになってしまいます。
 
なぜなら強力なスポンサーには大企業が多いからです。
 
その意味からしてもネトウヨが言う、
 
「マスコミは左翼だ」
 
は、間違いであることがわかります。
 
電通やテレビ局に莫大な広告料を払えるのは大企業だけで、また
スポンサーなくしてテレビも広告代理店も存在し得ないのです。
 
ネトウヨが絶賛するトヨタが左翼ですか?
 
ちょっと考えればわかることですね。
 
そもそも先の音声が入り込んだ件も、偶然かどうか怪しい面もあり、
こうした裏側の発言は、安倍広報機関の読売もフジも、表向きは
安倍総理を持ち上げてはいても、裏では馬鹿にしてるはずです。
 
テレビ界とはそういうものなんですね。
 
ではテレビを100%信用せず、ネットを信用すれば良いのか?
 
と言えば、ネットには工作員がウジャウジャいるので、これも
100%信じるわけにはいかないんですね。
 
工作員というのは何もネトサポに限ったことではなく、政治家も
テレビ局員も、一般企業社員も、僕の元同僚のように電通社員で
すら、自分の所属する組織の立場で書き込みをするので、テレビ
以上に危ないかもしれません。
 
先日、トカナというサイトが自民党に直撃取材して、1行あたり
20円の書き込み料でネトウヨを雇っていた、という記事を載せて
いました。
 
【ショック】ネトウヨたちは自民党に雇われたアルバイト? 謎の組織「T2」について自民党本部に電凸してみた結果…!
http://tocana.jp/i/2017/09/post_13806_entry_2.html
 
この情報も「怪しい」と言えばそれまでですが、ただネット工作をする
存在があるのは間違いの無い事実です。
 
前に掲示板の顧客名簿が流出した際に、自民政治家の名前と共に、
経済産業省、財務省などの役人の名前、また大手新聞社の記者の
名前まで載っていたのです。
 
ただし、これは数年前の情報ですから、今は山ほどある下請け業者を
雇っています。
 
プロの業者の書き込みと一般人の書き込みを判別するのは至難の
技ですが、しかし一つだけ言えることがあります。
 
それは一般の人は、批判はしても褒めることは、まずないという
ことです。
 
例えば、役所の窓口で待たされたとすると、批判はしますが、もし
待たされずに処理してもらったからといって、わざわざ素晴らしい
などと投書はしないでしょう。
 
「あれをして欲しい」「これをして欲しい」と要求するのが人の常です。
 
コンビニで愛想の良い店員に出くわしても、「ありがとう」と礼を言うことはあっても、わざわざ「あなたはスゴイ!」などとは言わないでしょう。
 
これを政治に当てはめると、普通なら政権与党に対してもっと要求
があっても良いのに、ネットじゃ要求どころか絶賛の嵐なのです。
 
「安倍さんスゴイ!」
「消費税なんか上がってもいいよ」
「一国の総理大臣なんだから豪華なホテルや食事をして当然」
「安倍さんを批判する奴はパヨクだ」
 
など、褒め言葉ばかりです。
 
普通の企業なら社長に対して
 
「給料を上げてくれ!」とか「福利厚生をちゃんとして」
 
と要求するのが当たり前で、それを
 
「私たちの給料はいいから、社長もっと遊んでくださいよ」
 
などとは言わないでしょう。
 
それを安倍自民に関しては、逆の有り得ない持ち上げ方をして
います。
 
これこそ金を貰ってる業者の書き込みということになりますね。
 
末端のネトウヨ、及びネトウヨ予備軍よ、どうか騙されないでほしい。

 

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事