ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

「解散選挙の事情の変化」ー
【北朝鮮緊迫しているのに何故今解散なのか? 自民党の幹事長が「森友・加計は小さな問題」と言っていたが、追い詰められアベ氏】
 アベ総理夫人が名誉校長の小学校に国有地をタダ同然で払い下げても、ワインとゴルフのお友達のために獣医学部に関する国の方針を変更させている。
 しかも、森友では逮捕者も出ている。

【民進党議員・今井雅人さんのツイッターに下記のような注目すべき記事がある。】
イメージ

【解散・総選挙をやったところで「森・加計問題の国民の疑惑」は晴れないし、増々怪しいと感じるはずだ】
 朝鮮問題が緊迫しているのに、アベシンゾウは何故、「解散・総選挙」をは決断したのか、そして、何を大義にした解散なのか? 
 昨日の国連でのトランプ大統領の演説が「
北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告したが、そんな中で政治空白をつくる、解散していいのか?
今のタイミングでの解散は誰の目にもおかしな話しになってきた。
 アベ氏は国連から帰ってから「決断」するといっていたが、すでにどの党も選挙戦の構えになっている。
 
イメージ







 
トランプ大統領、金正恩を「ロケットマン」とこき下ろす 国連総会で猛烈に非難
https://www.j-cast.com/tv/2017/09/20308925.html
イメージ

 昨日も国連で、朝鮮半島情勢についてトランプ大統領が国連総会で初めて演説し「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強く警告。北朝鮮を「ならず者」「犯罪集団」と激しく非難した。
 トランプ氏の深刻かつ、強い決意は「軍事的措置へと踏み込んだ」点である。
 しかも、
国連総会に向かう途中でも「77兆円をかけて今までにない軍事力を準備している」と語っていたのだ。
国連制裁の効果がなければ、軍事的攻撃をやるしかないと強調したことは、これを大義にして、いつでも「トランプ大統領は攻撃出来る」と各国に制裁では効果なしでは、「軍事的攻撃をやる」と訴えたのだ。そして、これに追従してるのが日本のアベ総理はである。
 日米同盟のある日本が、いつ攻められてもおかしくない。緊迫は一気にあがったのだ。
 共同通信の磐村和哉・元平壌支局長は「深刻なのは軍事的措置への側面が読みとれること。 国連制裁の効果がなければやるしかないと強調した点です」と述べている。つまり、いつトランプ大統領は攻撃しかけるかわからない緊迫した状況になったといえるのではないか。
イメージ

だから、
北の「ロケットマン」=金正恩は、「窮鼠猫を噛む状態」になり兼ねない】
 同盟国の日本にいつロケットが飛んできてもおかしくない状況になった。非常に緊迫した情勢である。
 従って、
丁度10月の選挙期間にも何があるかわからない。
 これまでは、アベ氏は「制裁強化」で、「戦闘行為は無い」と読んだのかも知れないが、昨日のトランプ大統領の強い警告で、その情勢は一気に変化したといえる。

 もし、そんなことがあれば、「政治空白」を作ったアベシンゾウへの批判や責任追及は国民から一気にあがるだろう。
しかし、
これまでの、アベ氏の最大の解散の理由は「森・加計問題」延ばしであることは明白だった。 
 上の今井雅人氏が述べてるように、
今、森友学園の8億円値引きに関して、検察が調査していますが、これまでの財務省の答弁を覆す事実が出てきてしまっている。
 更には、10月下旬に出る会計検査院の森友学園の調査でも、政府にとってかなりマズイ結果になっている。それが出る前に選挙を済ませておきたいというのが理由
」だったのだ。
だから、国会を開きたくなかったのだ。
 従って冒頭解散。という国民が納得できる説明など全くしていない。 

よっぽど、国会で
「森・加計問題」を野党から責められるのがいやなのだ。何故なら、新たな証拠でアベ氏は終わりになるからだ。
そもそも、この問題の、
犯人は初めから、アベシンゾウである。
彼や彼の婦人から、疑惑は広がっているし。
彼の友のために行政を歪めたのだから。逃げても、逃げても新しい証拠が出てくる。
イメージ

イメージ

 昨日のトランプ氏の強行演説で、情勢は一気に緊迫状況になった。つまり、「政治空白も作れない(解散総選挙)」もマズイし、「国会を開きたくない」という状況になったのだ。
追い詰められているのは、アベシンゾウなのである。
イメージ

イメージ

【昨日までは「森・加計問題」隠しの自己保身の為の解散だった。なんの「大義」もない
 むしろ、選挙運動してる時を狙って、北朝鮮というより、米が先行攻撃するかもしれないのだ。トランプ氏は軍事攻撃に踏み切るかもしれないのだ。
さあ。どうするアベ総理。

イメージ

イメージ

イメージ

それでも、恐らくアベ氏は「解散総選挙」の道を選択するのだろう。
「森・加計問題」を先延ばししただけのことに過ぎない。
 
天木直人さんのブログより引用:
【安倍首相がどんなに野党や国民を舐めても、今度の解散・総選挙は飛んで火に入る夏の虫だ】
 
イメージ
今度の解散・総選挙の理由は、北朝鮮危機だとか、野党の準備不足とか、いろいろあげられているが、一番の理由は「森友・加計疑惑隠し」である事は明らかだ。
 解散・総選挙をやったところで、安倍首相は森友・加計疑惑から逃れる事は出来ないのだ、先延ばししただけの話だ、なにしろ不都合な事実が次々と発覚している。
 つまり、これまでの財務省の答弁を覆す事実が出てきてしまっているのだ。更には、10月下旬に出る会計検査院の森友学園の調査でも、政府にとってかなりマズイ結果になっている。
 ズバリいうが、この犯人はアベシンゾウである。彼や彼の婦人から、疑惑は広がっているからだ。友のために行政を歪めたのだから。
【いくら、解散・総選挙をやったところで国民の疑惑は晴れない 時間が経てばまた、新しい事実証拠が出てきそうだ】
 総選挙の結果がどうであれ、野党は選挙後の冒頭国会で、真っ先に疑惑追及を再開すればいいだけだ。
 安倍昭恵夫人や加計孝太郎理事長の国会招致を求め、白黒つければいい。
「あることを、「ない」と言わせなければいいのだ。」
 そうなれば、たちどころに安倍政権の支持率は下がり、再び解散・総選挙に追い込まれるだろう。
 その時こそ、アベ首相は終わりにトドメがさせる事になるのではないだろうか。

安倍首相が10月末の解散・総選挙で政権の延命と9条改憲を目論んでいるとしたら、あまりにも愚かだ】
どんなに野党がダメでも。「国民の怒り」が安倍首相を倒す事になるだろう。
 国民の手で倒される前に、安倍夫妻は政治の場から消えたほうが皆が穏やかに過ごせる。

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 佐々木公哉のブログ

この記事に

  • 顔アイコン

    > 櫻(N)さん、安倍は本当に政治とはなんたるかをあからさまをわきまえていないことをあからにさらけ出してしまっている。このような一国の総理を支持する国民がいるとしたら世界は日本人を不思議に思うであろう。
    まさにコメントのとおりだと思います。

    roo*6ak*o

    2017/9/22(金) 午後 4:40

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事