ここから本文です
「仕方がない」!「やむをえない」!だけでは、政治は動かない、一人でも発言していくことだ!真実 を本音の言葉でずばりと言うブログ!

書庫全体表示

イメージ 1

                  「植草一秀の『知られざる真実』」

                                 2017/10/01


 牙むき出し小池国政新党失速リベラル新党創設

            第1858号

   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017100109101941524
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-42103.epub
────────────────────────────────────
9月29日午後5時より衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて、立ち見の
参加者も出る状況で「オールジャパン平和と共生」主催

政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!
「9.29衆院総選挙院内緊急総決起集会」

が開催された。

第1部 森友・加計疑惑徹底追及−政治私物化を許さない!

第2部 「安倍やめろ!野党共闘」で政権奪還!

の構成で、極めて有意義な問題意識の共有、衆院総選挙に向けての主権者の側
の基本戦略、基本戦術を確認することができた。

参集下さった主権者のみなさま、集会開催にご尽力くださった多くの関係者の
みなさまに心から感謝の意を表したい。

集会の模様は、オールジャパン平和と共生顧問でもある岩上安身氏が代表を務
めておられるIWJ、ユープラン三輪様、Thinkbox大野様、ご講演者でもある
黒川敦彦様のグループの4者によって動画配信、録画配信を賜った。

記して厚く感謝申し上げたい。

ユープランさまはすでに全体録画を配信くださっているので、ご高覧賜りた
い。

https://www.youtube.com/watch?v=V0zucR0VVPM

他の動画配信についても改めてご紹介させていただく予定である。

集会では、オールジャパン平和と共生の最高顧問である元日本医師会会長の原
中勝征氏による開会挨拶で封切られ、続いて同じく最高顧問で元内閣総理大臣
の鳩山友紀夫氏からのメッセージが代読された。

第1部では4名の講師による極めて示唆に富むご高話が開示された。



10月10日公示、10月22日投票の今回の衆院総選挙。

第一のテーマは、

「政治私物化、もりかけ隠しの安倍政治に終止符を打つこと」

である。

しかし、同時に、私たちは「戦争と弱肉強食」の政治に終止符を打ち、「平和
と共生」の政治を確立しなければならない。

これが今回衆院総選挙の第二のテーマである。

小池国政新党が創設され、安倍政治を終焉させる可能性が浮上している。

これはこれで極めて重要なことであるが、小池国政新党が拙速にその本性を表
わし始めたことに対する最大の注視が必要である。

オールジャパン平和と共生は、

反戦・反核・反貧困

の三つの最重要テーマを掲げて、この政策論点を基軸に、主権者が支援する候
補者を各選挙区にただ一人選定してゆくことを提唱しているが、その第一の
テーマである「反戦」について、小池国政新党が重大な行動を示し始めた。

それは、憲法改定・戦争法肯定を民進党出身者への公認付与の条件に掲げ、一
部候補者の公認拒絶に動いていることである。

これまでの野党共闘の枠組みは「戦争法制廃止」を基軸にするものであった。

民進党はこの点を確認の上、野党4党共闘を成立させてきた。

その根幹にかかわる「戦争法制肯定」を公認付与の条件に掲げることが鮮明に
なりつつある。

こうなると、これまでの経緯を踏まえると、民進党候補者は基本的にすべて、
希望の党からの衆院選出馬を固辞しなければならないことになる。

この問題が新たに浮上している。



総決起集会でオールジャパン平和と共生顧問の梓澤和幸弁護士は、

「究極の対米従属政策が憲法改定=9条改定であり、その是非こそが今次衆院
総選挙の最大の争点である」

と指摘された。

私はかねてより、日本を支配する支配者は、自公と第二自公による二大政党体
制への移行を狙っており、それが自公と小池国政新党による二大政党体制であ
ることを指摘してきた。

これを私は「二党独裁体制」と指摘してきた。

小池国政新党が拙速にその本性をむき出しにする行動を示し始めたことで、こ
の点がにわかに鮮明になりつつある。

原発ゼロ、消費税増税凍結という、極めて重要な政策を提示し、民進党が示し
ていない重要施策が提示されたことに注目はしなければならないが、他方にお
いて、最も重要なもうひとつのテーマである、

「日本を戦争をする国にするのか、しないのか」

について、小池国政新党がその本性をむき出しにし始めたのである。



結論を示せば、この衆院選で自公と第二自公である小池国政新党が衆院3分の
2議席を確保すれば、必ず憲法改悪に進むことになる。

日本を「戦争をしない国」にとどめるには、これを阻止しなければならない。

つまり、「日本を戦争にしない国」にとどめる、本当の意味の「第三極」勢力
を結集して、3分の1以上の議席を確保しなければならない。

そのために必要なことは、民進党の一部議員と他の「戦争をしない国」推進勢
力がリベラル新党を創設することである。

このリベラル新党と共産党が完全なる選挙共闘を構築して、主権者に「戦争を
しない日本存続」の選択肢を提供する必要がある。

焦点は民進党の100億円の政党交付金である。

民進党のこの政党交付金は主権者から配給された資金である。

これを議員数で除して、各議員に配分するべきだ。

「戦争をしない国」の政策公約を堅持して小池国政新党に移籍しない者にこの
政党交付金を配分する必要がある。

反戦・反核・反貧困の旗を掲げる、本当の意味の第三極政党を創設して、日本
の主権者に適正な選択肢を提供する体制を構築することが喫緊の課題になって
いる。



民進党、自由党はこれまで戦争法制廃止を軸に共産党を含む野党4党での共闘
体制を築いてきた。

その民進党と自由党議員が「安倍やめろ!野党共闘」として小池国政新党に合
流し、新たに原発ゼロ、消費税増税凍結の方針を掲げるなら、それは意味のあ
ることと判断した。

しかし、小池国政新党が、戦争法制を肯定し、日本を「戦争をする国」にする
ための憲法改悪を肯定するかどうかを公認付与の条件に掲げるなら、根本が覆
る。

小池国政新党は下記の民進党議員を拒絶しているとの情報がある。

菅直人、手塚仁雄、櫛渕万里、長妻昭、海江田万里、初鹿明博、野田佳彦、安
住淳、岡田克也、辻元清美、赤松広隆、近藤昭一、枝野幸男、阿部知子、篠原


これでは、民進党両院議員総会後に前原誠司代表が示した全員合流とはまった
く異なることになる。



最大の問題は、民進党、自由党がこれまで

戦争法制廃止を求める野党共闘に参画してきたことと

戦争法制肯定

日本を名実ともに戦争をする国に改変する憲法改定

への同意を新党による公認付与の条件とすることとの間の

根本的な矛盾にある。

民進党の多数議員は

戦争法制廃止を公約とし、

日本を名実ともに戦争をする国に改変する憲法改定

を拒絶してきたのではないのか。



議員であり続けるためには選挙で当選することが必要不可欠であるから、本音
の部分を隠蔽して、まずは小池国政新党に潜り込んで、当選したあかつきに小
池国政新党の内部から変革に進むという「トロイの木馬戦術」があってもよい
と考えるが、新党創設の入り口の部分で、こうした露骨な「踏み絵」方式が用
いられるのであれば、それに対応した戦術構築が必要になる。

オールジャパン平和と共生では、

総選挙立候補予定者に

戦争法制

原発

消費税

についての公開質問状を送付する予定である。

野党共闘が崩壊する場合、ひとつの選挙区に

自公候補

小池国政新党候補

反自公・小池国政新党候補

の三名が立候補するケースが浮上する。

このとき。

反自公・小池国政新党候補が

戦争法制廃止・原発稼動即時ゼロ・消費税増税凍結ないし減税

の公約を提示するなら、この候補者が最適候補ということになる。



小池国政新党が、

戦争法制肯定・日本を名実ともに戦争をする国に改変する憲法改悪

を候補者の要件に据えて、立候補者がその公約を明示するなら、この候補者は
オールジャパン平和と共生の支援候補者にはなり得ない。

なぜなら、選挙後に、自公と小池国政新党が憲法改悪に進む可能性が高まるか
らである。



民進党は代表戦の過程で、党内に二つの政党が同居していることを確認したは
ずだ。

戦争法制を容認し、原発稼動を容認し、消費税増税を推進する勢力と

戦争法制を拒絶し、原発稼動を拒絶し、消費税増税を凍結する勢力が

並存している状況が明らかになった。

この段階で円満な分党に進むべきであった。

ところが、その手続きを踏まず、前原新代表が、全員合流を確認しないまま、
合流話が噴出して、現在の状況を招いている。



ただし、小池国政新党がその本性を露わにする「踏み絵方式」を前面に押し立
て始めたため、事態が急変している。

この事態急変に対応して、

本当の意味の「第三極政党」を創設する重要性が一気に高まっている。

自公と第二自公が創設されても、基本政策は本質において変わらない。

日本の主権者の大多数が、その基本政策に賛同するなら、この二つの勢力が二
大政党体制を構築しても、何の問題もない。

それが民意を正確に表す政治体制になるからだ。

しかし、日本の主権者の多数が、その基本政策には賛同しないということにな
ると話はまったく変わってくる。



戦争法制に反対し、日本を名実ともに戦争をする国に改変する憲法改悪を許さ
ない。

原発稼動を許さない

消費税増税を許さず、消費税廃止を目指す

ことを明確に政策公約に掲げる新しい政党が誕生すれば、大きな力を結集する
可能性が生まれる。

本来は現在の共産党も合流して、リベラル勢力の結集を図るのが望ましいが、
それが無理なら、共産党とこのリベラル新党が万全の選挙共闘体制を構築すれ
ばよい。

自公と小池国政新党と、このリベラル勢力がそれぞれ一人ずつ、一つの選挙区
に候補者を立てるなら、多くの選挙区で、自公と第二自公が票を食い合い、リ
ベラル勢力候補が勝利する可能性が生まれてくるはずである。

これが進行すると、自公と第二自公が合流するか、統一候補を選定するという
動きに変わる。

そうなると、日本の二大政党体制は

対米従属二党による二大政党体制

ではなく

保革二党による二大政党体制

に移行することになる。

これが望ましい日本の二大政党体制である。

小池国政新党がその本性をむき出しにし始めたことにより、今次衆院総選挙に
向けての基本戦術を抜本的に修正する必要が生まれている。

民進党の衆院選立候補予定者は行動を抜本的に見直す必要がある。




https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログに
クリックお願いします。(*_*)??Σ(・□・;)










この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事